妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方

September 16 [Fri], 2016, 11:30
妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバイスなのですが、普段の食生活以外に、充分な量の葉酸を摂取するように厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。
葉酸の適切な摂取は、赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。
もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時は胎児の安全性を考慮した上で、無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を大事です。
妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。
普段の食生活で賄うために、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーを食べるようになったという妊婦さんもいらっしゃると思います。
しかし、実は葉酸は熱に弱いため熱を加えてしまいますと葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が不足している、という場合もあります。
二児の母です。
育児をしていた時、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。
一人目に男の子を産んでいたので、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。
本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分けにチャレンジしたという訳です。
その後、無事に妊娠し、性別が確認されるまでは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。
結果は赤ちゃんが女の子でしたから、主人もとっても喜んでいました。
産み分けのおかげだと思っています。
一般的には、布ナプキンだと、使用後の洗濯が面倒、漏れそうに感じる等、なかなか使う気になれないという人も多いのではないでしょうか。
けれど実は、布ナプキンはその名の通り布でできているので、ムレ、またはかゆみのような不快感が減少しますし、冷えからも守ってくれます。
ですから、ストレスが減り、体を冷えから守るという女性にとっては、特に育児をしていなくても、大切な子宮の中の環境を良くするのに効果があります。
葉酸はビタミン9とも呼ばれ、水溶性の性質があります。
そして熱で壊れやすいのでこのような特徴なので調理すると失われやすいです。
したがって、サプリメントでの摂取が望ましいです。
ゴーヤーと言えば、妊娠中の女性には欠かすことができない葉酸が豊富に含まれています。
葉酸だけでなく、他の栄養素も豊富なのでゴーヤーを積極的に食べるのは良いことですが、たくさん食べれば良いというものでもありません。
ゴーヤーばかりを食べ過ぎると、お腹にもたれたり、お腹を下したりといった不調が起こる羽目になりかねません。
妊娠して様々な変化が起こっている身体に、不調が起きると赤ちゃんがストレスを受けることにもつながってしまいます。
育児の最中はいつにも増して色々と気を使わなければなりません。
風邪薬の服用については、それほど深刻な影響は及びません。
ですが、少しでも育児に悪影響を及ぼさないか気になると心配ならば、風邪薬の服用の可否を、かかりつけ医に話を聞いてみましょう。
葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、厚生労働省によって育児中や妊娠中に適切に摂取するよう勧告していることからも、その効果が伺えます。
摂取した葉酸ですが、葉酸は水溶性なので尿などに混じって排出されています。
ですから、余分な葉酸が蓄積していく、という事はあまり無いようです。
ということは、葉酸不足を避けるために、推奨される量以上の葉酸を摂っても平気なのでしょうか。
実際には、そういう訳では無く、葉酸を過剰に摂取すると副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。
サプリ等で葉酸を摂取するときには、指示された用法を守って摂取するようにしてください。
実際問題として、たくさん葉酸を摂ろうと思えば多くのやり方が考えられます。
すぐに実践できそうなのが毎日の食事の中で、葉酸を多く含んだ食材を使うことです。
けれども、葉酸は熱に弱いので特に妊産婦の所要量を食事の中で満たすのは妊娠中ずっとと考えると、実に大変なことです。
毎日きちんと葉酸を摂るためにもサプリなどを併用する方が現実的です。
食後に飲むと、最も効果が上がると覚えておいてください。
妊婦や妊娠を望む女性にとって葉酸は必要不可欠な栄養素ですが、その摂取方法で一番良いのは日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。
具体的に、葉酸を多く含む食品は、モロヘイヤ、小松菜、菜の花といった葉菜はもちろん、納豆や枝豆などの大豆製品、ホタテなどの貝類も該当します。
葉酸の含有量が多い食品は様々にありますが、これらを継続的に摂るというのが困難な方も多いと思います。
普段の生活や体調によっては無理をせずに、サプリを飲むことも間違いではありません。
サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに摂取できるという訳ですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:琉生
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ottkeehri1miem/index1_0.rdf