音凪4周年&移転記念ライブ月間8月/特別企画 夏の倉地祭り・大阪2daysのお知らせ

August 15 [Sat], 2015, 12:00

2015年8月15日(土)
音凪4周年&移転記念ライブ企画/夏の倉地祭り・大阪2days夜の大阪@音凪
https://www.facebook.com/events/1780223958870580/

音凪4周年&移転記念ライブ企画として夏の倉地祭りとして福岡より倉地久美夫氏をお招きしての2days企画。
第一日目は、夜の大阪@音凪での開催となります。
音凪での夜は完全ソロでのライブとなります!

出演:
倉地久美夫
http://hirunohikari.com/kurachikumio.html
OA:akamar22!
http://akamar22.jimdo.com/
チャージ¥2500+1ドリンク(別途要)
今まで通りお食事メニューも取り揃えております。
開場 18:00 開演 19:00

ご予約は
otonagi20110601@excite.co.jpまで
@ライブ名 Aお名前 B人数 C連絡先
をお知らせ下さい。確認次第返信メール送ります。
または、電話予約:06-6353-8515まで

2015年8月16日(日)
音凪4周年&移転記念ライブ企画/夏の倉地祭り・大阪2days昼の大阪@CommonCafe

音凪4周年&移転記念ライブ企画として夏の倉地祭りとして福岡より倉地久美夫氏をお招きしての2days企画。
第二日目は、昼の大阪@CommonCafe
での開催となります。
そしてこの日は外山明氏をお招きしてduoでのライブとなります。

出演:
倉地久美夫
http://hirunohikari.com/kurachikumio.html
外山明
http://hwbb.gyao.ne.jp/tea-pb/sotoyama.htm
OA:
wontac600(won jiksoo+半野田拓)+外山明

チャージ予約¥3000/当日¥3500+1ドリンク(別途要)
開場 13:00 開演 13:30

会場:CommonCafe
http://talkin-about.com/
大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビルB1F
06-6371-1800 (ライブ当日のみ)
※地下鉄谷町線中崎町駅4番出口を上がったところでまわれ右して直進、
パーキングを越えてすぐ左手、岡村診療所のあるビルの地下です。
協力:音波舎
http://ompasha.blog.shinobi.jp/
※予約、お問い合わせは音凪まで。
otonagi20110601@excite.co.jpまで
@ライブ名 Aお名前 B人数 C連絡先
をお知らせ下さい。確認次第返信メールまたはメッセージ送ります。
または、電話予約:06-6353-8515まで
※会場への電話はライブ当日のみでお願いします。


倉地久美夫プロフィール
1964
福岡県甘木市(現 朝倉市)に生まれる。
父 樺山久夫(本名・倉地久夫.故人)は全国の秘宝館に作品を残す画家。
1981...
母校が火事になった際,オルガン,マイクロフォン,打楽器等数種を盗み,以後それを使って多重録音による音楽制作を始める。
1984
東京にて混声合唱団,身体パフォーマンスのイヴェント,映像やダンスとのセッション,漫画同人誌等に参加。
1985
自主制作作品が雑誌「ビックリハウス」にて鈴木慶一の評価を得,水族館レーベルのオムニバスLP『ビックリ水族館』に1トラック収録される。
1986
弾き語りのライヴを始める。
1987
自身のバンド アジャ・クレヨンズを結成(林克洋(ds)・富永周平(el-b)・菊池成孔(sax) 他),ライヴ活動を開始。
1991
倉地以外は別メンバー(ハンキン(ds)・川崎順也(el-b).後に渡辺浩二(ds)・川崎順也(el-b))によるアジャ・クレヨンズで,福岡と関東でライヴ活動を再開。
京浜兄弟社のオムニバスCDアルバム『誓い空しく』に,オリジナル アジャ・クレヨンズの演奏を1トラック収録。
1992
関東及び九州各地で,アジャ・クレヨンズのライヴを行うほか,ソロで多数のミュージシャンやパフォーマーと共演.即興演奏や朗読も始める。
1995
日本歌曲及びシャンソン歌手 清水泰行に師事。
月本正主宰のきなこたけレコードから,初のフルCDアルバム『太陽のお正月』をリリース。
1996
ソロでの演奏に加え,自己のトリオ(菊池成孔(sax)・外山明(ds))による活動も始める。
3人の連名によるCDアルバム『うわさのバッファロー』をOZディスクからリリース。
1999
きなこたけレコードからソロCDアルバム『夏をひとつ』をリリース。
2002
第2回詩のボクシング全国大会で優勝。
2003
OZディスクから通算4枚目のCDアルバム『I heard the ground sing』をリリース.
1996年リリースの『うわさのバッファロー』のリマスタリング盤を美音堂から再発。
2007
円盤から5枚目のCDアルバム『スーパーちとせ』をリリース。
2008
渋谷 なぎ食堂で絵画作品の個展。
2009
記録映画『庭にお願い』(監督 冨永昌敬)を横浜国際映像祭でプレミア上映。
初の海外ソロ公演(ロンドン cafe OTO)
2011
『庭にお願い』完成版をシネマ・ロサ(池袋)上映を皮切りに全国で上映。
円盤からCDアルバム『庭にお願い サウンドトラック』をリリース。
2012
円盤からギターインスト中心の10インチLP『逆さまの新幹線』をリリース。
2014
wind bellよりCDアルバム『いいえ、とんでもございません』リリース。

