DEMELの猫舌 

February 14 [Tue], 2006, 23:59
本日2月14日は、バレンタインデー、なのですって。

あら、まあ。
なんて甘酸っぱい、その響き。

だけどチョコレートは、贈るよりも贈られたい、かな!
男の人からチョコレート贈られたりすると、かなりココロ揺らぐよ・・・!
(そんなことはどうでもいい)
でも、ウェブスターの『あしながおじさん』に、

男の人からお菓子をもらうなんて!
私はすて子ではなく、れっきとした娘らしい気持ちになり始めました。

とあることに、もっと世の中の男性諸氏は注意を払ってもいいと思う、の!

いつかオンナノコを怒らせてしまったとき、その対処法の一つや二つも知らぬとあっては姉の教育方針が疑われると、今年大学生になる弟にはDEMELの猫ラベル。

猫舌チョコ、可愛い。

その場で開けて、一枚食べて、その後、姉に一枚どうぞと勧める弟に、姉は巣立つヒナ鳥を見守る親鳥の心境。
いざというときのための切り札は、いまのうちに揃えておきなさいね、ということで、実はル・コルドンブルーも用意してあるのだけれど、もしかして必要ないかしら。

然し君、恋は罪悪ですよ。 

February 13 [Mon], 2006, 0:38
おともだちのむーちゃんトコで再発見。
内閣府の内閣府による「働くことを考える◎現状に満足しない若者」のための適性診断。
→http://www.neutra.go.jp/diagnosis/

も一度やってみたら、昨年末と同じ結果。
・・・・・・・・・・・・。
なんだかにんげんせいにしんぽがみられないようなきがする。


仕事 どんな仕事でも自分がリーダータイプ
性格 やればできるのに目移りタイプ
恋愛 仕事より恋に燃えて、キャリアを逃すタイプ(*)

【特に向いている職種は?】
グラフィックデザイナー、コピーライターなど業界のカタカナ職業系、ミュージシャンなどのアート系、飲食や販売系のショップを始めるなら、必ずマネジメントが得意な人とチームを組むこと。どんな分野でも、会社に就職する場合はかなりのストレスになるので、ストレスの発散方法を工夫してください。

絶対に攻めのタイプ。
逆に攻められると弱いので、逃げる傾向にあります。

内向性(ディフェンス型)
1■□□□□
外向性(オフェンス型)
5■■■■■

【どんな仕事でも自分がリーダータイプ】
自分が主導権を取れる場合は、人に言われなくても自分で仕事を見つけてどんどん進めるリーダータイプ。しかし、実はあなた自身の好みが重要。嫌な仕事を割り振られたり、大嫌いな上司がいるだけで、さっさと転職する傾向があります。自分がほんとうは仕事ができる人間であることを、あなたは十分に知っているはず。それが実現しないのは運が悪いと思っていませんか。もし、自分のスキルを高めたいなら、飽きっぽい自分の性格を自覚して少しだけ好きな分野の組織でがんばってみてください。呑み込みは早いので、すぐに自分のスキルが高まるはず。既存の組織では嫌なことが多いはずなので、独立も考えておくこと。そうすれば、自然と道は開けてきます。自信をもって進んでください。

口述試問終了 

February 09 [Thu], 2006, 23:59
帰りがけの新宿で、アクセだの靴だのワンピだの、衝動買い一歩手前のまとめ買い。

妙に軽くなった財布に対する、本日の言い訳。

「だって せかいが かがやいていたんだもの!」

ただの開放感の勘違い。

よし、予約取れた。 

February 08 [Wed], 2006, 23:49
3月1日から6泊7日で京都行ってきます。
宿泊先は、京町屋増改築した銀閣寺近くのゲストハウス。
もしかしたら途中1泊だけ、元中の友達と一緒になる、かも。
卒業前に原点回帰の旅してきます。

女の一人旅なんて、とかなんとかママンはぶつくさ言っていたけれど、もはや構うものか。

英国じゃLight Houseも立派に宿になる、ということ。 

February 08 [Wed], 2006, 18:33

英国Rural Retreats社のLight House、泊まりたい、コレ。

英国各地の灯台増改築して、キッチン、リビング付きのゲストハウス(というか、コテージ)にしてしまったらしい。

いいよ、こういうの大好き。

もし泊まるとしたら、崖っぷちギリギリのところに建っているのがいいな。
(堤防の先端に突っ立ってるだけとか、そういう風情もへったくれもないのはナシ)
しかもそこに灯台守がいたりすると、なおいい。
でも、さすがにもう灯台守はいないか、いまの時代。

「どう見てもそうじゃない子」 

February 07 [Tue], 2006, 23:21
「女の子の2人組というのは、かわいい子と、どう見てもそうじゃない子の組み合わせになるのは、今も昔も変わりません」

言ってくれるじゃないのよ、中谷 彰宏。

しかもソレに拍車をかけるがごとき、ハニホー!「恋愛成績表」の、この結果。
「全体として大変良い成績でした。学年に100人いれば、成績は10位前後でしょうか」
とか言った直後に、
「合コンなどで、とりあえず盛り上げ役だけやって終わるタイプです。いまいちモテません」

言ってくれるじゃないの、ハニホーめ!

でも悲しいことに、それが割と当たってたりするんだナ!
女2人で飲みに行って、そこで声かけられたりすると!
後日気がついてみると、相方取られちゃってたこととか、あるの! あるのよ!

こないだのEIGO mail事件(?)でバハマに熱烈アプローチ受けてた相方が、今度は英国ダンディから強引すぎるほど強引な熱烈アプローチ。

まあ、なんて じょうねつてき なのかしら! とかなんとか言って笑っていられなくなったのは、なんだか随分と失敬な扱いを受けていることに、うっかり気がついてしまったからなのだけれども!<卯月が!

