年末年始

January 05 [Sun], 2014, 8:46
2013年の年末年始はいろいろありました。
12/29は加入しているSNSのサークルでオフ会。
プロのエレクトーン奏者の方と一緒に音楽を楽しむ(^^)/
音楽スタジオを借りて友人たち5人でドラム、ベース、ギター、ピアノ、トランペット、、、その他をアンプにつないで大音量で演奏することが出来ました。
いやぁ〜いい経験。
その上に友人が呼んでくれた「ベーシストとボーカル」さんが目の前でミニコンサート。
もう言う事なしでした。
翌日は夜勤。
夕方に入るところが人がいないから午後には出勤して・・・
翌日夜勤が明けると大晦日。
買い物があるから午前9時に帰るところが実際は11時位かなぁ。
そう思いながら朝の勤務をしていると入居者さんが高熱に・・・。
医師に連絡したら入院をすすめてくれて病院を確保。
状況判断で救急車を要請してぼくが同行して病院へ。
ご家族に連絡すると「いま東北に帰省したところで・・・」
「そうですか、では分かりました。入院まで対応します」
そんな感じでER、そして入院書類、準備などをしているとあっという間に午後3時。ハラ減ったなぁ〜なんて思っていてやっと病院に安心して入居者さんが過ごせる環境になったので施設に帰ってきたら・・・そこにはお休みだったはずの管理者が・・・
「桜庭くん、施設に通じてる水道管が破裂してね・・・」
「なんて日だ!」
そう心で思いました(^_^;)
急遽水道業者さんを大晦日にもかかわらず来てくれるところを探して、なんとかなったのは午後5時頃。
もちろんそこで済んだわけではなく、管理者さんがそのまま夜まで待機してくれて応急処置が済むまでいてくれました。
ぼくは5時頃にグループホームを後にして自宅に帰りました。
お風呂にはいることもなくそのまま日暮里の奥さまの実家へ(^^)/
電車の中では記憶が無いのは言うまでもありません。
到着して奥さまのご家族が「オフロに入っておいで」という優しい言葉。
そこでお風呂を借りているとなくなった父がメッセージをよこしました。
「歌夢、家族はいいもんだろ、こうやってお風呂とか食事とかお前の良いように計らってくれて・・・感謝しろ。」
「うん」
「お前を責めるのとは違うがその大事な家族をいままでどのようにしてきたか・・・よく反省してこれからに活かしなさい」
「うん!」
そういう会話でした。
そんなこんなですぐに紅白も始まり、お酒を飲みながらのんびりしていると・・・電話がなりました。
「ほんまさん、入居者さんの○さんがグループホームを出てしまって・・・」
「え!ごめん今からはいけない、近くのスタッフに連絡して」
そうやってその電話から90分後、グループホームから2kmほど離れた橋の袂で○さんは警察に保護されたのでした。
僕は安心して奥様の実家で寝入って朝になって横浜に帰ってきました。

それにしても動きの多い年末年始(^^)/
でも入居者さんは快方に向かってもう退院できそうだし
徘徊した入居者さんは翌日から普通に行動しているし
水道は現在応急だけどしっかり水圧を保っているし

いろいろなものが出きってオールOK!
2014もよろしくお願いします(^^)/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桜庭歌夢
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/overcomehere/index1_0.rdf