初心者の方でも失敗しない白髪染めの商品選び&髪色キープのコツ

September 17 [Thu], 2015, 15:52
種類が豊富でどれを使っていいかわからない・・・。白髪染めに初挑戦の場合は、「やや明るめ」をチョイスしよう!

早い人だと20代後半からチラホラと見え隠れし始める白髪。疲れているように見えるし、何より老けた印象を与えがち。困ったものだ・・・。
 「仕方がない。白髪を染めよう」と思っても、いかにも染めましたという仕上がりでは満足できない。白髪を目立たなくした上で、わざとらしくない黒色を演出する商品はないものか。
 そこで、白髪染めははじめてという方にピッタリの白髪染め選びをレクチャー!
ブランドメンズ激安服
 店頭に行くと、一つのブランドでも何種類もの白髪染めが置いてあるが、一番オススメなのが、真っ黒ではないダークブラウンくらいの明るさの色。
 なぜなら、髪が黒いと言われる日本人でも、真っ黒な髪の人ばかりではないからだ。白髪染めとはいえ白髪だけでなく黒髪も染まるので、元々の黒髪にヘアカラーの染料がプラスされると、染める前よりも黒くなってしまうことも・・・。
 その点、ダークブラウンくらいのやや明るめのヘアカラーなら、白髪も黒髪もバランスよく染まり、地毛の色になる。

同じ色をキープするには3回に1回はワンランク明るい白髪染めを使うのが◎!

では、せっかく手に入れたイメージどおりの髪色を長くキープするにはどうすればいいのだろう。

 白髪染めを行うサイクルは、髪を切るのと同じと覚えておくのが妥当。
 例えば、昼に髪をカットしに行ったらその日の夜に染めると、前回がいつだったのか忘れてしまうこともなくよいのでは?
 髪を切るサイクルがまちまちな人は、だいたい1.5〜2カ月に1度を目安に。とはいえ髪の伸びが早い人は、髪を切って数週間で、白髪が気になってくるかもしれない・・・。
だが、最短でも1カ月に1度にとどめ、染める場合でも部分染めにするなど、髪へのダメージを考慮することを忘れずに!

 また、白髪染めを使い続けると髪に色素が蓄積され、どんどん暗い色になっていく。
 同じ色をくり返しずっと使い続けるのではなく、3回に1回はワンランク明るい色を使おう。これこそ自然な色をうまくキープするコツなのだ。

 次回は、染めムラのない白髪染めテクニックをお届けします!
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/oubaslh12/index1_0.rdf