北朝鮮の体制崩壊論が再浮上 / 2010年04月05日(月)
 【ソウル】北朝鮮の独裁体制は弱体化しているもようで、専門家の間では体制崩壊の可能性が再び議論されるようになっている。

 金正日労働党総書記は失脚するとの予想を裏切って、貧困と飢餓、さらに海外との衝突の中を16年間にわたり生き延びてきた。しかしここに来て、金正日体制が維持されるかどうか新たな疑問が生まれている。一つは金氏の健康問題だ。また飢餓は深刻化し、圧政も厳しさを増している。

 これを受け、北朝鮮問題の専門家を中心に体制崩壊の可能性が高まっているとの見方が出ている。

 在韓米軍のウォルター・シャープ司令官はこのほど米議会の公聴会で、「北は中央集権経済が破滅状態となっている。産業セクターは荒廃し、農業基盤は十分でなく、軍人も国民も栄養失調に見舞われている。そうしたなかで核開発計画を進めている」と指摘、「指導部の突然の交代があるかどうか予測できない状況だ」と述べた。ソウルの西江大学のキム・ヨンス教授(北朝鮮の政治問題専門)は、「北は崩壊の瀬戸際にある。それは、金正日が病気で、食料不足に陥っていて、通貨改革も失敗したからだけでなく、政府が機能不全となっているからだ」と語る。

 紛争地域に関する報告を発表しているブリュッセルに本部を置く国際危機グループ(ICG)のソウル事務所のアナリスト、ダニエル・ピンクストン氏は、各方面から金体制への圧力が掛かっていると指摘、「指導部が急に分裂する可能性はまったくあり得ないわけではない」と話す。

 金正日氏2008年8月に心臓発作に襲われたもようで、その後北の体制は弱体化が目立っている。政府は昨年12月に、民間市場への規制を強化するとともに、新通貨を発行して旧通貨との交換に制限を設けた。個人の貯蓄をなくしてしまうのが狙いだった。

 しかし、政府が民間市場で供給されていた食料など必需品の提供を肩代わりしなかったため、厳寒の中で食料不足を招いてしまった。人々は反旗を翻し、政府は市場規制を撤廃せざるをえなくなった。キム教授は「北の現体制は通貨改革で国民への支配の回復を図ろうとしたが、支配できないことを露呈しただけで終わった」と述べる。

記者: Evan Ramstad

【4月2日10時49分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000303-wsj-int
 
   
Posted at 15:24/ この記事のURL
【インド株】4/1午前、続伸:アジア主要国市場と同一歩調 / 2010年04月05日(月)
 ボンベイ証券取引所(BSE)のSENSEX指数は1日13時29分現在、3月31日の終値比101.78ポイント高の17,629.55ポイント。率にして0.58%の反発となっている。

 この日の日経平均が約154円反発し、約1年半ぶりの高値に達した上、上海総合指数も2カ月ぶりの高値を記録しており、アジア主要国の株式市場における強い動きを好感して、当地も堅調な動きとなっている。ただ、3連休を控えた利益確定や持ち高軽減の動きも活発化している。

 31日の同指数終値は30日の終値比62.40ポイント安の17,527.77ポイント。率にして0.35%の続落。指数構成30銘柄のうち、値上がりが13銘柄、値下がりが17銘柄だった。

 個別銘柄では、住宅開発金融会社(HDFC)の2.85%上昇、リライアンス・コミュニケーションズの2.62%上昇、国家火力発電公社(NTPC)の1.97%上昇、サン・ファーマシューティカルの1.77%上昇、HDFC銀行の1.37%上昇などが目立った。一方、下落銘柄で目立ったものは、タタ・コンサルタンシー・サービシズの2.49%下落、ITCの2.14%下落、ヒーロー・ホンダの1.23%下落、リライアンス・インダストリーズの1.21%下落、ヒンダルコの1.12%下落など。

 投資主体別に見ると、外国機関投資家(FII)が43億3,520万ルピーの買い越しを継続した一方、国内機関投資家(DII)は35億6,580万ルピーの売り越しに転じた。(ボンベイ証券取引所=BSEの取引記録などから)

