頭痛の症状と知覚過敏の症状が共に出ている場合は、 歯ぎしりが原因

June 11 [Mon], 2012, 16:08
頭痛の症状と知覚過敏の症状が共に出ているという場合は、
おそらく歯ぎしりが大きな原因なのかもしれません。


歯ぎしりのない人より、歯ぎしりをしている人が、
頭痛が起こりすいようです。


男性よりも、女性のほうが歯ぎしりが原因の頭痛で
辛い思いをしていると言われています。


知覚過敏も頭痛も持っていても、歯ぎしりは
全くしていないという人もゼロではありません。


とはいえ、それは自分が知らないだけで、眠っているときに歯ぎしりを
してしまっているかもしれませんので、家族などに確かめてみましょう。


頭痛が重症の場合、群発頭痛を患っていることも
調べてみたほうが良いかもしれません。


群発頭痛とは、目の奥側をえぐられるようなひどい痛みがあるもので、
その痛さといえば目玉が大きな針によって突き刺されたのと同じ
くらいだと表されることさえあるくらいです。


目の激痛だけでなく、歯痛もある場合がありますが、この歯の痛みを
知覚過敏からくる痛みであると理解してしまう人もいます。


頭と歯の両方が痛いから知覚過敏だろうと判断したとしても、
最適な治療の方法を探すことはできません。


群発頭痛をなくすには、頭痛の治療が必要ですが、普通の頭痛よりも
患う人は数少ないということもあって、ちゃんとした知識を持った
専門医に診てもらうことが大切です。


頭痛外来を用意している病院で診察を受けたりして、
適した治療方法を探し出しましょう。



髪が薄くなり白髪染めが心配|これ以上染めたくない40代からの白髪ケア


良くならないなら違う医療機関を 受診したほうが無難

June 10 [Sun], 2012, 21:44
知覚過敏になったことによる痛みは、冷えたものや熱いものを
食べた時に感じるもので、キーンとした痛さと言われます。


しかしながら、痛みの原因についてははっきりわからない人も
けっこういるのではないでしょうか。


食べているときはずっと痛い、睡眠を妨げるほど痛いという
ときには、知覚過敏の症状が悪化している危険性もありますが、
他の原因も考えられます。


大体において、知覚過敏の痛さは、何かが歯に接触したり、
冷えた物や熱い物が接触している際に生じるものです。


しかしながら、寝ようとしているのに痛みで寝ることが
できないときには、虫歯の可能性もあるので、
歯科医での診察が必要です。


ただ、医療機関を受診しても、一安心できない
ケースもあります。


そのわけは、正確な診断ではないことも想定しておく
必要があるためです。


ときたま、医師に診てもらった結果、知覚過敏と分かって治療を
しているけれど、改善が見られず、眠れないような痛みが
続いているということがあるようです。


そうした場合は、一端別の歯科医に見せたほうがいいかもしれません。


各医療機関で治療のやり方には差が出ますが、他のところであれば、
即座に効果が現れる治療の方法を行ってくれるかもしれないからです。


日々の暮らしに支障をきたすくらいの痛みがある人は、
それを相談してから、それでも良くならないなら違う医療機関を
受診したほうが無難でしょう。



わき毛を剃ると肌が黒ずみ 抜くとブツブツ鳥肌になる20代女性の改善策


知覚過敏を防ぐことに重要ポイント

June 09 [Sat], 2012, 22:07
通常は、知覚過敏の痛みが現れてから治療を考えるものですが、
可能なら予防したいものです。


予防につながる大事な点は3点挙げられます。


まずは、歯ぎしりをしてしまったり噛み合わせが正しくないなら、
それらを改善するということです。


そして、間違いのない歯磨き方法をマスターし、歯に余分な負担を
かけずに健やかな歯を保持させるように心がけましょう。


最後に、食べ物や飲み物に注意するということが、
知覚過敏を防ぐことに重要ポイントと言えます。


口にする食べ物や飲み物に配慮するということは、熱い物あるいは
冷やされた物を摂取しないようにするということを
言っているのではありません。


肝心なのは、酸を多く含む食べ物や飲み物をあまり多く摂らない
ようにするほうがよいということです。


一例を挙げると、お酢や炭酸が入っているものや、スポーツ飲料
やワイン、さらにフルーツなどには、歯を柔らかくする作用が
ある酸が多く入っています。


お酢やフルーツというのは、健康に気を使っている人であれば、
誰でも進んで吸収したがるものになりますが、そのようなこともあり、
健康を考えている人には知覚過敏の人が多いという話も有名です。


酸性が豊富に入っている食品を食べるなら、なるべく時間をかけずに
飲んでしまうことをおすすめします。


これだけでは対応としては十分ではありませんので、食事が済んだら
口をすすぐ習慣を身に付けて、歯に酸が蓄積しないように
対処するといいでしょう。


晩酌の習慣があると、お酒の酸によって知覚過敏が
引き起こされる場合もあります。


眠る前には飲まないようにしたり、お酒を飲んだ後には
水で口をすすぐなどして対策を取りましょう。



五十肩の痛みが取れて腕が上がる治療方法と肩関節鏡視下手術の体験談