あせもになる原因 

2009年07月21日(火) 1時15分
あせもは赤ちゃんや乳幼児の時期になる皮膚炎とされていて正式には汗疹(かんしん)と呼ばれています。
このあせもは赤ちゃんや乳幼児といった子供の場合、おむつかぶれからはじまり小さな子供は首筋や手首などがかわで覆われて隠れているのでその部分に汗がたまり炎症をおこしてしまいます。
また暑い夏場などはあせもになることが多いとされていますが、寒い冬場にも洋服などを着せすぎたり、暖房が強い場所では汗をかくのであせもは季節に関係ないと思います。
また小さな子供の場合。もともと体温が高いのであせもになりやすいとされています。
あせもは子供だけではなく大人でも汗をかいたままにしておくことであせもになります。
あせもの原因は基本的に汗をかくことでかゆみをともなう炎症がおきます。
詳しくいうと汗をかくてそのままにしておくことで体中にある汗がでる場所の汗線に汗がつまってしまい皮膚の炎症をおこします。
なのであせもは汗をかいたらふいたりして汗線を清潔ケアーにしておくことで十分防ぐことができるものです。

大人のあせもとは? 

2009年07月21日(火) 1時14分
あせもは赤ちゃんから乳幼児の子供がなる皮膚炎だから、大人には関係ないと思ってませんか?
あせもは正式には汗疹(かんしん)という皮膚病で特に赤ちゃんから乳幼児がなるというイメージが強いあせもですが、最近では赤ちゃんや子供だけではなく夏の肌のトラブルとして大人があせもになるケースが増えているみたいです。
あせもの原因として人の体には汗がでる汗腺があり、汗をかきすぎることで肌に汗がたまり、汗腺をふさいでしまうことにより、あせもとして炎症をおこします。
通常のあせもであれば一時的な炎症でおさまるのですが、大人のあせもの場合は特に女性などが見につけているアクセサリーなどで、あせもからかぶれへと発展してしまうことも。
かぶれはとくに金属で反応を強めてしまうのでアクセサリーなどは注意が必要だと思います。
アクセサリーを身につける場所として耳にはイヤリングやピアス、手には指輪、首元にはネックレスなどをつけると思いますが、あせもからかぶれへ発展してしまう箇所として首元につけるネックレスや耳につけるイヤリングやピアスなどの場所がかぶれてしまうケースが多いとされています。
これは汗をかきやすい首元につけることで金属かぶれへとなり、汗はそんなにでない場所でも首や髪の毛から汗がつたってイヤリングやピアスに反応してかぶれてしまいます。
その他にも大人のあせもは赤ちゃんや子供のあせもと同様に適切なお肌のケアーが必要になります。


あせもローション 桃の葉の薬 (100g) 商品区分:第3類医薬品

大人のあせもとかぶれ 

2009年07月21日(火) 1時14分
あせもというと首から背中、脇、頭皮、顔、腕、手足などいろいろなところに炎症がおきてかゆみがでてきます。
幼児と同様に大人のあせももなる箇所は一緒ですが、あせもは汗がたまりすぎるとでてしまうものなので、予防と治療法を正しく覚えておくことが大切だと思います。
大人のあせもは一般的にはあせもになってしまっても自分であせもの炎症をおさえようとなんとか対処はできると思うのですが、あせもと同様に大人はかぶれてひどくなる場合があります。
かぶれは基本的にアレルギー性なもので炎症をして湿疹ができてしまうもので、良くあるのが金属かぶれです。
このかぶれからくる金属かぶれはアレルギー体質の人におきるとされていますが、汗をかく時期はあせもと同じで汗がたまったことで金属かぶれを起こす場合があるみたいです。
あせもからくる金属のかぶれは、いつの間にか炎症がひどくなってしまうケースが多いので、汗を大量にかく季節はとくにアクセサリーなどの金属でできたものは消毒を十分にしておくことが大切だと思います。
あせもは子供がなるというイメージが強いですが、大人のあせもの場合はあせもからかぶれへと悪化してしまうことが多いので大人もあせも対策を十分にしておいたほうが良いとおみます。

あせもの予防と対処法 

2009年07月21日(火) 1時13分
あせもやかぶれはなる前に予防をしておくことが大切なことだと思いますが、あせもやかぶれになってしまった後でも適切な処置をすることで、かゆみや炎症を早く抑えられるので覚えておくことをオススメします。
あせもの予防法としては、まず汗をかいたらこまめにふいたり、衣服なども汗を吸収してくれる素材の綿素材を着たり、髪の毛なども特に女性などはすっきりとまとめておくことや汗をかいたらシャワーなどを良く浴びること、シャワーなどで体を洗う場合は肌への刺激を抑えるため手で石鹸を泡立てて体を洗うこと、ベビーパウダー・シッカロールなどであせもの予防になります。
あせもができてしまった時の対処方としては、まずは炎症を抑えるため冷やすことから、湿疹を抑える塗り薬をつけること、お風呂などに入るときはあせもで炎症した部分を悪化させないためにもぬるめのお湯で入ることが重要です。あせもというとベビーパウダーというイメージが強いと思いますがベビーパウダーはあせもになる前につけるものなので、あせもになってからつけても治りません。


疲労回復・あせも・しっしんなどに。 ひんや〜りスッキリ爽快!薬用入浴剤 バスフラワースキン...

あせもにはベビーパウダー 

2009年07月21日(火) 1時11分
ベビーパウダーは昔はシッカロールとも呼ばれていましたが、今は一般的にベビーパウダーと呼ばれていますね〜ベビーパウダーは主に赤ちゃんのおむつかぶれや夏場の汗をとてもかく時期にお風呂あがりなどにベビーパウダーをつけることが多いと思います。
主に赤ちゃんや子供にベビーパウダーをつける感じですが、ベビーパウダーは汗でべたべたになる肌を清潔にたもってくれる効果があります。
赤ちゃんや子供だけではなく、ベビーパウダーは肌にやさしいので大人でもあせもや肌のべたつき感に良いとされています。
ベビーパウダーはあせもになる前の肌につけることが大切です。あせもは汗がたまって炎症するので、汗をためないためにもベビーパウダーが良いとされています。
まずベビーパウダーをつけるまえにシャワーやお風呂などで肌を綺麗にしてそのあと汗をかく前にあせもができやすい首筋や脇、背中、手足などにベビーパウダーをつけます。
乾燥肌が強い人はベビーパウダーはあまり多くつけないほうが良いとされています。ベビーパウダーはあせもができる前のあせも予防に効果的なので、汗をかきやすい季節にはお風呂あがりにはつけるようにしておくことが大切だと思います。


ジョンソン ベビーパウダー140g