04/01/2010 4月2日8時0分配信 インド新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000002-indonews-int
 
   
Posted at 15:24/ この記事のURL
グーグル、債券トレーダーを募集 潤沢な資金を投資運用へ、将来的に金融業へ進出も / 2010年04月05日(月)
 インターネット検索大手の米グーグルが、新しく外国債券トレーダー職を募集していることが先月明らかになった。同社サイトで告知されており、米紙ニューヨーク・タイムズなどが報道するなど同社の動向に注目が集まっている。

 グーグルは創業してから今年で12年と企業としてはまもないが、時価総額はトヨタを上回る規模にまで急成長を遂げ、世界的にも大企業の仲間入りを果たしている。しかも無借金経営で営業利益率は35%以上と、財務的にも超が付くほどの優良会社だ。

 これまでグーグルは投資家から集めた資金や、事業で得た売上は研究開発などに投入してきた。しかしそれでも使い切れず、現金に換金可能な資産は、1兆3000億円にまで膨れ上がっている。今回の募集は、社内に眠っている潤沢な資産を効率的に運用していくためのものと見られている。

 募集要項によれば、外国債、米国債や住宅ローン債券などを組み合わせて運用できるトレーダーを求めており、「5年以上の実務経験」や「企業投資と会計に精通していること」、さらには「ユーモアのセンスがあること」が応募資格となっている。

 米メディアによると、グーグルは、かつて創業者のセルゲイ・ブリン氏がヘッジファンド設立も考えたこともあったが、法的に困難が生じることからエリック・シュミットCEOが止めた過去があったようだ。しかし「金融」と「情報」はもともと関連性が高く、同社には世界中の金融データ、マーケット情報など運用に必要な情報を収集できる能力と施設が揃っているだけに、今後金融・投資サービスに本格的に進出してくる可能性も考えられる。

【4月4日14時40分配信 MONEYzine
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000001-sh_mon-bus_all
 
   
Posted at 14:50/ この記事のURL
Gummy 2年ぶりアルバム発表 歌謡界へカムバック / 2010年04月05日(月)
『あなたが帰ってきたら』や『記憶喪失』などのヒット曲で知られる韓国女性歌手Gummy(本名:パク・ジヨン、28)が、2年ぶりにアルバムを発表する。

Gummyのプロフィールと写真

2008年3月に4thアルバムを発表してから、空白期間を過ごしていたGummyが今月中旬、ミニアルバムをリリースし活動を再開すると、所属事務所YGエンターテイメントが2日、明らかにした。

YGエンターテイメントは「Gummyは今月、ミニアルバムを発表、下半期にはアルバムを発表し活動を行う計画」と発表。ミニアルバムには、Gummyの自作曲も収録される予定だという。また現在、収録される2曲の中からタイトル曲を検討中であるとした。

関係者によるとGummyの新アルバムは、これまで披露してきたソウルサウンドを基本に、さらに洗練されたサウンドを取り入れ、明るい雰囲気に仕上がっているという。

一方、活動を中断していたGummyは、ドラマ『総合病院2』や『クリスマスに雪は降るの? 』など、ドラマO.S.Tへ参加していた。


【4月2日17時45分配信 WoW!Korea
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000022-wow-ent
 
   
Posted at 14:18/ この記事のURL
【F1マレーシアGP】リザルト / 2010年04月05日(月)
F1マレーシアGP決勝、4日、セパン・サーキット(5.543km×56周=310.408km)

[関連写真]

リザルト
1:ベッテル(レッドブル)
2:ウェーバー(レッドブル)
3:ロズベルグ(メルセデスGP)
リタイア:小林可夢偉(ザウバー)

ドライバーズ・ランキング
1:マッサ(フェラーリ) 39
2:アロンソ(フェラーリ) 37
3:ベッテル(レッドブル) 37

コンストラクターズ・ランキング
1:フェラーリ 76
2:マクラーレン 66
3:レッドブル 61

《レスポンス 高木啓》

【4月4日22時57分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000006-rps-moto
 
   
Posted at 13:16/ この記事のURL
ソーシャル ネットワーキングを利用した攻撃が急増 / 2010年04月05日(月)
アプリケーション配信ネットワークを手がける Blue Coat Systems が3月30日、最新レポート『Blue Coat Web Security Report for 2009』を発表した。そのなかで同社は、2009年のサイバー犯罪における代表的な2つの傾向として、巧妙なキャンペーン調査と、Facebook や Twitter といったソーシャル ネットワーキング サービスの利用の劇的な増加を指摘している。

