おまけ・打ち上げリポート 9/16 石岡 

2007年09月19日(水) 14時26分
ひそやかに更新。
誰か気付く人はいるのでしょうか。

楽日はバラシの後、出演者、スタッフさんで朝まで打ち上げでした。
打ち上げの途中で、出演者の大坂秩加ちゃん(若い方の侍な)の、サプライズお誕生祝いが行われました。
ほんとの誕生日は13日の仕込み日だったのですが、さすがにお祝いする余裕がなかったので、この日(16日)になったのです。
居酒屋の我々の部屋の電気が急に消え、白井さん(腕だけゴリラ)がはちみつのカメのようにケーキを捧げ持って現れました。
と思ったら、ケーキの上にぶっ刺していたろうそくがクーラーの風で消え、ゴリラはケーキを持って、静々とまた出て行ってしまいました。
そんな少しの微妙な間を挟み、制作ヘッドの石岡(盲腸)が、舞台では出すことを許されなかったいい声でお祝いを述べました。
ところが石岡さんはバカなので、その後どうしたらいいかわからなくなってしまいました。
こいつヤベエ! と瞬間的に察したゴリラが、
「テキサス! 歌え!」
と、すかさず他人に振り、振られたテキサス(今回は美術で参加したけど、いつもは役者参加。ファン多数)は素直にハッピーバースデーの歌を歌い、それにみんなが唱和して、ヘイ・ジュードの最後らへんみたいな感じで大坂ちゃんを祝いました。
ちなみに、テキサスは白井劇団・第2回公演『母柱』の劇中でも、焼肉のタレを転がしながらこれを歌わされています。
あ、なんか母柱のビデオが観たくなってしまった。後で観よ。
大坂ちゃんは、たいそう嬉しそうでした。よかった。

主宰・作・演の吉田さん(猿にされちゃった人)は照明機材とかを返却しに行っててこの場にいなかったので、報告がてら詳しく書きましたが、ネット環境を持っていないのでたぶん読まないでしょう。
その後は皆おしゃべりに興じ、朝方別れました。
次回にまた召集されるまでは、それぞれの人生を生きます。
その模様は、また各自のブログとかで。
おつかれさまでした。

…と思いきや、吉田さんと石岡は、タタキ場への荷返しがあったのでした。
も少しおつきあい。

家に帰って少し寝て、昼1時に再集合。
荷返しの車にはナビがついており、「ナビいいねー、便利だねー」と言いながら、操作法がわからないふたりでした。
今回の公演のこととかはあまり話さず、もっぱら舞妓さんの恋愛事情を想像で話しながらの車中でした。
無事に荷返しを済ませ、若干道に迷いつつ、車も返却。
メシを食おう、いい店知ってんだ、という吉田さんについて渋谷のカレー屋兼ラーメン屋へ。
カレーとラーメンを勧められた僕は、冷やし中華を注文しました。
安かったです。
吉田さんは、カレーとラーメンのセットを食べ、
「もうここでラーメンは食わねえ!」
と、吠えていました。
食ったことないもん人に勧めんなよ…。

その後、吉田さんちまで仲良く一緒に帰り、今回のアンケートをまとめ読み。
あいかわらず、僕の演技について触れているものは1枚たりともありませんでしたが、もう慣れました。
あ、アンケートといえば、
「時間がなくて書けなかった」
「鉛筆がついてなくて書けなかった」
「感動の涙で前が見えなくて書けなかった」
という方がもしおられましたら、

info@shirageki.com

まで、
1、御覧いただいた日時
2、公演を知った媒体
3、今までに観た漢の仕草(白井劇団)の公演
4、よく観る劇団
5、『猿まわしアタック』の感想
6、DM御希望の場合は、御住所・お名前・Eメールアドレス

