美白という考え

May 09 [Thu], 2013, 0:09
美白という考え方は95年から99年頃にかけて美容研究家の鈴木その子が提案してブームになったのは記憶に新しいが、1990年代前半にはメラニン色素の増加による皮ふトラブル対策のことばとして使用されていたようだ。
身体中のリンパ管と並行して移動する血の動きが遅くなってしまうと、栄養や酸素(O2)がうまく行き届かず、最終的には不要な脂肪を多く溜めさせる大きな素因のひとつになります。
今を生きる私たちは、1年365日体内に溜まっていく恐怖の毒を色んなデトックス法を利用して外に出し、何としてでも健康体になろうと尽力している。
20代、30代になってから発現する難治性の“大人のニキビ”の女性が徐々に増えている。10年という長期間このような大人のニキビに悩まされてきた患者さんが皮膚科のクリニックを訪れている。
ホワイトニングというのは、メラニン色素が薄く、ワンランク上の白肌を理想に掲げる美容の観念、またはこのような状態の皮ふそのものを指している。大抵は顔の皮ふについて用いられる言葉である。
気になる本
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:otpshufa
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/otpshufa/index1_0.rdf