同レポートでは、ソーシャル ネットワーキング サイトを利用した犯罪的な攻撃が、2008年から2009年にかけて500%増加したとしている。したがって、ソーシャル ネットワーキング サイトは、サイバー犯罪者による活動が最も集中している場所となっている。

Blue Coat Systems の上級マルウェア研究員でエンジニアの Chris Larsen 氏は取材に対し、「『ILoveYou』ウイルスが登場して以来、一般的なユーザーは Eメールに危険性があると認識している。Eメールには注意しなければならないと分かっているのだ」と述べた。

だが、ユーザーは Eメールに用心することを覚えたとはいうものの、多くの人々は依然として、フォーラム、Facebook のページ、そして Twitter の投稿におけるリンクや添付ファイルが、Eメールのリンクや添付ファイルと同じ危険性をはらんでいるとは考えない。

「ユーザーは、フォーラムや Facebook のページが、信頼できる友好的な場所だと考えることに慣れてしまっている」と Larsen 氏は述べた。

サイバー犯罪者がソーシャル ネットワーキング サイトを標的にする理由は、こうしたサイトのコンテンツに対するユーザーの不用心な姿勢だけではない。犯罪者は、ソーシャル ネットワーキング サービスを通じてはるかに多くの犠牲者を標的にできるからでもある。Nielsen Company の調査によれば、2009年8月に米国、ヨーロッパの数か国、オーストラリア、ブラジルで2億7690万人が Eメールを利用したのに対し、同月におけるソーシャル ネットワーキングとその他のコミュニティサイトの利用者数は、3億150万人だったという。つまり、調査対象となったこれらの国々では、Eメールの利用者よりも、ソーシャル ネットワーキングとコミュニティサイトのユーザーのほうが10%多いということになる。

【4月5日9時1分配信 japan.internet.com
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000001-inet-sci
 
   
Posted at 12:45/ この記事のURL
マイクロソフト、パートナー8社と中小企業向けのWindows 7移行支援策を展開 / 2010年04月05日(月)
 マイクロソフトは4月1日より、中小企業を対象にWindows 7の導入促進を目的とした施策「Windows 7へお手軽引っ越しキャンペーン」を開始した。ソフトウェア/ハードウェアベンダー8社がWindows 7の移行ソフトや搭載PCを割安で販売、同社がキャンペーン告知や営業活動のサポートなどを行う。

 マイクロソフトによると、中堅・中小企業におけるWindows 7の導入は順調に進んでいるものの、移行時のデータ移行やハードの買い替えに課題を抱えているという。そこで同社は、データ移行ソフトを扱うソフトベンダーと協力して、ソフトウェアの割り引き販売キャンペーンを展開。またハードベンダーとも組んで、Windows 7搭載PCの特別価格での提供など買い替えキャンペーンを支援する各種施策を打ち、中小企業におけるスムーズな環境移行を図る。

 キャンペーンを実施するソフトベンダーは、AOSテクノロジーズ、ジャングル、ソースネクストの3社。ハードベンダーは、NEC、エプソンダイレクト、日本ヒューレット・パッカード、富士通、レノボ・ジャパンの5社。 4月3日19時1分配信 TechTargetジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000016-zdn_tt-sci
 
   
Posted at 11:44/ この記事のURL
毛槍飛び、忍者もジャンプ 福知山お城まつり / 2010年04月05日(月)
 春の丹波を華やかに盛り上げる「福知山お城まつり」は会期2日目となる4日、青空が広がる行楽日和に恵まれ大勢の人が繰り出した。