を、お送りいただけましたら幸いです。
日時と感想だけ、とかでもいいですよー。
では、またどこかで。いずれ、必ず。

終了いたしました 

2007年09月18日(火) 21時23分
ご来場ありがとうございました

次回のことは何も きまっていませんが
またいつか

まいにちみんなにあっていたので
結構さみしいです
うちあげが
はじめてたのしかったです

そのほかは それぞれの日記にかきまし

9/10(月)、11(火)、12(水) 石岡 

2007年09月13日(木) 5時53分
土曜の夜に予約が集中しております。

「月曜は祝日だから、僕は日曜に行こうと思います。
                    石岡

と書いたら、みんな月曜が祝日だということに気付いて、日曜に予約してくれるんじゃないか」と吉田君がシュールなことを言うので困ります。

10日(月)
本番も近いので、昼夜稽古。
しかし、僕は昼はバイトで行けなかったので、どんな感じだったのかは知りません。
だから書けません。
夜、稽古場に行ってみると、昼から来ている人々は皆一様に暗い顔をして座っていました。
まさか、誰かが腸炎になって公演が中止になったのか!? わーい。
と、僕は非常に心配しましたが、みんなお昼ごはんを食べ過ぎて、苦しくて動けなかっただけでした。
長谷川君なんか、食べ過ぎてさらに痩せ細っていました。
みんなが動けないので、動き無しでセリフだけで通し稽古をしました。
5時間目に水泳の授業をやった後の、6時間目の国語の授業のような雰囲気でした。
フランス人の芝居の稽古場は、きっとこんなんに違いない。

11日(火)
昼夜稽古。
しかし、前日と同じ理由で、昼の稽古のことは書けませぬ。
本番を撮影してくれる方と、制作ブレーンのもっさんが来てくれました。
通し稽古をしました。
もっさんがハラハラした顔をして観ていたのは、お話の内容に対してだったのか、それとも我々の演劇の仕上がりに対してなのかが気になります。
高円寺さんが衣装をまとった僕を見て、
「馬子にも衣装ですね」
と言い、一触即発な感じになったのと、帰りの時間に大雨が降ったのと、白井がやたら鼻水をたらしていた以外は、おおむね平和な稽古でした。

12日(水)
ラスト稽古。
しかし、全員は揃いません(泣)。
仕事を終えた藤原君と横溝君のシベリア組が、遅れながらも駆け付けてくれました。
そして、セリフを間違いまくってくれました。
だけど、この二人はそれすらもおもしろく、みんな苦笑とかではなく本気で笑っていました。
要注目、かつ要注意です、こいつら。
糸井さんが風邪気味で途中退場しました。
あと数時間後には小屋入りです。
体に気をつけて乗り切りましょう。
ちょっと寝よっと。
おやすみなさいまし。

9/6(木)、7(金)、8(土)、9(日) 石岡 

2007年09月13日(木) 4時35分
明日、つーか今日、小屋入りなんですが、いまだ起きております。
書いたはいいものの、なんとなくアップしないでいた練習日誌がありまして、ぼんやりしてる間に白井さんに先を越されてしまいました。
もったいないので、今さらですがここに載せてみようと思います。
白井のやつと日にちがカブっているので、べつに読まなくてもいいと思います。

6日(木)
うーん、何をしたのか、まったく思い出せません。
まあとにかく、みんなで演劇の稽古をしました。
と、絶対に間違ってはいないだろうことをテキトーに書いてお茶を濁そうとしたのに、この日の稽古は台風で中止になったことを思い出してしまいました。
夕方近くに「中止」のお知らせを受け、降ってわいた特別休暇に気が動転、とりあえず家で寝転びながらテレビを観ていたら吉田君から電話が。
「今! 舞台のセットが飛ばされないようにぃ! 補強しに来てるんだけどぉ! ヒモって現場にあったっけっ!!?」
ものすごい風の音をBGMに、彼は叫びます。
そう、われらがタタキ場は屋外なのです。
「うん、あるよー。ご苦労さん、気をつけてねー。すごい心配やわ」
僕は、寝転んでテレビを観ながら答えました。
後日、タタキ場に行った人々は、人間業とは思えないほど頑丈に固定された舞台セットを発見したと聞きます。
本当にご苦労様。

7日(金)
みんなで演劇の稽古をしました。

8日(土)
朝から、仕込み監督の土居ちゃんと打ち合わせをしました。
一生懸命打ち合わせをする吉田君と土居ちゃん。
僕は、漢らしくメロンパンを食いながら、ほぼ無言。
テキパキと仕込みの段取りを決めて行く土居ちゃん(推定22,3歳)に、ふたりの漢たち(30ちょい)は圧倒されていました。

