プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:othpbjzelpjpzd
読者になる
2010年08月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
【調査】2015年までにモバイル通信費が固定ブロードバンドを超える / 2010年08月05日(木)
 米国の市場調査会社Pyramid Researchは8月3日、米国内における年間モバイル支出は、2015年までに全固定電話通信費を上回るだろうという予測を発表した。なお、ここでいう固定電話通信にはエンタープライズ・サービスは含まれていない。

 専用線やそのほかのハイエンド業務用サービスを除いたコミュニケーション・サービスに対する米国内の支出額は、2010年の3,620億ドルから2015年には4,102億ドルへ増加する見込みだと、Pyramidのアナリストであるオズガー・アイター(Ozgur Aytar)氏は述べている。

 2010年は通信費の54%がDSLやケーブル・インターネット、TVおよび衛星などの有線サービス料金で占められており、モバイルに支払われた割合は46%となる。だが、2015年までには、モバイル支出が全体の51%へ跳ね上がり、有線接続費は49%に落ち込む可能性があるという。

 モバイル・データ・サービスが全面的に有線ブロードバンドに取って代わることはないが、こうした予測から、スマートフォンやそのほかの携帯デバイス、もしくはマシン間のワイヤレス通信向けサービスの人気が高まっている現状が見えてくる。モバイル通信の大部分がデータ・サービスであり、同分野の売り上げは、2015年には今年の560億ドルの約2倍にあたる1,070億ドルに達するだろうと、アイター氏は話している。

 また、固定ブロードバンド回線データ・サービスの売り上げも2015年までに低い水準で増加し、2010年のおよそ320億ドルから480億ドルへ上昇すると考えられている。PyramidはVoIP(Voice over Internet Protocol)の収入も増加し、2015年末までには240億ドルにおよぶと予測している。

(Stephen Lawson/IDG News Serviceサンフランシスコ支局)

【8月5日14時23分配信 COMPUTERWORLD.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100805-00000002-cwj-mobi
 
   
Posted at 16:00/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!