サイガーと笹谷

January 13 [Wed], 2016, 23:48
探偵業者を使って浮気調査をしてもらう場合、交際関係や立ち寄り先など細かいことでも伝えておくと、料金請求時に安く済むでしょう。


わかっていることまで探偵に調べさせると、浮気の確証を得るまでに余計に時間も費用もかかってしまいます。
そばにいれば気付くことも大いにあるはずですし、とりあえず記録や観察に努めるのが良いと思います。


探偵社には調査報告書というものがありますが、記載事項はだいだい同じでも形式が定められているわけではありません。


とはいえ、離婚調停や裁判所の審判が必要なときにの利用を考えているなら、なんでも証拠になるというわけではないので、元々の調査がしっかりしていて記載の要領も良い報告書でなければ価値がないわけです。
あとでどういった形で調査報告書を使いたいかを考慮し、依頼する業者を選別しなければなりません。不倫調査で興信所を利用するなら、標準的な価格相場ぐらいは調べておいたほうが良いです。
個人情報を元に違法な請求をふっかけてくる事業者もあるからです。また、安価な価格設定で顧客を誘い、諸経費やレンタル料などを請求したり、追加料金で底上げした高額な請求をつきつけられることもありますから、依頼する前にオプションを含む料金体系を、しっかりチェックしておかなければなりません。浮気が判明したら、代償として慰謝料を求める権利があります。


ただ、当人たちだけで話し合うと、感情的な理由が根本にあるためか、なかなか話がつかないことが多いです。
もめ方によっては訴訟になる場合もあるため、手に負えない気がしたら弁護士に相談して、無理のない問題解決を図ると負担も軽くなるというものです。

興信所、探偵社というものの中にはとんでもないインチキな会社も存在するので、依頼するなら事前に情報を集め、堅実な会社に依頼すべきです。ところで、不倫調査を依頼しても、きちんとした裏付けを取るのに必要な時間というのは、幅があります。



調査費用、所要期間(時間)等については、わかるまでよく説明してもらった上で契約するというふうに、一定の段取りはとるべきです。
いざ探偵を頼もうと探してみると、想像以上の数が出てきて驚くのではないでしょうか。

人気や評判を元に選ぶと失敗が少ないです。ネットを活用すれば、各探偵業者の利用者のクチコミが出てくるはずです。


居住地の近辺で総合評価が良い事業者を選び、依頼すれば、調査もしっかりやってくれるでしょうし、しっかりと浮気の証拠を押さえてきてくれるでしょう。本人が知らないうちに、誰もが浮気していると分かるような証拠を手にするためには、しっかりした機材と技術が必要になります。



浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、顔が見分けられないような露出不足だと証拠として扱われません。
浮気調査を探偵が依頼されたときは、用途に適するサイズのカメラも用意し相手が知らない間にはっきり判別できる写真を撮ります。不倫をやめた原因として最も多く、説得力があるのが、パートナーにバレたからというものです。

ただ、一般人が自力で不倫の証拠を押さえるというのは難しく、気分的にも良いものではありません。

最初から興信所や探偵業者などのプロに不倫の調査を依頼する方が、確実性があるというものです。そうは言っても、これは疑わしいと気付くのは、一番近いところにいる人でなければできないことです。配偶者に浮気をしていることがバレたときは、必ずというわけではありませんが、慰謝料が発生すると思っていいでしょう。浮気の証拠を提示されてしまえば、言い逃れはできないです。

その場合、慰謝料の相場が分かれば気も楽ですが、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでと千差万別です。

自分に払える額でなさそうだったら、分割期間の変更や減額を頼んでみるのも良いでしょう。

普段は浮気と不倫の違いなんて気にすることがないでしょう。浮気と違って不倫は、「配偶者がいる」のにもかかわらず、肉体的な交渉がある場合をさします。

不倫であればパートナーとその交際相手に慰謝料の支払いを求めることができます。先回りして探偵に依頼して浮気の確かな証拠を入手し、賠償請求を相手に突き付けることにより冷水を浴びせかけ、すっぱり手を切らせるという手もあります。

探偵に不倫調査をしてもらったあとで、追加で料金が必要になることもあるようです。契約書を見てみると、まともな会社であれば、別料金を含む料金の算定方法が書かれています。
このことからも、契約書をよく確認することは欠かせないのです。説明を聞いてもわからなかったりしたら、きちんと契約前に確認しておくのも大事です。配偶者の不倫に気づいても、相手が警戒しているときは、不倫の証拠を自分で見つけることは現実的ではありません。とはいっても、証拠を掴んでいれば離婚にしろ慰謝料請求にしろ、話を進展させるうえで役に立つでしょう。これは浮気しているなと気づいたら、裏付けをとるよう探偵社に依頼すると良いのです。



ある程度、費用は必要ですが、二人で一緒に写っている写真や動画といった、あきらかな証拠が得られるでしょう。


不倫の問題を相談するなら弁護士に相談するようにしましょう。

離婚したいと思うのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと思うのかを考えてから相談しましょう。
もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵や興信所に相談しましょう。女性の場合だと、近所の奥さんや友人を相談相手にしてしまう人も多いものですが、噂されたくない場合には、絶対にいけません。
興信所と探偵。

実は両方とも同じ認可で行われるので、業務内容も同じだと考えていいでしょう。離婚請求の理由として向こうの不倫をあげるのであれば、第三者にも浮気が分かるような証拠が是非とも欲しいところです。


もっとも、素人が考えるほど証拠取りは簡単なものではありませんし、ちゃんとしたノウハウを持った業者に頼むほうが離婚する際に、手間も時間も節約できるでしょう。仮に離婚しなくても、慰謝料請求の根拠にもなりますし、再発防止に役立ってくれることでしょう。

探偵は依頼するのにお金がいりますから、自分で尾行してしまえと思う奥さんもいるみたいです。



簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、いざ、自分がしてみると相手に悟られず尾行をするのは簡単じゃありません。


相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。相手の非を認めさせるには確実な証拠がいるので、迷わず探偵に浮気調査をしてもらったほうが得策です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リュウセイ
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/otetertnolbhtg/index1_0.rdf