 主会場の福知山市御霊公園では地元の各種団体が音楽演奏や踊りなど様々なステージ発表をし、歩行者天国となった広小路通りは多くの親子連れらで埋まった。
 
 クライマックスは19団体が趣向を凝らした発表をしながら広小路を行進するフィナーレパレード。陸上自衛隊福知山駐屯地の隊員たちによる勇壮な毛槍(けやり)回しや、アクション映画さながらの忍者対決もあり、にぎわった。

【4月4日16時18分配信 両丹日日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000304-rtn-l26
 
   
Posted at 11:14/ この記事のURL
米国 空港での入国審査強化策を発表 / 2010年04月05日(月)
ワシントン(CNN) 米政府当局が空港での入国審査時の検査を強化する。航空各社や他国政府当局に対して、潜在的なテロリストに関する「脅威に基づくリアルタイムの情報」を提供するという。昨年12月25日に起きたノースウエスト機での爆破テロ未遂事件を受けて、安全管理策の強化が検討されていた。

今回導入される施策では、これまでのイスラム諸国を中心とした14カ国の搭乗者に対する追加的な入国検査を廃止し、米運輸保安庁(TSA)が潜在的なテロリストの名前やパスポート番号の一部、これまでの渡航情報などを航空会社や他国当局に提供し、必要に応じて詳細検査を実施することが予定されている。搭乗禁止者リストの使用や、ランダムに選出した乗客に対する追加的検査といった現行の制度は継続される。

国土安全保障省のジャネット・ナポリターノ長官は、「一次検査以上に詳細な検査を実施する必要があるかどうかを判断するうえでは、新方式が有効だ」と説明している。

米情報機関は、脅威に基づく情報を基に、追加検査を実施する乗客を選び出す。当局関係者によれば、追加検査の対象者を特定するうえで、人種は材料とはなるが、具体的な特徴に加えて信頼性の高い情報が入手できている場合にのみ参考するという。

新しい方式では、航空会社や他国政府機関の協力が不可欠で、規定を遵守しない場合には罰則規定が適応されるという。だが、米当局関係者は、「飛行安全性の確保はむしろ航空会社や他国政府機関にとって有益なこと」と述べ、とくに懸念はないとしている。

ナポリターノ氏によれば、国連機関の国際民間航空機関(ICAO)がすべての国際空港を対象とした安全規約を定め、安全管理分野での連携が強化される可能性があるという。 4月4日19時30分配信 CNN.co.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000011-cnn-int
 
   
Posted at 10:45/ この記事のURL
グーグル、債券トレーダーを募集 潤沢な資金を投資運用へ、将来的に金融業へ進出も / 2010年04月05日(月)
 インターネット検索大手の米グーグルが、新しく外国債券トレーダー職を募集していることが先月明らかになった。同社サイトで告知されており、米紙ニューヨーク・タイムズなどが報道するなど同社の動向に注目が集まっている。

 グーグルは創業してから今年で12年と企業としてはまもないが、時価総額はトヨタを上回る規模にまで急成長を遂げ、世界的にも大企業の仲間入りを果たしている。しかも無借金経営で営業利益率は35%以上と、財務的にも超が付くほどの優良会社だ。

 これまでグーグルは投資家から集めた資金や、事業で得た売上は研究開発などに投入してきた。しかしそれでも使い切れず、現金に換金可能な資産は、1兆3000億円にまで膨れ上がっている。今回の募集は、社内に眠っている潤沢な資産を効率的に運用していくためのものと見られている。

 募集要項によれば、外国債、米国債や住宅ローン債券などを組み合わせて運用できるトレーダーを求めており、「5年以上の実務経験」や「企業投資と会計に精通していること」、さらには「ユーモアのセンスがあること」が応募資格となっている。

 米メディアによると、グーグルは、かつて創業者のセルゲイ・ブリン氏がヘッジファンド設立も考えたこともあったが、法的に困難が生じることからエリック・シュミットCEOが止めた過去があったようだ。しかし「金融」と「情報」はもともと関連性が高く、同社には世界中の金融データ、マーケット情報など運用に必要な情報を収集できる能力と施設が揃っているだけに、今後金融・投資サービスに本格的に進出してくる可能性も考えられる。

【4月4日14時40分配信 MONEYzine
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000001-sh_mon-bus_all
 
   
Posted at 10:16/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!