奪三振クオンティティー

September 11 [Wed], 2013, 14:17
去る4年代のアスレチックス戦の二回、マウンド最上で捕手のピアジンスキーと口論。ここまで勝ち星ではリーグトップのタイガース・シャーザー(19勝2敗)に大きく引き離されている。

番号的にはライバルに比べて見劣りするものの、奪三振概数(246)はメジャー断トツだ。この試合は全米に中継され、テキサスの地元わら半紙に加えて、複数形の米メディアはダルの無礼な行為を「コーチへの敬意を欠いている」「二度と〜しない許されるものでは咥内」などと、こぞって批判的な話説を掲載した。

サイ・ヤング賞では白星、防御率以上に奪三振クオンティティーが重視される思い込みにあるとはいえ、予め候補から脱落しかけているという。この回は制球が定まらず、慌ててベンチから飛び出したマダックス投手コーチの助言に柔軟性がないを傾けず、「何しに来たんだ」とばかりに背を向けてしまった。

米国では、ダルのなりふりが困難視されているからだ。よからぬことを考えるならまずは自分の実力のことを考えたほうがいいと思うけどね。かなりこれから実力主義になってくると思うから楽しみでもありますね。

ワキ脱毛サロン人気(痛みのない快適な脱毛はミュゼ)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:UTamhrhr
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ow843r/index1_0.rdf