現在福岡県在住.
■主な共演者(順不同)
稲田誠・菊地雅晃・権藤正夫・山田泰三(bass)/山本達久・北村23・一楽儀光・林克洋・武井康郎・中矢誠・山口一光・久下惠生(ds)/幻一郎(per)/宝示戸亮二・立花洋一(piano)/竹末充敏(organ)/
山口優・松前公高・常盤響(kb)/稲垣英嗣・内橋和久・神戸誠・花田宏毅・松信重光・山本精一・六弦琴(guitar)/
富岡昌弘・谷本仰(vln)/向井千恵(胡弓)/山内桂・城戸英章・川下直弘・庄司勝治(sax)/森川良哉(尺八)/
巻上公一・寺内大輔(vo)/石川敦子(flamenco dance)/佐野真紀子・樹里・原田伸雄・室野井洋子(dance)/
森藤博(絵画)/風倉匠(行為)/ふちがみとふなと・須山公美子・こなかりゆ・佐々木匡士・テニスコーツ・日比谷カタン・三上寛・トクマルシューゴ 他


外山明プロフィール
1962年1月15日・神奈川県横浜市出身
血液型:O型  星座:山羊座
1962年 横浜元町に産声をあげる。...
オルガンを習っていた兄の影響で、幼少より音楽に興味を持つ。
小学校2年の時、母親にギターを買ってもらう兄に
便乗してウクレレを買ってもらう。
小学校6年の時、エレクトーン教室に通う。
小学校6年の時に宮崎に移住。
中学入学後、兄のギターでビートルズをコピーの日々。
ちなみに外山氏、自ら購入した初めてのレコードは
WINGSの『Venus&Mars』
中学校3年の15歳の誕生日にドラムを購入。
厳しい進学高校に入学。
高校1年の時、友達とロックバンドを結成。
当時流行りの洋楽をコピーしていた。
(DeepPurple,Kiss,LedZeppelinなど)
高校3年の時、音楽の道に進むと表明し、
進路指導の先生に怒られる。
が、気持ちは揺るがず、プロへの道へ着々と駒を進める。
高校卒業後、コンサートホールの裏方のバイトを
しながら、バンド活動に励む日々。
地元のジャズ喫茶に入り浸るが、ジャズにはあまり興味なし。
19歳の時出場した、ヤマハ・ポプコンで九州大会優勝。
21歳の時、東京に移住。
22歳の時出場した、’84年EAST−WESTで優勝。
その後、バンドを脱退。
24歳の時、『日野皓正氏とHAVATAMPA』に参加。
同じ頃、廣木光一トリオに参加。
その後、坂田 明氏、渡辺貞夫氏、山下洋輔氏、松岡直也氏などの
レコーディング、ツアーで活躍。
現在、石渡明廣氏率いる『MULL HOUSE』でも活躍中。
斬新なドラムセンスとテクニックが各方面で注目されている。



