久しぶりに。 

July 22 [Sun], 2007, 23:18
2年ぶりのヤプログ更新です。
先日某ブログを退会してこちらに引っ越してきました。

今回は劇団中心の日記にしていくつもりです。
ぼちぼち更新していきます。

メガネの話 

December 05 [Mon], 2005, 0:14
眼鏡の調子が悪いので、激安店で新調することにした。
今使っているのはアニエスbのプラスチック製の物。
デザインで選んだので購入時は気が付かなかったが、家に帰ってよく見たらアニエスbだった。
どうりで高いはずだ。(予算オーバー)

フレームのブランドがどこかなんて普段は見えないから分からない(フレーム横に小さなマークがあるのみ)隠れているブランドマークのために余分な出費をしたような気がして少し悔しかった。
はっきり言って、ノーブランドでもかまわないのに、自分の見る眼が無い為(!?)ブランド物を選択してしまった。節約上手になれない、ダメな自分。

今回は安く済ませる!と意気込んで先日激安店に行った。
店のフレームの種類はとても豊富で価格順にずらっと並べてある。
フレーム+レンズ込みで6000円からで激安だ。
けれど6000円の物はデザインが良くない。
じっくり探しているとだんだん感覚がマヒする。どんなデザインが自分に合っているか分からなくなってくる。
かなり迷って、フレーム上部のみ太目のプラスチック製で横と下側はワイヤー製のデザインを選んだ。
コンタクトをはめていて視力検査ができないので、フレームを取り置きしてもらい、また後日に改めることにした。

で、今日視力検査に行った。
取り置きしたフレームを2日ぶりに見たら、なんで自分がこんな物を選んだのか全く理解できないような渋いデザインだった。
一体私は何を考えていたのだろう?
注文せずに取り置きのみで本当によかった。おそろしい・・・。

気を取り直して、新しいフレームを選ぶことにした。
赤いプラスチックフレームで、鼻に当たる部分が調節できるようになっている。
これならメガネの下がり気味のおばあちゃん風味にならずに済む。
プラスチックで調節できる便利なタイプを見つけられた、とうれしくなった。
しかしその時私が見ていたのはブランドフレームコーナー。
けっしてブランド好きなわけじゃない、けれど実際はノーブランドは素通りだ。
これはもう、節約したいと言う意思に反して根っからの見栄っ張りなのか、
ただのアホなのか。
激安店でレンズ込みで1万円以内で済むところを倍の1万9千円で購入。
すでに激安価格ではなくなっている。
ただの見栄っ張りでアホ決定。

でもまあ、今のメガネよりは1万円以上安く済んだのでよしとするか。


憧れの強くて美しい女性像!?2 「グロリア」 

September 05 [Mon], 2005, 20:01
私は強い女性が好きです。
精神面のつよさ、逆境にも負けない精神力をもった女性に憧れます。
先日見た映画は「グロリア」です。
ギャングの資金を横領して制裁である家族が皆殺しにあい、幼い少年が一人生き残ります。
隣人の中年女性が、殺された家族に少年を助けるように頼まれ、やむなく2人で逃避行を開始します。
ただ逃げるだけでなく、女性はギャングで立ち向かいます。
その姿はとても素人とは思えません。
実はこの女性ただの主婦ではなかったのです。(あとは見てのお楽しみ)
すかっとしたのが先手必勝で迷いなし銃さばき
かっこよすぎます。
「大詰の交渉時」のセリフも男らしくて惚れます
実に貫禄のあるヒロインです。
でもファッションはけっこう女性らしく華やかです。地下鉄に乗っているときのスーツが素敵でした。ナイトウェアは怪しげな和風で派手派手でしたけど。
それにしても気になったのは少年のセリフ。
あんな小さな子供にしては世の中分かりすぎな気がするのですが、外国のお子様はあんな風に大人びているのでしょうか!?
自分があの年齢のときはめっちゃ子供っぽかったです・・・。
ってうか、あんなマセたセリフ親に言ったら殴られます、きっと

1980年ベネチア国際映画賞 金獅子賞受賞作品。
ソニーピクチャーズの半額半蔵キャンペーンで購入したのでかなり安かったです。
3枚3500円(定価)。とてもありがたいキャンペーンです。
第2弾9月から始まりますが、こちらも素敵な品揃えなのでどれを購入しようか かなり迷います。購入したらまた日記に書きます。

あこがれの!?強くて美しい女性像1 

September 04 [Sun], 2005, 19:23


とても人気のある作品なので既にご存知だとは思いますが、「チャーリーズエンジェル」をご紹介します。
なかでも一番の憧れはルーシー・リューです。
顔立ちは好みではありませんが(失礼!?)、
すばらしいプロポーションとさらさらの黒髪!
あのキューティクルに当時、私ははやりの茶色のゆるゆるパーマをかけていたのですが、黒髪って美しい☆と感激しました。
それにルーシーは実は30代半ば!?みたいなのです。 その年であの体系、アクション、すばらしいです。
惚れました。
それに1作目の次から次へのコスプレファッションショー、見ているだけで楽しいです。
ぶっとんだ過激なキャラクターも彼女たちならアリかな、と納得できます。

2作目にデミ・ムーアが当時話題をかっさらった肉体大改造に励んで?出演しています。
どこら辺が改造後なのか目を凝らして探したのですが、いまいち分からなかったです。
なぜなら私はゴースト以来、デミ・ムーアの映画を見ていないからです。
なので、昔みたいにキレイじゃんというかんじなのでした
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hina2
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

最新コメント