彼の手紙をもらっ

May 27 [Wed], 2015, 18:29

分離の日、鸿雁传书、爱情に満ちていた浪漫と詩的だ。方块字できる環境づくりのために、ひとつひとつの空間と境地にわれわれは、縦横无尽、思いきり込める著、口が考えているし、分かち合い著。お互いの歓楽と忧え悲しみます。信お便りにの日のこと、风の照明であろうが、水笑顔が、毎日は心の中で咲いて一轮は明るかった。ただ、うっかり、胸がほんのわずかに不快感を与えます。

そんなに多いからの手紙でシャローンストーン」を捜し求めて不自由カチカチと誓いだったが、あの三人だけが停滞-私はあなたを爱します!この3つの字の爱情がない、まるで不そんなにむき、1試合を最終的にない結末ラブゲームだ。知らない?それともうとしないのですか?彼によると、彼はこの三字で分かった」とし、「青春少女の心につかえるの分量が重されればよ!

内心不快そうだ。そこで、相次いだから、彼の手紙をもらった時に投げた引き出しの中に終わるのではなく、故意に合流しないことにしました。心の中では、彼はこれまで言爱の静かされていた。そうかもしれない、と意识下のも、ひとつの試練に直面しましょう!

その日は、彼が、ずいぶんやつれた胡子拉碴ものうげに立って私の前にいる时、私はある瞬間の遠くに続いて、静かに笑った。私は见るならば、私の爱情の春繁花似锦だった。

「なぜ返事をしないか」寂しかった顔をしていたのだ。
「なんで帰国しなければならない?」わざと激だったということだ。
「だって、私はあなたを爱する!」彼は苦痛を隠せなかった面持ちだった。
「あなたを爱しでいました。知ってる?」私のためあなたはする」と話した。
「私はあなたに言ったよ!は手紙でですからね」彼は気がしました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:思いに思
読者になる
2015年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ourouusog/index1_0.rdf