シリーズ女と男 何が違う? なぜ違う? 

August 18 [Tue], 2009, 11:44
  シリーズ 第2回 何が違う? なぜ違う?

 男女平等の国・アメリカで新たな“男女区別”がはじまっています。
小学校や中学校の義務教育現場で、男女別授業を行う学校が増えているのです。
成長期には特に男女差が出ます。そこで、それぞれの性に合った教育をしようという試みが始まったのです。また、医学の分野でも、病気の男女の違いを重視する動きが広まっています。

そうした動きの背景にあるのは、いま新たな男女差が次々と見つかっていることによります。
特に、脳は性ホルモンなどの影響で男女の違いが意外に大きいことが最近になってはっきりしてきました。

なぜ脳に男女差があるのでしょうか。
そのヒントは、「同じことをしていても、脳の使いようが男女で異なっている」ということなのです。
たとえば、地図をたどっているとき、男は空間感覚を利用して地図を見ますが、女は記憶や目印を手がかりに地図を見ます。
つまり、同じことをしていても両者が使っている脳の分野は異なっているのです。
脳が違うのは、「男女それぞれで得意なことが違う」ということなのです。

では、いったいなぜ、人間は男女で得意なことをわざわざ違うようにしたのでしょうか。
それは「ともに生き延びる」ためでした。
長い、長い狩猟採集時代、ヒトの祖先はいつも飢えとの戦いのなかにありました。
そこで役割分担をしていろいろな食糧を確保する生存戦略を採ったのです。
その結果、狩りを担当した男は空間感覚を磨き、収集を担当した女は目印を利用する能力を磨いたと考えられるようになりました。
その祖先の能力がいまの私たちにも引き継がれているということなのです。

その一方、思いがけない男女差も見つかっています。
知能テストを解くときに使った脳の場所を調べたところ、男女で違っているらしいという事実が浮かび上がってきました。どうやらそれぞれが得意な能力を生かせるように、男女では脳のネットワークが異なっている可能性が高いのです。狩猟採集時代とは違って、現代では男女の役割も仕事も生き方も多種多様になってきました。
そうした多様性にも対応できる柔軟性を私たちの脳は獲得していると考えられるのです。

女と男の違いの最新研究を通して人間の歩んできた道筋をたどるとともに、医学や教育などではじまっている、男女差に注目する新たな潮流を描きます。




第1回 惹(ひ)かれあう二人 すれ違う二人

第2回 何が違う? なぜ違う?

第3回 男が消える? 人類も消える?