剣が君 百夜綴り 感想

April 15 [Sat], 2017, 18:02
さてさて。

本編の感想すら書いてなかった、、、?っけ。

とりあえず結構なボリュームで
途中挫けそうにもなりましたが←
幾度となく寝落ちもしましたが
なんとかね、完読しましたよ。
(一か月くらいかかったw)

私の記憶では
最初は花嫁行列の任務が終わった後の江戸での話(だったかな)から始まって
天竺葵の書から順に読み進めることで他の書(攻略キャラとの物語)が開放されるというシステム。だったかな。

攻略キャラの後日談は
本編でキャラごとに4つのエンドがありその続きが読めるスタイル。

(ファンディスクなんだから)わかってるよな?
細かい説明無しに初めっからな。
ーなスタイルでほぼほぼ忘れてる自分にとっては最後までその間にあった出来事を思い出せないことも有りましたが笑
良い内容でしたよ。ええ。


グッド寄りなものはしあわそ〜の甘めで
バッド寄りなものはバッド寄りなりにも甘めに作っている、少しでも救われる感じ、というのかな。

また今回は各キャラの幼い頃の話しや
花嫁行列に参加する前の話など
より詳しく描かれており
其々のキャラの人格形成に至るまでを知るのに良い内容になってますよね。

幼少の頃の姿や性格など
なんとなく他キャラは想像ついてて
想定範囲内だったのですが
本当に意外だったのが螢でしたねぇ。
引っ込み思案な子供だったのね。
これはグッジョブ!ですね。


あと、今回追加されたキャラとして
九十九丸が何故あーなったのか?
を書いていく上で必要な人物
父親の八幡が登場するのですが
これまたかっこいい侍でして、ええぇ。
無双のようなアクションもので是非とも使いたい。
または相方として選択したいというほどでした笑

家族を幸せにしたいがために剣取りをし
幕府に支えたのに色々な事が積もり積もってメンタルが保てなくなり最期は悲しい終わり方をしてしまうのですが…

キャラ絵は無く声だけでしたが九十九丸の母親いちさんだっけ?も登場しますね。

他にも各攻略キャラの親や兄弟、カルラは元々は…とか
実は過去にこの人とこの人が…などなどいろいろ描かれているのでこの辺はファンディスクとして良い仕事してるな。と思いました。

本編から思ってましたが
やはり家光さまを是非とも攻略したい…!笑
あの飄々としたキャラは面白い。
主人公が家光さまの妹君と瓜二つの顔をしてるそうなので
ここはお松ちゃんか…あ、半蔵もいいな!サイドで遊ばせてほしいところ。


必要か不必要か。
本編でも主人公が薙刀やってるのだがそれがチカラ、武力としてあまりにも生かされてない…。
もう少し強くても良くね?と正直思いましたが、乙女のシナリオは守られなきゃいけないから仕方ないです、ね。こればっかりは。




えーっとこんなところかな。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぺん。
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・乙女ゲー
    ・旅行の計画をねる(だけw)
読者になる
誤字脱字はご容赦くださいませ。
たいしたことは書いてませんが
よろしくおねがい島津藩m(__)m
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像ぺん。
» それって逃げ? (2015年09月13日)
アイコン画像さくら
» それって逃げ? (2015年09月11日)
アイコン画像ぺん。
» Enkeltbillet 感想 (2014年09月14日)
アイコン画像さくら
» Enkeltbillet 感想 (2014年09月13日)
アイコン画像ぺん。
» ハニビさん…本気だしたね!! (2014年09月02日)
アイコン画像さくら
» ハニビさん…本気だしたね!! (2014年09月02日)
アイコン画像ぺん。
» Enkeltbillet はじめてますよ。 (2014年08月09日)
アイコン画像さくら
» Enkeltbillet はじめてますよ。 (2014年08月09日)
アイコン画像ぺん。
» Enkeltbillet はじめてますよ。 (2014年08月09日)
アイコン画像さくら
» Enkeltbillet はじめてますよ。 (2014年08月09日)
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/otomenosurume/index1_0.rdf