ダンディに飲みに誘われた相方が、ダンディに会いたがっていた卯月のために「友達もいい?」と聞いてくれたところまでは、よかった。
問題は、その後。

相方「友達もいい?」
ダンディ「私はキミしか誘っていない。キミの友人を誘うのは事実に反する(直訳)」
(その後、勝手放題のメールを放置した友人に、妥協案として)
ダンディ「わかった、友人を4人誘うことにする(直訳)」

あー・・・・・・もしもし?

アレですか、いわゆる「どう見てもそうじゃない子」扱いされてますか、いま、アタシ。

そういえばダンディ、アナタ、ピンポイントに相方狙ってたね・・・・・・電車1本スルーして改札で話し続けてた卯月たちが別れるの待って、電車乗り込み名刺持参で隣席求む! だったものね・・・・・・。

でもね、卯月と相方、筒抜けなんですよ、ダンディ!
そうまで露骨に拒否られると、若干オンナとしてのプライドが傷つくんですが!

そろそろ脱「どう見てもそうじゃない子」目指して、オンナ磨き頑張らないといけないのかしら・・・・・・!!!

mixi 

February 06 [Mon], 2006, 22:23

お友だちのむーちゃんに誘われて、mixiへ。
写真はこんな感じで。

京都・東福寺方丈の蓮。

これといって特に変わったこともなく。 

February 05 [Sun], 2006, 21:44
まったり過ごした日曜日。
最近ちょっとPS2の某ゲームにハマっていて、時間見つけてピコピコやっているのだけれど、もともとゲームとは縁のない日常を送っている人間、一向に進む気配が見られない。

「あれ、まだクリアしてないの?」

そんな感じ。
いままででまともにやったことのあるゲームなんて、FF7だけですよ、FF7。
それさえ、いまだクリアもしていないという、この体たらく。
結果、何年かに一度、突発的にゲームをやりたくなって弟からPS2借りてやっても、それに飽きるまでに異様に時間がかかる=TV&本体占拠時間が長くなる=弟から嫌がられる、と。
今日もちょっとだけやろうと思ったのだけれど、ものっそい弟から嫌な顔されて諦めた。
いいよ、明日、アンタが学校行った後でやるから・・・・・・。

マンハッタン・ラプソディ 

February 04 [Sat], 2006, 23:25

「MOVIE+」で放送中のところを、途中から参戦、というか鑑賞。

どうでもいいけど、ピアース・ブロスナンは若い頃の方がカッコいいね!
「探偵レミントン・スティール」、あれはもう鼻血モノだ。
優しげでどこか皮肉っぽい口元とか、笑うと唇の右端だけがちょっと上がって、白い歯がのぞくところとか、年取っても全然変わらないけれど、やっぱりブロスナンは若い頃のが好き。
主演、ブロスナンではないのだけれど、とにかく好みの俳優なので、はじめに一言。
(最近気が付いたことだけれど、どうも笑うときに片方の眉だけ上がるとか、唇の片端だけ上がるとかいった、左右非対称、アンバランスな美貌の男に弱いらしい)
(なんたって初恋の銀幕俳優は、かの名作「風と共に去りぬ」のクラーク・ゲーブル as レット・バトラー)
(あの片眉だけ綺麗に上げて笑んでみせる男の不敵な笑みに、がつんとやられて現在に至るんだった)

以下、(順を追って)個人的必見シーン。

その1:教授の「野球なんて一体なにがオモシロいんだい」発言。
なに言ってんの、教授(ジェフ・ブリッジス)!
野球楽しいよ!  見て、松坂くんを! 

その2:「教授、コーヒーを噴く」の巻
噴いた。
盛大に噴いた。
やるとは思っていたけど、かなりウケた。

その3:ママの「It’s wonderful」シーン。
いくつになっても綺麗な人だ、ローレン・バコール。
「美人でいるのって、どんな気分?」と娘(主演パーブラ・ストライサンド)に聞かれて、「It’s wonderful」。
わずかに目を細めて、なにかを考えるように頬を歪めて、最後、ほんの少しだけ唇の片端を持ち上げて、最高よ、と。
嗚呼、本当にいい演技をする人だ。

ネコ語断固お断り。 

February 02 [Thu], 2006, 22:43
「オレって嫌われたり憎まれたりしてる?」(こんな文章打つだけで鳥肌もんだ!)男が、ネコ語メールよこしやがったぜ、と!

直後に「送信先間違えた! オレはネコじゃない!」メール。

この卯月、容姿も性格も能力も極めて平均値のオンナですが(自虐ネタとかではなく!)、それでもこれぐらいのワガママは許されると思う。

ネ コ 語 断 固 お 断 り !
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
Comment
アイコン画像ふぇじょーーーあwwww
» DEMELの猫舌 (2009年06月16日)
アイコン画像蘭陵
» DEMELの猫舌 (2007年07月29日)
アイコン画像BlogPetの蘭陵
» DEMELの猫舌 (2007年07月07日)
アイコン画像BlogPetの蘭陵
» DEMELの猫舌 (2007年06月23日)
アイコン画像BlogPetの蘭陵
» DEMELの猫舌 (2007年06月09日)
アイコン画像BlogPetの蘭陵
» DEMELの猫舌 (2007年05月26日)
アイコン画像BlogPetの蘭陵
» DEMELの猫舌 (2007年05月12日)
アイコン画像BlogPetの蘭陵
» DEMELの猫舌 (2007年04月28日)
アイコン画像BlogPetの蘭陵
» DEMELの猫舌 (2007年04月14日)
アイコン画像BlogPetの蘭陵
» DEMELの猫舌 (2007年03月31日)
Yapme!一覧
読者になる