won jiksooプロフィール
職業:クラゲ(娘からみた意見)/ 声色師
1975、6年大阪工芸高校あたりで寛美のマネをするブルースバンドだったらしい。
1978年 大阪芸大時代 「河内カルメン」のメインボーカル(サイドボーカルに隣の清水美恵ちゃん)で関西テレビ「ナイトパンチ」バンドコンテストに優勝。その後解散。GROW〜HMS〜テポドン〜ウォンフラン〜サンザール〜ソウルドラマーズ〜国境なき音楽団〜在日コリアンズと様々なバンド経歴を持つ。ゲストでもよく呼ばれるが我が強く、自前の持って行った曲で皆が困惑する。
大阪芸大舞台芸術学部演技科卒。同級に「南河内万歳一座」、「劇団新感線」。 「状況劇場」にいた「田中陽子(柿の種およう)」も同級生。 ...
東京で「自由劇場」の研究生になるが中退。NHK「独眼竜正宗」のチョイ役に出演。
六本木「すうる」でマスター/アキラさん(クールス)に気に入られショーの司会も。
2015年6月ファーストアルバム ステージ9 治る 発売
ウォンちゃんと愉快な仲間たちがくりひろげるフリー(自由)かつフリーキー(奇妙)な音楽ワールド。意味をわすれて踊りだす言葉と、あたたかくもどこか間の抜けた人情喜劇。ステージ9まで突破して、新しいステージ1はここからはじまります。
Play: ウォン・ジクスー びび まあやん デイヴィッド・デュバル=スミス(生意気) マイケル・フランク(生意気) さや(テニスコーツ) 植野隆司(テニスコーツ) 松井美耶子 山本信記 MC MANGO 日野浩志郎 白井剛史(プリミ恥部) akamar22! 千野秀一 半野田拓 井崎能和 井上智士 水谷康久 池田よしあき(ヰモリ) Junji Kano(ヰモリ)和田晋侍 石井モタコ トンチ カメイナホコ 呉山夕子 石原只寛 梅田哲也 西川文章
CD デザイン : デイヴィッド・デュバル=スミス 録音/ ミックス/ マスタリング : 西川文章 録音/ 制作 : 梅田哲也



半野田拓プロフィール
1981年生まれ。2000年から神戸で即興演奏を始める。自主制作で3つのソロCDをリリース。2005年、ニューヨークのジャパンソサエティー ONKYOMARATHONに出演。2011年春、オーストリアのクレムスにアーティスト・イン・レジデンスで招聘され、2ヶ月間の滞在を行う。2013年5CDSをリリース。
主な共演者は、秋山徹次、一楽儀光、伊東篤宏、稲田誠、 内橋和久、宇波拓、梅田哲也、ウォン・ジクスー、江崎將史、大友良英、オオルタイチ、カール・ストーン、梶原としお、カン・テ・ファン、小島剛、Sachiko.M、砂十島 ナニ、田中悠美子、千野秀一、津上研太、ディクソン・ディー、天鼓、ドッドド、豊田道倫、中村としまる、中原昌也、二階堂和美、西崎美津子、NOID、灰野敬二、HACO、東野祥子、PIKA☆、Billy Roisz、Philip Leitner、Frintz Novotony、Mario de vega、水谷康久、村上ゴンゾ、山本精一、山本信記、和田シンジ、Sean G Mieham、Nolbert Moslang and more…




akamar22!プロフィール
『akamar22!』名義で・弾き語り。
『OHP22!』名義で・OHP映写パフォーマンス。
『赤飯食堂』名義で・出張食堂 。
『イハスタルーゴ』名義で・アクセサリー製作。
『indian no echo sign bine no!』ドラム担当。
手を変え・品変え・出没22! 読みは『アカマーツーツー』『ツーツー』とくれば、赤松美佐紀の生き物ムーブです!
20011/4月、クラリネット・ベースを迎えた、トリオ編成でのミニアルバム音源『4footsteps,concrete,sneakers』自主制作で発表。
1999年〜2004年・12月迄
INDIAN NO ECHO SIGN BINE NO!にて、akamar22!
ドラム担当しておりましたが、、、無期限活動休止中!でしたが、、、、2013年再始動開始!!?!
1994〜2000年
劇団維新派にて、役者白塗り活動。
1998年映画『ランデブー』
<監督:山本浩資 共演:村上淳・赤松美佐紀>
ブログ22!の日々雑記<2004〜2012
http://d.hatena.ne.jp/akamar1212/
http://www.myspace.com/akamar22




プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:音凪
読者になる
      音凪 音食堂酒場
2015年6月30日(火)に移転オープンしました。カウンター8席にテーブル席が出来まして全部で20席と少し広くなりました。お酒とともにお食事にそして珈琲も今まで通りお楽しみ頂けます。
営業時間
ランチ(火)〜(金)11:45〜14:30(LO14:00)
酒場 (月)〜(土)18:00〜25:00(LO24:30)

定休日:日曜日及び祝祭日は不定休
お問い合わせは
電話:06-6353-8515
または
otonagi20110601@excite.co.jpまで
住所
〒530-0041 
大阪市北区天神橋1丁目14-4友愛ハイツ1F
フェイスブック【音凪】ページ
https://www.facebook.com/otonagisakaba20110601
twitter(毎日更新中)
音凪 音食堂酒場
https://twitter.com/otonagisakaba
ニュー音凪
https://twitter.com/kissa_otonagi
2015年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ヤプミー!一覧
読者になる