手を引く手 

2006年05月30日(火) 12時37分
こんにちは。

今日は今さっき経験したお話をいたしますね。


先程、自分の地元を自転車で滑走していますと、

なにやら、私を呼ぶような声がしてまいりました。

辺りを見渡すと、

踏み切りの手前でおばぁ様が私を呼んでいます。

お話を聞いてあげますと、

「大変申し訳ないのですが、踏切を渡る間お手を貸していただけないでしょうか?」

とのこと、

もちろん、快くお受けさせていただきました。

どこへいかれるのですか?などお話をお聞きしながら、踏切を越えて、

目的地のバス停までお手を引いて差し上げました。

何度もお礼をおっしゃっていただきましたが、逆に恐縮でございます。

以前にもよく声を掛けられる体質と申しましたが、今日もそれが出たのでしょう。

こんなこともちょくちょくございまして、つくづく話しかけられる体質を実感いたします。

今日は、この辺で・・・。

うふふ・・・



プレッシャーを背負う。 

2006年05月26日(金) 12時55分


今日はこんなお話を・・・。

守秘義務があるので多くは語れませんが・・・。


たまに、「自分の子供の話を聞いてあげてほしい」という依頼をお受けいたします。

もちろん、『聞く』だけです。

私はボランティアでもなければ、カウンセラー、ましてや夜回り先生ではないので。

本来であれば、

その子の身近にいる親兄弟・学校の先生が相談にのってあげるべきなのでしょうが・・・。

その子供たちに共通しているのは、

形は違え、『過度のプレッシャーを背負っている』ということ・・・。

親から、友達から、社会から。

弱味は見せられない・・・。弱音は吐けない・・・。 そんな葛藤を持っていらっしゃいます。

しかし、本当は話を聞いてほしい気持ちを持ち合わせております。

自分のことを知っている人には話せないけれど、聞いてくれる知らない人には話せるのです。

「また来てくれるのかな・・・。」と言われる子供もいますが、ご依頼は親御さんからなので、

回数が続くことはありません。

親御さんもきっと後ろめたいのでしょう・・・。

少し救われた顔をしたお子さんの表情が今でもワタクシの脳裏に焼きついています。

もし、そんな方いらっしゃいましたら・・・、お話お聞きします。

ご連絡を。 idonomukou@yahoo.co.jp


井戸の向こう 

2006年05月24日(水) 14時55分
今日は私自身を語りましょうか。 うふふ・・・

子供の時から至って普通に育ちましたょ。

頭の良さも、運動も、可もなく不可もなく。

それはそれは、何の取柄もございません。

ただ、変わっているのは『人が話を聞いてほしがることが多い』ということ。

世の中、数いる人の中に話しかけやすい人、話を聞いてもらいやすい人が存在いたします。

例えば、アナタ様が道を聞くときに知らないどなたかに声をお掛けするとしましょう。

アナタ様はどんな方にお声をお掛けしますか?

そう、アナタ様も知らず知らずのうちに『声を掛けやすい方』を探し当てているのです。

話しかけても問題ない。自分にとって安心できる。又、無害である。そんな判断をされているのです。

きっと、私もそうなんでしょう。

いろんな方に話しかけられ、いろんな方の話を、さらには秘密をお聞きしてきました。

うふふ・・・

いつしかそれが生業にもなるようになりました。

人の心に触れ、人の心を軽くする。人は自分を解き放つだけで楽になれる生き物でございます。

少しでも腕を磨くため、心理学なんかも学ばせていただきましたが、

学問だけでは語れない心の葛藤が人々にはございます。

王ロバ屋を、

カウンセリングと勘違いされる方がいらっしゃいますが、決してそのようなものではございません。

話が長くなってきましたので、続きはまた次回に・・・・。

うふふ・・・

いらっしゃいませ。 

2006年05月22日(月) 20時14分
ついにネットでも受付始めます。 

知ってる人は知っている
王ロバ屋!!




●「本当に、この話、私のことを知らない誰かに聞いてほしい!!」

●「誰にも話せないこの話、
      墓まで持っていかなければいけないが、
                       誰かに話してから死にたい・・・。」

●「私の秘密をしってほしい。」

●「お金もある。時間もある。けど、話を聞いてくれる人がいない。」

●「ストレス!ストレス!ストレス!この愚痴、誰か聞いて!!」

●「カラオケ行きたい!でも、一緒に行ってくれる友達いません。」

●「とにかく話相手がほしい。」

●「白黒つけたいことがある、第三者に聞いてほしい。」

●「私たち夫婦(カップル)の営みを見てて(聞いてて)もらいたい。」などなど




誰にでもあるこんなこと、でも誰に頼んでいいものか?

実際にそんな人がいたらどうしますか?


ハイ、

そんな秘密を、お会いしてお聞きします。

貴方のお話相手になります。
 
 

もちろん、第三者には漏らしません。


1時間 5000円 
都内近郊までならお伺いいたします。
気になった方は idonomukou@yahoo.co.jp までメールください。
もしくは横のメールフォームまで。

最初はメールにてのやり取りになります。
その後、実際にお会いして貴方のお話お聞き致します・・・。
日時はご相談の上、決定させていただきます。

詳しい流れはまた後日・・・。  

うふふ・・・・








開店致します。 

2006年05月19日(金) 0時55分
本日、開店。

その詳細は後日また・・・。

お楽しみに。

妖しいブログです。

ふふふ・・・。



P R
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■プロフィール■
未表示
名前: 井戸の向こう
誰にも話せない、でも話したい。
そんな聞いてほしい話一緒に背負います。
最新コメント
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ourobaya
読者になる
Yapme!一覧
読者になる