昼頃、打ち合わせが終わって、僕は吉田君とタモトを分かちタタキ場へ。
ペンキをぶら下げ、意気揚々と乗り込んだはいいものの、美術的センスのない僕はタタキでは全く役にたたない人材です。
「ちょっとそれ取って」
と言われたら取るぐらいの、タラちゃん並みの働きしかできません。
それでも一応パネルに色を塗ってると、白井さんや高橋さんがお菓子を勧めてきました。
手が汚れているので、口を大きく開けて上から落としてもらう、というキャバクラまがいのことをさせちゃいました。
キャバクラってこんなことするとこでしょ?
その後、自主休憩を取りすぎて、白井さんに怒られました。

夜は稽古。
照明さんや音響さんや当日運営の方々が来てくれたので、最初から最後まで通しました。
僕はセリフをまだ完璧に覚えてなかったので、台本を持ってやりました。
芝居をとめて、全体の流れを知りたいスタッフさんに迷惑をかけるわけにはいきません。
あとで吉田君に、
「あれ見たとき、『ああ、この人、精神的に負けてるなあ』と思ったよ」
と言われました。
その言葉に精神的に負けました。

9日(日)
みんなで演劇の稽古をしました。

チケット 

2007年09月12日(水) 7時54分
申し訳ないですが
16 土曜の夜が完売いたしました
当日券は若干数でます

その他の回はばっちりなので どうですか

9/7、  8 。 9 / 白井暁子 

2007年09月11日(火) 0時24分

ごめんなさい
全然覚えていません
たしか
台風がさった日です
吉田さんは無事に生きていて、どうやら芝居はできそうです



昼はたたきでした
朝からペンキを見つけられず
石岡さんにかってきてもらいました
佐伯さんと大坂ちゃんはきゃくえんさんなのに
舞台つくりまでたっくさん手伝ってくれて
ほんとにありがたいこってす
高橋典子はふつうに3時間くらいおそくきました

そのあと中野区の練習場へ
堀口くんが群馬からきて
人がそろいました
こんなに人がそろわない団体はありますか
野鳩というとこはそんなような

すたっふさんがいらして はじめて通し練習をしました
高橋さんが謎のてんぱりをみせていて
ああ 天才だわと思いました
堀口君は「お家にかえりたい」といって 群馬にかえりました。



たたきの最後の日
強力な舞台チーム3人がきてくれたので
朝からはかどりまくり
心配でしかたなかったものを 全て作ってくれました
その仕事ぶりったら
どうもありがとう
高橋典子は2時間遅れて到着

思いのほかはかどったので
軽井沢のようなカフェーへ行きました
あきらかに その場所の人たちでないことがばればれの
行動をとっていました

三人組は仲良く軽トラにのってかえってゆきました
かわいかったなー
私たちは杉並区の練習場へ
堀口君は群馬からやってきたようです
高橋さんは トイレにいきたかったのですが
練習場の鍵があかず 面白い顔になっていました
全員がそろう練習が最後の日でした
堀口くんは群馬に

土曜夜の回がもうそうとういっぱいです
それ以外の回はばっちりなので
きてください
月曜も祝日だから
日曜夜の回もいいんじゃないですか
どうですか

なにとぞ!

9月4日(火) 石岡 

2007年09月08日(土) 8時48分
こんにちは。
最近、大脳新皮質のはたらきが鈍っていて記憶がやばいんですが、がんばって書きます。

この日は平日で、就職組は来れない人が多いにちがいない、という予測のもと、稽古場の一番狭い部屋を取っていたのですが、やる気に満ちあふれた出演者達は2人を除いてほとんど来てしまいました。
やる気に満ちあふれているわりに、みんな疲れ切った顔をしていたのがおもしろかったです。
狭いお部屋は9人もの人々のやる気と体積で埋め尽くされ、たいそうな賑わいでした。
この調子で客席も埋め尽くされますように。

あ、まだ予約してないお客様、「料金変わらんから当日券を買おう」とか思ってると、満席になってたら入れませんよー。
…とか下手なアオリを入れてみましたが、あくまで一般論を述べただけなので、慌てて予約を入れて当日来たらガラッガラでも文句は言わないようにお願いします。

