妊活なんて聞くと女性側が主体となってお

July 04 [Mon], 2016, 22:15
妊活なんて聞くと、女性側が主体となっておこなうもののように感じますよね。でも実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があるのです。
それと言いますのも、葉酸を十分に摂るという妊活なんですね。不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、沿うした原因は母体にあるばかりでなく、意外にも男性に原因がある事もあります。



男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、男性も、葉酸の摂取という妊活を初めてみてください。一般的に、妊娠してから産婦人科等で行われる栄養指導をうける方や、母親学級で指導された方も多いと思います。こうした場で、葉酸を多く含んだ食材についても説明をうけたのではないでしょうか。葉酸がどのような食品に多く含まれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。



ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が加熱するとその大半が失われてしまうという葉酸の特性を承知の上で、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。
葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはり食事で摂る事です。
葉酸はさまざまな食材に含まれていますが、含有量の多いものといえば、代表的なものに、モロヘイヤ、菜の花、小松菜などがあるのですね。
他にも納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。幾つかの食品を紹介しましたが、こうしたものを毎日ちゃんと食べることが大変だという方は、無理をせずサプリ等、栄養補助食品を活用しましょう。
サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われているものですし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに摂取できますから、おススメです。


不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、精神的にも大きな負担があることは明らかです。市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、ある程度の年齢(40歳前後)から支給回数が減らされる場合がほとんどです。治療を初めた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、支給回数を増やすべきで、減らすのは言語道断だと思います。
私だって来年には四十になるので、常に急かされているような気がして、これではいけないと思うのですが、何も手につきません。葉酸を多く含む食べ物ですが、フルーツでは、イチゴが代表的ですね。あまり店頭では見かけませんが、ライチにも多くの葉酸が含まれていると知られていますね。あるいは、アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多く含まれています。葉酸はビタミンの一種ですから、オレンジやレモンにも豊富に含まれています。葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、ジュースで補給するのも問題ありません。



妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、造血に必須の栄養素です。

この効果は不妊改善にも有効で、とくに着床困難を解消するため、妊娠しやすい状態を造り出すため、産前・産後の両方に役立つとして注目されています。
造血作用で血液が増えることで、新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、生殖機能を含む代謝が活発になり、不妊対策に良い結果をもたらすのです。さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを減らす効果があるのです。


理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は一日当たり400μgの葉酸摂取が推奨されています。
また、厚生労働省が推奨するようにサプリメントを活用するのも良いと思います。
二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。
できれば夫婦そろって病院で診てもらいたかったものの、話を切り出しづらくて、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。1回3500円?4000円という値頃感でつづけましたが、それでも妊娠に至らず、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、それが功を奏したのか、服用後2か月には下の子を授かりました。



葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があるのです。

葉酸の摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように妊娠初期には葉酸はサプリを活用するのが良いとされています。サプリでの葉酸摂取は、確実に適切な量の葉酸が摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意してください。葉酸を効率よくはたらかせるためにも、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。なんとなくと言うと通常の食事で摂取できる栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸の効率的な働きを促すことが出来ます。

では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。
胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。ですから避けた方が無難です。

妊活中に、出来るだけ母体に良い食事をしようと考える方にとって、お茶などの飲料にも、妊活に良いものと悪いものがあるのですから、注意が必要です。
妊活中におススメなお茶では、タンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。
これらのお茶はカフェインが入っていません。いつ妊娠してもおかしくない妊活中の女性にも、胎児にとっても嬉しいお茶だという事ですね。
中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があるという事ですので、妊活が終わった後も、飲みつづけたいお茶だと言えます。



一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜の野菜です。赤ちゃんを授かったアト、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。
葉酸は胎児の正常な発達に働きかけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があるという報告があるのです。
とはいえ、毎日大量の野菜を食べることがむずかしいという場合には、納豆やホタテといった貝類も、葉酸を多く含んでいる食材ですので、こうしたものを摂取するのをお勧めしたいです。



あまり頑なに考え過ぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。

妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。

産婦人科や病院の方針によっては、葉酸サプリを配布しているケースもあるのです。



とはいえ、妊娠期間中に葉酸を十分に摂れなかったのではないかと、心配している方もいますよね。


もしも、サプリによる葉酸摂取無かったとしても、サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。



ですから普段食べる機会の多いほうれん草や肉類、果実等にも多く含まれています。

ですから、サプリによる摂取が無くても普通の食事を摂っていたならば、ある程度の葉酸は補給できています。不妊の要因になるものといえば、排卵障害や着床障害といった女性の方での問題と、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性側の原因とが想定されます。更に細かく言えばきりがないですが、一番良くないのは「思い込み」ではないでしょうか。



不妊対策をしたいと思ったら、男女双方が検査をうけると解決への糸口となるでしょう。


不妊体質を改善するために、食生活を見なおしてみるのは有効だと考えられます。
精子や卵子は、おやじさん・ママの栄養をベースにしてつくられるのですから、食生活が良くないのを放置していると、受精しやすい活発な卵子(精子)というのは、期待できませんよね。妊娠しやすさのためには夫妻そろって規則的で栄養バランス(真剣に考えると、献立を考えるのも一苦労ですね)に配慮した食事を心がけ、ストレスをあまりためないようにしましょう。妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。それもそのはずで、妊娠と葉酸は大変密接に関わりあっています。それというのも、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。


この話は当然、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。

妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中から葉酸を摂るように意識しましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Naoki
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oued6is6catpe5/index1_0.rdf