【 更新情報 】

スポンサードリンク

実際に眉毛を整えてみる

ではここで実際に、くっきりとした男性の眉毛の作り方を紹介したいと思います。実際問題、眉毛の手入れをしていない男性のほとんどは、眉毛がボサボサでびっしりと生えていると思います。この眉毛をきれいに整えるんはまず手始めに眉毛の間のむだ毛を毛抜きで処理していきましょう。鏡を見ながら1本ずつ抜いていきます。安全カミソリなどで剃ってしまう人もいますが、ここを剃りすぎると大変なことになりますし、剃るよりも抜いた方がマイルドな印象を与えるのでベターでしょう。ちなみに男性の眉毛を整える上での基本は、目尻の位置に眉山を持ってくることです。女性のようにアーチをつけるよりは、直線的な眉毛を作った方が男性らしい印象を与えます。まず眉毛全体を眉毛コームで毛の流れを整え、眉毛の上部分からハサミでカットしていきます。まとめてカットすると失敗するので、1本ずつカットしていきます。ここも安全カミソリを使うと失敗する可能性があるので素人は手間が掛かってもハサミが無難です。眉毛の下部分も同様に丁寧にハサミでカットしていきますが、ここで注意したいのは眉毛の下の部分と目の間隔を空け過ぎない、ということ。空けすぎると精悍なイメージが損なわれます。基本的にはこれで完成しますが、大切なのはじっくり時間をかけてハサミと毛抜きで整える、という点です。安全カミソリでやりたくなる気持ちはわかりますが、100%失敗します。大人が眉毛を剃り落としてしまうのはシャレになりません。くれぐれもハサミを使うようにして下さいね。

眉毛で顔の印象を変えてしまう

眉毛は唇や目、鼻などに比べて地味なパーツと言えると思います。しかし眉毛1つで顔の印象をガラっと変えてしまうことはお分かり頂けると思います。しかも男の人は女性のように毎日のメイクで眉毛に気を遣う、ということがないので、逆に考えるときちんと手入れをされた眉毛は好印象を与えることが出来ると思います。女性に限らず、男性も眉毛の整え方や剃り方を覚えることによって自分の印象を高めることができます。例えば顔が平面的で凹凸が少ない人の場合、眉山に角をつけたり、濃い目に眉毛を残して他の部分を短く切ることによって彫りの深い顔立ちに近づけることが出来たりします。幼い顔立ちの人場合、眉毛を細めでゆったりとしたアーチを描くような形に整えると大人っぽい表情にすることが出来ます。このようにちょっと眉毛の整え方を意識するだけで与える顔の印象はグッと変わってくるのです。これを利用しない手はありません。顔は初対面で1番始めに目に入る部分、しかも視線を合わせれば目の周りに視線が集中します。つまり目元の印象が顔の第一印象を決定します。そして人の印象というのは第一印象でほぼ決まってしまい、それを覆すのは非常に難しいといわれています。眉毛をきちんと整えることだけで第一印象を上げられるのであれば、これはやらない手はありません。

眉毛サロンで整えてみよう

先ほど少し触れましたが、最近は眉毛の手入れを専門に行う「眉毛サロン」というお店も増えてきました。眉毛サロンは女性だけのものと思われがちですが、別に男性が行っても問題ありません。意外に最近多いのが、年配の男性の姿ですね。若い頃に床屋で眉毛を整えてもらっていた男性が、髪の毛を切る場所を美容院に替えることによって放置された眉毛を整えてもらっているみたいですね。アンチエイジングという意味でも一部の男性の間ではもはや眉毛を整えることは常識となっています。最近では眉毛サロンで眉毛の脱色を行う人も多いようですね。確かに髪の毛を茶色や金色といった明るい色にすると、眉毛があまりに黒々としていると非常に違和感があります。その為、眉毛サロンできれいに眉毛を脱色したり、染めたりしてから整える人が最近ギャル系ファッションの男女を中心に多くなっていますね。逆に、眉毛の育毛、というのもあります。欲しい部分に眉毛が生えてこない人のために、育毛剤を塗って眉毛を生やす、という方法です。効果のほどは定かではありませんが・・・。どうしても自分で眉毛を整えたい人は、眉毛プレートを使って眉毛を整えることをオススメします。女性用の眉毛プレートを男性が使っても問題はありませんが、くれぐれも細くし過ぎないようにして下さいね。男性が眉毛を剃る場合、大抵に人は細くし過ぎてしまいます。ほどほどに整った眉毛がいいのであって、決して細ければいいというものではないので、注意が必要です。

眉毛の手入れはプロに任せる

いずれにしても、眉毛を整えるのはプロに任せることをオススメします。眉毛をカットしたり、剃ったりするのは意外に難しいです。眉毛の整え方や剃り方をきちんとマスターしている人は少ないのではないでしょうか。下手な人が無理に眉毛を整えようとすると、大体は形がおかしくなってしまいます。男性は特にそうなりがちですね。女性は比較的若い頃から眉毛を整えたり描いたりという事をしていますので、そうそう致命的なミスは犯しません。しかし男性はひどい人になると工作用のはさみで切ってみたり、髭剃りで整えてみたりして、眉毛が妙な形になってしまう人もいます。眉毛は目と同じく、第一印象を決定付けてしまう重要な部分です。眉毛の剃り方や整え方を失敗すると、顔全体の印象が変わってしまいます。というわけで、眉毛は美容院や床屋、眉毛サロンのようなところで整えてもらうのが1番です。特に男性の眉毛は、顔の骨格に合わせて整えるものとされています。ほんのわずかなラインの違いや眉毛の長さの違いが人に与える印象を大きく左右しますので、営業マン等人前に出る仕事の方などはぜひ1度プロに本格的な眉毛の手入れをしてもらうと良いでしょう。美容院などでは追加料金1000円程度でやってくれることが多いですね。

眉毛の剃り方、整え方を知る

眉毛を整えることは、もはや男女共に常識となりましたね。以前は眉毛を剃ったりカットしたりするのは圧倒的に若い女性でした。しかしそれが年齢を問わず女性全体に浸透し、その後若い男性も眉毛を整えるようになりました。今や眉毛の手入れは30代、40代くらいまでの男性ならやっている人は多いのではないでしょうか。しかし、実は男性の眉毛カットは古くから普通に床屋さんで行われています。顔を剃ってもらう時に、繋がっている眉毛の真ん中を剃ってもらったり、太い眉毛の下や上を剃ってもらう事はよくありました。最近の男性は年頃になると美容院に行ってしまうので、あまり経験はないのかもしれませんね。都心を中心に流行っているクイックカットの床屋さんで顔剃りはないですしね。床屋さんは顔剃りだけでもやってくれますので、床屋さんの眉毛カットや眉剃りを経験したことのない方は1度経験してみることをオススメします。ひげや産毛はきれいさっぱり剃り落としてくれますし、眉毛も美容院とは違ったシャープな形の眉毛に整えてもらうことが出来ます。キリっとした眉毛を作りたい方には絶対的に美容院がオススメです。格闘家の魔裟斗さんの眉毛に憧れる方が多いようですが、魔裟斗さん風の眉毛は美容院でやってもらうよりも床屋さんでやって貰った方がイメージ通りになる気がしますね。
P R