梅雨 

2006年07月16日(日) 18時18分
これほど雨の似合う華はないだろう。

雨水を弾く水滴が見る者に癒しを与える。

 

2006年06月30日(金) 2時38分


大きな鉄の塊に乗って空を飛ぶ。

鳥のように羽がない人間に空を見せてくれる術。

線路 

2006年06月22日(木) 11時48分

無人駅から長く、遠く延びる線路。

一体どこまで続くのだろう。

まるで自分の進む道を問われるかのように。

縁側 

2006年06月21日(水) 11時35分

綺麗な空気を吸って、綺麗な空の下で眠る。

都会ではけして味わうことの出来ない極上の時間。

 

2006年06月20日(火) 16時26分

紅い百合が放つ美しくも情熱的な色。

夏の青葉に良く冴える。

晴れ間 

2006年06月16日(金) 17時14分


雨がやんだ。

頬を撫でる風を感じて空を見上げる。

 

2006年06月16日(金) 1時04分


たまには都会の空気も楽しもう。

僕ら人間が作り出したモノなんだから。

白と青。 

2006年06月15日(木) 0時32分



真っ青な空に浮かぶ雲。

まるで河の流れを象るよう。

見ているだけで心が真っ白に鮮麗される。

 

2006年06月09日(金) 1時04分


家路の途中。

誰かに呼ばれた気がしてフと空を見上げた。

 

2006年06月08日(木) 2時42分


淡い桃色から紫へ。

決して絵の具では出すことの出来ない自然な色。
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:over8fto
読者になる
Yapme!一覧
読者になる