喪中のお中元??? 父がなくなり、3ヶ月が経ちました。 今回父の知り合いからお... 

June 26 [Tue], 2012, 20:55


喪中のお中元??????
父がなくなり、3ヶ月が経ちました。

今回父の知り合いからお中元が届きました。
バタバタしていた事と、父の交友関係が良く分からないことで、
亡くなった連絡が行っていないのだと思います。
弔問リストを見てもその方は来ていません。

父は会社を経営、お中元は○○会社 父の名前で来ています。
送り主も、○○会社 個人名 で送って来ています。
仕事でのつながりはありませんので、個人での知り合いだと思います。

父は、美味しいものをちょこちょこあげたりしていましたが、
お中元やお歳暮は贈っていたのか分かりません。

こういう場合どのように対処をしたらいいのでしょうか?


- 回答 -
お中元を贈っていただいた方は、あなたのお父様の訃報を知らずに送られたものと思います。
そのまま放置することは失礼に当たりますので、お返しというわけではありませんが、お父様が亡くなられたことを一筆添えて『お中元』を送られたらいいと思います。

:::::::::補足を読んで:::::::::

先日はお中元をいただきありがとうございました。
実は今年の4月△△日、○○○○は突然の病により急逝いたしました。連絡も差し上げず誠に申し訳ありませんでした。
そのような中、このようなお中元をたまわりましたこと、父に代わりまして厚く御礼申し上げます。
あなた様にいただきました□□をご仏前にお供えさせていただいたところでございます。ほんとうにありがとうございました。
お近くにお出での節はぜひお立ち寄りいただければ幸いに存じます。
時節がらご自愛くださいますようお祈り申し上げます。
お礼方々、ありがとうございました。

このようなお手紙書いたことがなく要領を得ません。どうなんでしょう。参考になりませんよね。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


お中元、お歳暮はなぜ夏、冬と決まったのでしょうか?由来を教えてください。 

June 25 [Mon], 2012, 20:01


お中元、お歳暮はなぜ夏、冬と決まったのでしょうか?由来を教えてください。



- 回答 -
●はてなダイアリーにて「お中元」
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%AA%C3%E6%B8%B5

古代中国には道教の天神信仰があり
上元(1月15日)、中元(7月15日)、下元(10月15日)の三元の日に
天神を奉った(まつった)そうだ。

上元の月には上元生まれの天官(天神さま)を
中元の日には中元生まれの地官(慈悲神さま)を
下元には下元生まれの水官(水と火を防ぐ神さま)の三官をまつり

この三官のうち7月15日の中元の慈悲神様が仏教の「盂蘭盆会」(お盆)の行事と
結びついたと言われている。

これらのうち中元だけが日本に伝わり、盆と混じり合い、
仏に供えるお供物を親戚や隣近所に贈る習慣となったよう。

この「お中元」のことを地方では「盆供」や「盆礼」と呼ぶところもあると聞きますが
先祖へのお供とお世話になった方々への贈り物だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●松坂屋・お歳暮の由来
http://www.matsuzakaya.co.jp/oseibo/yurai.html

お歳暮とは文字通り年の暮れのことを意味します。

昔は、歳暮の礼といって新年に先祖の霊を迎えるために必要な供物を
嫁いだり分家した人が本家や親元に持って行く行事でした。

その後、日ごろお世話になっている人に感謝するなど
歳暮まわりと呼ばれる年中行事が行われるようになり、それが転じて
今日ではお世話になった人に一年の感謝の気持ちを込めて年末に贈る
贈り物を指す言葉となったのです。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)


P R
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アイコン画像フェラガモ アウトレット (2013年07月08日)
ヤプミー!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/otyuugen/index1_0.rdf