一言、ダサい、ヒゲ脱毛してと伝えてみよう。

July 13 [Fri], 2012, 12:12
ご無沙汰しておりました。
ひさびさの更新となってしまいました。
ダサ化の予防法などについて書いてみたいと思います。

私の交際相手は、新しい服や靴すら買おうとしないダサ彼です。
服装だけなら休日に私だけしか見ないのでまだマシなのですが、
1番問題だと感じるのがヒゲです…
彼はヒゲが濃い体質にも関わらず、無精髭など伸びっぱなしで近所のコンビニどころか新宿まで電車通勤したりします。
髪型やヒゲは人の1番目立つ部分ですし、だらしなくしているとそれだけでダサく見えてしまいます…
あまりモテすぎるのも困りますが、ご自身もヒゲ脱毛されたというこのブログのブロガーさんが言うように、ヒゲを脱毛して少しくらいモテを意識して欲しいです。



彼のダサ化のさらなる進行に歯止めをかけるべく、
週末はなるべく出かける事にしているのですが、
なかなか目に見えるほどの効果は得られていない現状です…
みなさんはご自身のパートナーのダサ化に性対し、なにか対策など講じていらっしゃいますでしょうか?
これまでに劇的な効果を得られた方法などあったかた、
どのような対策されたのか是非教えてください!

私の持論の1つですが、
ダサ化の怖いところは、ご本人の感覚と共に進行していくことに他なりません。
私の母などがまさにそうだったのですが、
本人は自分がダサくなっていっていることに全く気が付かないまま時間が過ぎていき、
自覚できる頃にはもうオシャレを諦めるという末期症状になってしまっているというケースが少なくありません。

そうなる前に、多少煩わしく思われてしまうのを覚悟で、
時に勇気を持って相手にダメ出しをできる立場というのを、
普段から心がけておくべきなのかもしれません。

これも私の持論なのですが、
ダサ化の要因は、他ならぬ女性側にあると思っています。
もちろん、オシャレ気を配らなくなったこと事態は男性側の罪ですが、
そうなってしまった経緯の背景には女性側にも責任があると思うのです。
最近オシャレに気を使わなくなったと感じたらその時点で一言、
冗談半分でもいいので相手に伝えることが大事な気がします。

よく雑誌などでも言われているように、
「言わなくても私の気持ちを理解してほしい」という女性の願いは、
ほとんどの場合、男性には届かないようです。
相手の気になることや伝えたいことなどがあれば、
間接的にメッセージやサインを出したりするのではなく、
直接、ストレートに相手に伝えるべきです。
女性とは脳の構造が違っている、とすっぱり割りきって考えるようにしましょう。

医者の不養生とはよく言ったもので、
あなた自信がオシャレに遠ざかってしまうと、
説得力が激減してしまうので、
パートナーに伝える前に、まず自自分に落ち度がなぁったか、
少し振り返ってみましょう。
常日頃からご自身のセルフチェックを心がけることを習慣化してしまうのが、
地味ながら1番効果が見込めるかと思います。

パートナーのダサ化にも同じことが言えます。
ダサ化には目に見えて現れる明確な兆候などは少ないです
その上、人の性格同様も十人十色のダサ化は、
いつ、どのような事を対策するべきかなど、
ハッキリしとしたことが言い切れないというのが正直」なころです、
そのため、日々のチェックが必須になってきます。
ご自身のセルフチェックと同様、こちらも習慣化してはいかがでしょうか。

「この間会った時との違いなんて分からない」
「毎日会う旦那だし、同じにしか見えない」
そう思うかもしれませんが、大事なのは相手の欠点・落ち度がどこなのか言い当てることではなく、興味関心をもって相手に接することだと思います。

『相手にはストレートに伝えること』
『自分自身のチェック』 
『相手への興味・関心』

私自身この3つを再度心がけていきたいなと思っております。


私がダサ彼の改善をはっきり意識するようになったのは、
知り合いのかたにヒゲをオシャレに刈り揃えてもらい
まるで別人になったかのような変身を、目の当たりにしたのがキッカケです。
髪型とヒゲを整えただけで全体のダサさがぐんと下がり、
服装のダサさが薄まっていることに本当に驚きました。

モテたいという男性であれば当然の欲も、少しは必要なのかもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:higezuki
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/otokowoageru/index1_0.rdf