アレルギー様の症状

October 02 [Wed], 2013, 14:25
湿疹などが出るアトピー性皮膚炎の原因には、1.腸内や皮膚、肺、口腔内などのフローラ(細菌叢)、2.遺伝、3.栄養、4.住環境、5.その他の要素の学説が主流となっている。
アイラインなどのアイメイクを落とす時に化粧をきちんと落としたいばかりにゴシゴシと強くこするようにして洗ってしまった場合、肌が傷んだり炎症を起こすなどして色素沈着を招き、目の下の茶色いクマの原因になります。
皮膚のターンオーバーが滞ってしまうと、様々な肌の老化現象や肌トラブルを引き起こします。ほうれい線などのシワ・濃くなるしみ・顔色がパッとしないくすみ・隈・たるみ・ニキビ・乾燥など、まだまだ書き出してみればキリがありません。
美白の化粧品だとパッケージなどで謳うには、まず薬事法を制定している厚労省に許可されている美白物質(ほとんどアルブチン、コウジ酸の2つ)が含まれている必要があるそうだ。
メイクのメリット:自分自身の顔を少しだけ好きになれること。顔に無数に点在している面皰跡・くすみ・毛穴・ソバカス・ひっかき傷等を隠すことができる。時間をかけて可愛くなっていくおもしろさやドキドキ感。
「デトックス」術に危険性や問題点はまったく無いのだろうか。だいたい、体内に蓄積してしまう「毒」というのは一体どんな物質で、その「毒物」は果たしてデトックスで排出できるのだろうか?
皮ふが乾燥する因子である角質層の細胞間脂質と皮脂の量の減衰は、アトピー性皮膚炎患者のように遺伝子レベルの要素によるものと、高齢化やコスメや洗浄料による後天的な要素に由来するものに分けることができます。
メイクアップのデメリット:泣いた時にまさに修羅のような怖い形相になる。ちょっとだけミスするとケバケバしくなったり自爆してしまう。顔の造りをごかますのにも限界がある点。
身体に歪みが起こると、臓器は互いに押し合うため、他の内臓も引っ張り合うので、位置の移動、臓器の変形、血液や細胞の組織液、ホルモンの分泌などにも望ましくない影響を与えます。
且つ、お肌のたるみに深く結びつくのが表情筋。様々な表情を作り出している顔に張り巡らされた筋肉のことです。皮膚の真皮に存在するコラーゲンと同じように、この表情筋の機能も年齢を重ねるに従い鈍くなるのです。
運動や入浴で汗をかいて体の中の水分量が著しく少なくなると自然におしっこが減らされて代わりに体温調節に必要な汗用の水分が蓄えられ、この予備の水分自体があのむくみの原因になると考えられています。
さらに日々の生活のストレスで、精神にまで毒物は山のように積み重なっていき、体の問題も招いてしまう。「心も体も毒だらけ」という意識が、人々をデトックスへと駆り立てる。
アトピー性皮膚炎とは、アレルギー様の症状と繋がりがあるものの内、ことさらお肌の継続的な炎症(掻痒感等)を認めるものであり皮膚過敏症の仲間である。
乾燥による痒みの要因のほとんどは、歳を取ることによる角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の衰えや、クレンジングなどの頻繁な洗浄による皮膚のバリア機能の落ち込みによって発現します。
メイクの良いところ:新しい商品が出た時のワクワク。素肌とのギャップに楽しさを感じる。いろんなコスメにお金を費やすとストレスが解消される。メイクアップをすること自体の面白さ。
only the power of will
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:otrpdpsakog
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/otrpdpsakog/index1_0.rdf