しょっぺえ話。 

February 12 [Sun], 2006, 23:44
昨日学科の追い出しコンパがあって、友達数人と帰ったんだけどその内の一人が全然しゃべってなかったの。その子(m)のブログを見たら”完全に信じられるものなんかない”とか”自分は必要ない”とか書いてあって、その子と仲の良い子(n)が自分のせいかもとへこんでた。ブログを読んで、心配とかよりホントはちょっとイラッとしちゃったんだ。どこかアタシも持ってた感覚だからなのかなぁ。

信じるも信じないも自由だし、アタシ個人的には信じた事が裏切られてもしょうがないとか思う。人間は結局一人だって思うし。アタシにも好きな人はいるし、友達もいるし、その人達がいなくなったら悲しいとか一緒にいれば楽しいとか会いたいとか普通に思う。誰もアタシを解ってくれないとか、人を信じられないとかではないんだ。どっちかって言えば、周りの多くはアタシを受け入れてくれてるって思ってるし、そういう人たちを信じてる。信じるって何?ってかんじだけど。気持ちを100%分かり合えるなんて不可能だって思うし、だからその中でどれだけ、”でも独りじゃない”って思えるかとか、許し合えるかとか、認めあえるかがアタシには重要なんだ。悲観的になってる訳じゃないけど、完全に信じられるものなんてないよ。自分すら信じられない事する時だってあるのに。完全とか完璧とかに囚われてたらどんどん追い込まれていきそう。
mの場合は寂しかったのかなって思う。nは人を寂しくさせるところがある。nとはアタシも長い付き合いで、同じような経験があるし。前はnに依存(?)してて、nに必要とされてないんじゃないかって思うと辛かったりしたけど、何か、色んなことがあって自分を守るためならそういう気持ち切り捨てられるようになってきた。人を信じすぎないようになってる。それって必ずしもいい事じゃないかもしれないけど、アタシは人は自分のために生きてると思うし、自分がしっかりしてなきゃ何もできないと思うから、自分は大事にしたい。自分の事冷たい人間だとか、寂しい人間かもとか思うけど、そんな風にできるようになってからスゴイ楽なんだよね。だから、今は自分への疑問にはしばらくは目をつむりたい。ゴーマンになっていってる気もするけど、もっと年とりゃあ、穏やかになれるかなぁ。いまはまだ余裕がない。
心の自由な人間になりたいってずっと思ってる。
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:overriding
読者になる
Yapme!一覧
読者になる