シマリスとくまよう

February 05 [Fri], 2016, 18:57
妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では「葉酸」が知られるようになってきました。
ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、定期的な摂取の結果、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。
厚生労働省によると、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。
葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。
赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。
葉酸と言えば、妊娠に必要不可欠と言われる栄養素ですが、妊娠において必要となる栄養素は、葉酸だけでは無いですよね。
さらに、葉酸単体での体内利用率は低く、それ自体では効果が働きにくくなってしまうため、サプリの利用を考える時には、ミネラル、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が配合されているものを選ぶのが良いでしょう。
目安としては、25種類ほどの栄養素を含有しているものを選べば適切に栄養素を補給することが出来るでしょう。
こうしたサプリは胎児の健やかな成長に働きかけるだけでなく、妊娠しやすい体を作る基本の栄養素でもありますから、いま、赤ちゃんが欲しいと妊活をされている場合も摂取をオススメします。
妊活中には、お茶などの飲料にも、妊活に良いものと悪いものがありますから、注意が必要です。
妊活に効果が高いお茶としては、ルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。
これらはノンカフェインなので、妊娠する可能性の高い女性にとっても、胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。
特にルイボスティーは鉄分を豊富に含んでいるため、貧血の予防になるという話もありますから、無事に妊娠した後も、ぜひ飲み続けてみましょう。
妊婦にとって重要な栄養素である葉酸、卵巣に影響を与える鉄分は、どちらも不足しがちなものです。
一般的な生活で摂取できる分ではなかなか理想的な摂取量を満たすことは難しいようですので、サプリ等を利用して、不足しがちな栄養素を十分に補給するようにしましょう。
サプリの中には、鉄分と葉酸のどちらも含有した女性に嬉しいものも開発されています。
このようなサプリを飲めば負担無く、必要な栄養素を摂取できるのではないでしょうか。
葉酸摂取は、妊婦にとって多くの効果が期待できます。
中でも特に適切な葉酸摂取が、胎児の先天的脳障害のリスクを下げる事に繋がるという点は最も注目したい効果です。
ですから、妊娠を計画をしている方は、葉酸を十分に摂ることが良いと思います。
とはいえ、毎日大量の野菜を食べることは難しいですよね。
サプリを利用すれば、毎日の葉酸摂取がそこまで負担にはなりませんのでおススメですね。
妊娠が分かった後に葉酸の摂取を心がけるようになったという方が多いのではないかと思います。
ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですよね。
葉酸は母子の体にさまざまな効果が認められていますが、赤ちゃんのためだけに摂取をしているという場合は、妊娠中だけの摂取でも、もちろん問題はありません。
でも、葉酸には身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、出産後も、葉酸の摂取によって身体を健康的に保つことをおススメします。
妊活中に忘れてはならないのが、ホルモンバランスを正常に整えることです。
中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。
ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果がありますし、自律神経のバランスが良くなりますから、ホルモンバランスが改善していくという訳です。
パソコンやスマートフォンでも動画が見れますから、わざわざ教室やカルチャーセンターに通う必要が無く、自宅で思い立った時から始めることが出来ます。
少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。
こうした運動は身体のケアと共に、こころの安定を図ってくれますので、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。
葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だという事は、みなさんご存知かと思います。
しかし、いかに大切な栄養素であっても、摂取する量には気を配ってください。
サプリによって葉酸の補給をしている方も多いと思います。
ですがサプリには食品に含まれる葉酸量の数倍もの葉酸が入っているため、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてください。
実際に葉酸を摂りすぎると、どのような影響が出るのでしょうか?葉酸の過剰摂取は母体には吐き気や食欲不振といった副作用があらわれることがあるそうです。
胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。
妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。
出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性もいらっしゃると思います。
ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。
そのため調理の際の加熱によってどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。
葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が足りていないかもしれません。
冷え性は不妊を招くと言われています。
冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、食事から摂る栄養素が体に有効に行き渡らず、排卵障害や子宮の機能が低下して妊娠しづらくなるのです。
最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。
血液の循環を良くして代謝機能を底上げするだけでなく、ストレスを和らげる効果もあります。
冷え性を改善して赤ちゃんのために体の中を温かく作り変えましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/owehrtfaraeteg/index1_0.rdf