最近、長谷川君がやっと僕を人見知りの射程から外したのか、よく話しかけてくれます。
この日も「そのTシャツ、いいっすね」と、服を口実に接近してきたので、白井さんがいかりました。
「あたしの石岡君に馴れ馴れしくしないで!」
とは、あなたの予想通りまったく言わず、
「あたしという者がありながら、石岡みたいなもんと親しくすんな!」
と、ハセ君を叩きのめしていました。
ハセをめぐる三角関係の完成です。

最近、高橋さんがやっと僕を人見知りの射程から外したのか、よく話しかけてくれます。
それも若干、おちょくり含みの強気な感じで。
白井のバイオレンスが火を吹くか!?
漢の仕草、目が離せないぜ(下手なアオリ)。

9月1(土)  2(日)  3(月) 白井暁子 

2007年09月06日(木) 22時09分
こんにちは
インタネットができるようになりました
石岡さんには迷惑をかけてしまいました
なので
3日分かきます 思い出します

1日(土曜日)
たたき

うちのひとが石岡さんと私しかおらず
高円寺さんとちかちゃんが手伝ってくれました
ちかちゃんは、とってもいいこなんだけど
お菓子を
「うふふ、これたべてください」と
外のベンチに直接だすので
「あ、ありがとう っでもこれきたないよ!」と
何回いっても きくみみをもたなかったです

その後の 練習のことは
ごめんなさい覚えていません

2日(にちようび)
たたき

テキサスがきてくれる
わたしは
10分遅れます とめーるしたら
皆から わたしも10分 20分 とメールがきて
最後に 長谷川くんから
1時間おくれます とメールがきました
でも長谷川君は 遅刻したためにひどい目にあっていたので
もう遅れなそうな気がします

早めにきりあげ 渋谷のハンズに木材をとりに
白井 高橋 長谷川 でいきました
渋谷にやられ
木の重さにやられ 私はソトでインタネットをするために
パソコンと、なぜかタブレットまで背負っていたので
米(10キロ)並に背中が重く
渋谷駅の改札あたりで
ああ 死ぬってこういうことかな と本当におもいました

命からがら高円寺にたどり着き
3人でマックかって 木を運びながらたべました
長谷川君なんて拒食症なのに
2本ももってくれて たすかりました

そのあと練習
ごめんなさい 疲労であまりおぼえていませんが
音響のばうがきてくれたのと
群馬の方の顔がすごかったです


3日(月曜日)
下北沢にろりだんをみにいきました
石岡さんと ちょっとものをお借りしにいって
そのままたたきばに向かったのですが
ろりだんをみた石岡さんが
「音楽はええなあ やっぱり音楽やで!うちもミージカルやるで!
あっ あと映像もええなあ やっぱり映像やで! うちも使うで!
いやあ みんな うまいなあ
おれなんか まだまだや がんばらなあかんで」
とひとりごとでぶつぶついうので
石岡さんのこういうところ めんどくさいな
と心でおもいました
でも心で思ったつもりが口に出してしまっていて
その後気まずかったです

本日の台風で 屋外に放置してあるわたしたちの舞台の部品が飛ばされていないことをいのります
その舞台の部品に 重しを乗せに この台風の中でかけた吉田さんが
無事であることをいのります

18(土)、23(木)、24(金) 石岡 

2007年08月30日(木) 2時57分
なんか、練習日誌の日にちが入り乱れてわけわからんことになってますが、案外こういうのは読んでる人は気にしないものなので、わけわからんままに書きすすめましょう。

えーっと、まずは18日(土)です。
衣装の嶋田ちゃんが来て、一生懸命着物を着せてくれました。
デクの棒のように突っ立って、されるがままの僕たち男子役者。
棒より役に立ちません。
「これ、一人で着るのは無理やんなあ。本番前には着せあいっこしようぜ」
と、大坂秩加ちゃんに提案したところ、百点満点の苦笑いで返されました。
嶋田ちゃんは、「まいったまいった、バカには勝てん」と思いながら帰って行きました。
ありがとう。

稽古後、堀口君が群馬の新鮮野菜を持って来てくれていたので、みんなが飛びつき、血みどろの争奪戦が繰り広げられました。
野菜の前では人の友情など、もろいものです。
ありがとう、堀口君。
ちなみに、僕んちは、そろそろ米がなくなりそうです。

