ナイショです・・・w

October 10 [Mon], 2016, 23:44
紫外線にはA波とB波があり、B波の100倍以上がA波で、太陽に含まれている言われています。

A波エネルギーというのは弱いですが、奥まで届くという性質と分かっているため、肌老化の原因になってしまいます。

B波ですが、サンバーンと言われているのですが、肌を赤くヒリヒリとなります。

いつも紫外線を浴びているという感覚を持っている方が、敏感肌で悩んでいる方にとって重要な事だといえるでしょう。

敏感肌でも紫外線を意識してあげないとドンドン肌に紫外線が蓄積されていきます。

肌が弱い状態ですので、紫外線が吸収されるので、普段から紫外線対策をすることが重要です。

日焼けをするとどのような肌の問題が起こるのか?くすみやソバカス、コラーゲンの減少、光発ガンなどをおこします。

肌に直接の刺激がない紫外線は、若い時は何もないのですが、いきなり肌トラブルで現れるのです。

毎日スキンケアに加え、紫外線を意識した対策が大事な要素です。

美白ケアをしたいのであれば、日々のスキンケアに加え、紫外線対策を並行しながらケアをしてあげることが重要です。

紫外線というのは被害を受けている感じが全然ありませんので肌荒れが気になる敏感肌の方は夏以外では紫外線対策を全然していない事が殆どです。

紫外線は曇りでも雨でも影響を受けています。

紫外線は熱いものではありませんので太陽が照っている夏の日以外は特に感じていないという人が多く、意識はあまり無いかもしれません。

しかし、普段の生活において、太陽の紫外線は肌に影響を与えているかもしれません。

敏感肌の女性は、紫外線対策が後回しになるので、お肌がくすんだり、ソバカスとかシミができて見た感じの肌年齢が普通よりも老けて見られると思われるのが悩みです。

敏感肌でもシミない化粧品を使ったりして紫外線の影響を受けた肌のスキンケア対策をすることがだいじです。

敏感肌の場合、UVのケア対策をしようと思ってはいるけど化粧品は刺激が強いので日焼け止めケアを濡れないと感じているでしょう。

ですが敏感肌自体の肌質がバリア機能が弱い現状がありますので意識して日傘をさしているだけでは紫外線対策とかいえないのです。

自分は敏感肌であると自覚している人は紫外線について知るべきだと思います。

肌にとって紫外線は負担があるので日々のスキンケアでいつも気にしておくという気持ちでいましょう。

シミやそばかすが気になるのであれば紫外線から肌を守るスキンケアを行って下さい。

太陽が照っている時以外でも雨や曇りでも紫外線を肌は浴びている事を理解しましょう。

紫外線が肌にたまることを日々重ねるとシミ、ソバカスがひどくなるので紫外線対策を考えた化粧品を選ぶことが大事です。

時間が過ぎて行くと肌には負担がかかってくるのです。

敏感肌の場合、通常の肌質よりも肌の防御機能が弱くなっていますので紫外線をたくさん肌に受ける肌の質になっています。

紫外線ですがスキンケアしていないと肌に少しずつ蓄積されるためシミ、ソバカスの原因を引き起こします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠希
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ov5oem7wrorlot/index1_0.rdf