日本の家庭で使いやすいPyrex

September 04 [Tue], 2012, 17:43


アメリカで生まれたパイレックスですが、現在、ヨーロッパではフランスに本社を
もつニューウェルラバーメイドグループによって、パイレックスの製造販売が
行われています。驚くべきことに現在Pyrexはアメリカよりもフランス製の方が
生産量が多くなっているようです。


さらにパイレックスの最も特徴的な耐熱ガラスの原料であるホウケイ酸ガラスが
今ではアメリカ製の物が少なくなっており、ソーダ石灰ガラスという一般的な
ガラス製品と同じ原料で作られているものが多数を占めます。





逆にヨーロッパや日本で耐熱性の高いホウケイ酸ガラスが使用されています。
日本ではガラスメーカーの岩城ハウスウェアが製造販売の権利を持ち、日本の
どんな家庭にも使い勝手のよい、高品質なパイレックスを作り続けています。


電子レンジでレトルトカレーを温めるものからオーブンでの本格的な調理まで
多様な使い方ができるパイレックスは大活躍です。一つは持っておきたい
キッチングッズの代表と言えるでしょう。
デザインも優れているので、一つ手に入れるとどんどんそろえたくなりますよ。