次は23日(木)。
この日は、安倍が稽古を見に来ました。
「石岡君の演技はすばらしい。ぜひ入閣しないかい?」
と言いましたが、そういう気分じゃなかったので断りました。
安倍改造内閣に僕の名前がないのは、そんなわけです。
「それにひきかえ、長谷川! お前の演技はなんだ! 石岡君を見習え!」
とも言ったので、絶望したハセ君は窓から身を投げて死にました。
吉田君はそれを見て大笑い。
笑いすぎて死にました。
この日は稽古が突然中止になったので、想像で書きました。
おのれの想像力の限界を感じます。

そして、24日(金)。
いつも稽古場には誰よりも早く来る高円寺さんが、腸炎でお休みでした。
この腸炎とは、前回の公演中にハセ君が発病してぶっ倒れたり、今回公演の稽古の最初の方に大坂ちゃんが発病してぶっ倒れたりした病です。
妙に潜伏期間の長い伝染病なのでしょうか。
「長」谷川、「大」坂、「高」円寺…。
患者は、名字の最初の文字が形容詞になる連中に集中しとる…。
このことから、次の感染者は白井か高橋だ、との予想が導かれます。
せいぜい気をつければいいよ。
そして、高円寺さんは、「早く良くなりますよーに」というみんなの願いを込めて、この日だけ「腸炎寺さん」と呼ばれました。
そんな、あたたかい劇団です。


あ、吉田ブログで、今回公演の役者紹介がこっそり始まっております。
漢の仕草に興味がある人は見てみて下さいね。

8月25日 白井 

2007年08月26日(日) 21時57分
こんにちは
ノーネットで大変不便です
なにが不便て、チケット管理と練習日記かかりのひとがノーネットなんて
意味がわかりません
前回分の日記は私担当だったけど、ユニホームのせいで家にかえれず
そのまますっかり忘れていました
ひどいです
せんしゅうの文は文のうまいいしおかさんにまかせます
先週は野菜をもらいました
あとはいしおかさんがかいてくれると思います

25日から
たたきとやらがはじまりました
たたきというのは
舞台をつくるって意味だと思います
たぶんふんいきで

12時に
ちかちゃん 佐伯さんがきてくれて
魔法のようなたたきがはじまりました
美術担当の大泉さんは
来週が本番のべつのおしばいの舞台をたたきっていて
いったりきたりでした

魔法で材料はそろいましたが
必要不可欠なはずの
丸のこ スケール カッターがないというスタートをきりました
買い出しにいったりきたり
墨汁をさがし、文房具屋をさがしもとめたり
そのうち
藤原君 石岡君 横溝君も
高橋さん長谷川くんもきてくれて なかなかの人数でした
すばらしい
めずらしいです
予想はしていたけど
佐伯さんの仕事っぷりにはめをみはりました
つぎつぎとkillものを探しては
きってくれました
「つぎ つぎ これきるよきるよ はあはあ」と刃物をにぎりしめ
とってもかっこよかったです。
そのあと
練習まで二時間ほど時間があったので
各自、家にいっかいかえったり したのですが
つるりさんがなぜか
「ガスト!ガストいこう!ガストでまっててね!」
とガストにいきたくてしかたない感じだったので
みんなでガストでまっていました
たかはしさんはドリンクバーをしんじられないくらい 堪能していてかわいかった
です
あれだけガストガストいっていた吉田くんは
席につくとしずかにたべ
「先いくわ」といっていってしまいました
われわれもぼうぜんとしながら席をたち
100均によるとたかはしさんは100均をしんじられないくらい 堪能していたので先にいきました

次の日もたたきだったのですが
まえの日12時集合で3時にきた長谷川君は
今日も3時にきました
「長谷くんおなかすいてる?」ときいたら
「あ おれ 立ち食いそば食べてきたからだいじょうぶっす あっ」
とちこくの理由をすべらしました
結局
糸井さん ちかさん 吉田さん てんさ  ん  はせくん わたし
で人数は激減したものの
ものすごいはかどりをみせてすばらしかったです

吉田さんはたたいてるけど本、だいじょうぶかな 
吉田さんがブログでこっそりやくしゃ紹介をはじめたらしいです