投資スタイルを決める 

June 15 [Wed], 2011, 16:54
証券会社に口座を開設し、入金を済ませたら、いつでも株を買うことができるようになります。
しかし、闇雲に買ってみるのではなく、売買計画を立てることが必要です。

それにはまず、自分の性格や考え方にあった投資スタイルを決める必要があります。投資スタイルを決めるとは、すなわち、株を買ってから売るまでの期間(投資期間)と売買のやり方をどのようにするか(投資戦略)を決めることといえます。

投資戦略に違いが生じる要因として、投資期間が異なるということがあげられます。これは、非常に重要なことです。 どの時間軸により株の取引を行なうのかは、個々人ごとに異なるものであり、自分にとって一番最適と思われる期間を選択して株取引を行なうことが重要となってきます投資期間を決める際、どのようなことを考慮すればよいかは、株式投資の実践編の投資手法の構築の項目の投資期間の決定のなかで詳しく述べます。

しかし、投資期間を決定する際に考慮すべきことを1つだけ述べておきますと、それは、投資に使える時間であるといえます。投資期間が短くなればなるほど、売買を頻繁にするようになりますし、小さな値動きを注意深く監視する必要が生じるので、必要とされる時間が長くなるものといえます

ところで、投資期間を決めた後は、投資戦略すなわち、具体的な売買の手法を決めることが必要です。これについても、後ほど、株式投資の実践編の投資手法の構築の項目で詳しく述べることとします。

しかし、、この入門編においても、株の始め方の流れの中で、具体的な売買手法を1つとりあげて、具体的な形で説明しますので、このまま次のページを読み進んでいってください。
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる