邦(くに)の横溝

September 02 [Fri], 2016, 10:44
冬は乾燥が不安になって色々とお肌のお手入れをしますが、そのようなケアが逆に皮脂腺の炎症が増加するきっかけになっているように思うことが時々あります。普段は利用しないような基礎化粧品などを利用することが皮膚への刺激になり、毛穴のつまりや炎症が発生して、冬でも吹き出物が出来てしまうケースがあるそうです。あまり、ニキビが気にかかるからといって顔を洗いすぎてしまうと、実際には必要な油脂まで落としてしまい、かえってニキビの原因となってしまいます。多くても顔を洗う回数は一日二度までにしておきましょう。大事なのは洗顔料をしっかり泡立て、お肌には直接手を触れずに、あくまで泡自体で洗顔を行うこと、洗顔後は間を空けず保湿をすることです。

なぜニキビができるのか?その理由のひとつに、乾燥ということがあります。ニキビは余分な油脂が原因でできているんじゃなかったの?とびっくりしている人も少なくないかもしれません。もちろん、余分な油脂によっておこる毛穴の詰まりも原因のひとつなのは本当ですが、そう思って逆に油脂を落としすぎてしまうと、今度は乾燥した肌になり、それが原因でニキビができてしまうのです。
ニキビは食べ物と密接に関連しています。食生活を見直すことはニキビも改善されます。食事は野菜中心の献立にして、ビタミンやミネラルを意識して摂取しましょう。食物繊維が豊富な野菜を食べることは、便秘を解消する側面もあり、ニキビには効果があります。

ニキビが炎症を起こしてしまった場合、洗顔の際などにちょっと指が触れただけでも痛いと感じるようになります。
ですから、ニキビが炎症を起こしている時には、いくら気になっても決して指で触ってはいけません。触ると痛いというだけではなく、指から雑菌が入るために、さらに炎症がひどくなる可能性があります。ニキビが出来た後によくあるのがクレーターのような肌のくぼみや肌が黒っぽくなることです。

クレーターのトラブルはきちんと皮膚科で診てもらわないと解決しませんが、肌の黒ずみの問題は美白化粧品によって少しずつ薄くするという対策もあるのです。


ニキビは女性に限らず男性にとっても難しい問題です。少しでもニキビにならないように気を付けている人は多数を占めていると思います。ニキビケアに効くと言われている方法の一つに水洗顔が知られています。ニキビをみつけると、洗顔をまめにやりすぎてしまったり、洗浄力の高い洗顔料を使って洗顔したくなりますが、実は逆効果なのです。ニキビにいいという飲み物は、今まで聞いたことがありません。ただ、分かっていることは、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、肌を刺激してしまうので、やめておいた方が安全です。ニキビと肌荒れは別のものですが、肌にいけない事をすると、ニキビをひどくする原因にもなるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuma
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ottophirthgafk/index1_0.rdf