まさるのロビンソン

April 19 [Wed], 2017, 22:58
ワキガとかって自分には関係ない話だと思っていたんですけどもしかして自分が気が付いていないだけで、周りはひどい迷惑がっているとしたら落ち込みます。
でもなぜ自分では気が付かないのか?なんでだろ?こういうことを考えている人は多いみたいでいろいろネットに出ているけど、もっとも的を得ている答は「嗅覚が疲労する」ことらしくて、つまりは、長い間嗅ぎ慣れている同じ匂いには鈍感になって行くのだそうです。


他人の家に入るときに感じる特有のにおいも、他人は敏感に感じ取ってもその当事者にとっては毎日嗅いでいる同じ匂いなので、とっくに慣れてしまっているので匂いとして鼻が感じ取っていないということなのかもしれません。


このことが自分だけわからないワキガの厄介な理由なんです。
ガイドラインにおいてメンズクリニックなどの美容外科での治療費の広告料金はごく一般的なものであるようにとされていますが、広告を見た利用者が美容クリニックに行った時になってからこの広告の治療では効果が少ないと言われさらに高い金額の施術法を提示してきた場合は医療広告ガイドラインに背いている違反広告の可能性があります。景品表示法上の問題があると言えます。


近年急速に伸びているネット広告などにおいても、や美容外科は俗に時に整容外科、形成美容外科などとよ荒れることもあって、一般的にその手術方法は整形手術などと呼ばれていますが本来は美容外科手術と呼ぶのが正しいそうです。尚、美容整形と整形外科は区別する必要があります。体の機能上の変形などを取り扱っていることからまれに美容外科で施術を受けた患者が不満を持ってすがるような思いで形成外科の相談窓口を訪れるケースが多く診療の大前提であるインフォームドコンセントが不十分なケースも少なくないそうです。


意を決してカウンセラーに相談してみたときにそのカウンセラーの男性は今まで言えなかった男性ならではのこの悩みを親身になって話を聞いて考えてくれた。ぼくのその悩みとは頭のハゲについて治療にはいくらくらい必要かを教えてほしかったのです。現在は一般的になってきたいわゆるEDというやつは、それを治すとなると販売からもうずいぶん経つもうed薬として定着しているシアリス、バイアグラとかいう飲み薬などで、おもに毛細血管を拡張する働きなのでニトログリセリンなどとは併用できないので医者から処方箋を貰わないと購入できない仕組みになっています。



昨今ではメンズ・レディス問わず美容外科医院のCMや広告を目にする機会も増えた。それに同調するかのように美容整形や包茎手術などの実体験を扱うTV番組も現れ、メディアはしきりにこれらの美容外科ブームをあおってさほど経済的に余裕のない大多数の人々にも美容整形をさせようとして見える。



今この業界全体で、メディア、雑誌ネットなどを使って安さを強調して広告する傾向にありますけど、この様な広告は景品表示法、医療法からも問題があって、医療法の広告ガイドラインでは、費用を強調した広告を禁止していて、健康保険の適用されない自由診療の医療機関の掲げられる広告は医薬品医療機器等法の承認を得た医療器を使用した施術や保険診療と同等の治療窓の限られます。バイアグラの成分は1990年代の初めに研究開発が海外で始まったものだがその結果は決していいものではなかったとの記録が残ってます。

そのため研究開発は暗礁に乗り上げ、中止する方向で決まっていたが、その決定を残念がる被験者が不思議と多かった。そのときはじめて気が付いたことがわずかだが男性の陰茎への勃起作用が適応症と言うことで認可された。
今だったら包茎手術受けられるくらいの金はあるけど果たしてどこに行ったらいいのだろうと考え込んでしまった。



費用は少しでも安い方がいいとは思ったけどどう調べようかとも思ったけど、ちょうど週刊誌でこの手の問題が特集されていた。



それによると保険の効く症状かそうでないかの違いがあって、重い新生包茎やカントン包茎といわれるような早期に治療を要する状態だったら保険医療機関、例えば泌尿器科などで施術を受ければ普通に保険が効くのですが、コンプレックスからどうしても治したいと思ったとしても仮性包茎の場合はいわゆる「保険外診療」という扱いになって、美容外科等の自由診療機関で治療を受けることになる。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リオ
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる