く私の世界に自信があって

June 04 [Thu], 2015, 16:04
不あなたに恋する雪が満襟の形になって、あなたに恋する红尘もくもく白雪が出ており、君は决裂するだけだと思っていたが终わる雪が降り、踵に劣らない初识除雪の遅さだった。あなたの前に駆けつけたを選択する方向に、私は私を強行することにした暖かい陽、息を吐くと云うがいないのは、远くのだろうか。

風に右往左往している花落ちない歌未入り込もう情いままさる、ベゴニアに咲いていないこの縁ど尽き、のに琴消雪夜だった。

あなたがいなくうろつく私の世界に、私は紛失を寻ねて自信があって、は私を紛失したあなた、あなたはあなたの心の扉を閉め、お前がゆくの姿は、伤付泣きじゃくる。雪片があいまいになってあなたの后ろ姿は涙をあいまいになって、私の目が见えないのはよくわからない。あなたも、私自身も、「我々の第1メはっきり思い出し、私はあなたの勇気を払えずに呼び戻す拾って、私に分かって、ぼくのせいで、あなたがひどく怪我の心である。

トレビの資格はないあなたの许しを、私は年少の衝動を紛失しても、私たちの思考を紛失して今後の憧れは、仆の最年少顽固に舍てられた私たちも、幼子の縁を切ったいっしょに行きます陸地の最南端の二粒の心である。怒鳴らない私でした、、あなたはもう、わたしには君のせいだ。

部の感を吐露した静かにメ沈殿物、九件の年末の想念が雪を取り出して火をつけ、雪花っぽく烛花困惑した。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桜咲いている
読者になる
2015年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oturmorgming/index1_0.rdf