ピーちゃんがほのか

December 05 [Mon], 2016, 1:11
インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用を払いきれるかどうか心配になる方もずいぶん見受けます。


クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどの名前をつけて独自の分割払いを取り入れた便利な歯科医院も多くなってきました。

手もちの資金が十分でなくても、インプラント治療の開始は実現できるようになってました。
インプラントならば、他の人工歯と比べても自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはこの治療の良さでもあるのです。



ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているためはなくあごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムと伴に歯が取れるというトラブルはまずありません。人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強度を備えています。


キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口の臭いが気になるようになったケースが割と少なくないようです。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。この原因としては、インプラントと隣の歯の間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているケースもあり得るのです。そのようなケースでは、放っておかずに診察を受けてちょーだい。インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応し立ためで時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。


ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、速やかに歯科医の診断を受けることを忘れないでちょーだい。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、歯科医の指導に従い、メンテナンス(保守や点検、整備などをいいます)を欠かさなければ本来の歯同様の耐久性を得られると考えていいようです。要するに、メンテナンス(保守や点検、整備などをいいます)がしっかり行われていれば長い間自分の歯と同じように使えますが、日頃のケアが行き届かないと取り返しのつかない事態が起こってしまうということを忘れてはいけません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuushin
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/otjiordenynceu/index1_0.rdf