まりえってぃのあずき

May 10 [Wed], 2017, 10:48
寒くなると湿度が下がるので肌の水分も奪われがちです。
潤いが肌に足りないと肌トラブルの要因となりやすいのでケアが必要です。
乾燥による肌荒れ(生活を改善することが何よりも大切でしょう)やシミ、シワなどを予防する為にも保湿・保水といったケアを普段よりしっかりとおこなうようにして頂戴。冬の肌のお手入れのコツは乾燥から肌を守ることが大事です。

スキンケアには順序があります。
もしその順番が間違っているなら、効果が得られないかもしれません。



洗顔のあとは急いで化粧水で肌の補水を行います。

美容液を使う場合は基本である化粧水の次に使いてください。


その後は乳液、クリームという順番で、肌にしっかりと水分を与えてから油分の多いものを最後に持ってきて、肌にフタをするのだそうです。

毎日使うスキンケア化粧品で重要なのは、肌に刺激を与えるような成分をできるだけ含まないということが一番のポイントです。

例えば保存料などは大変刺激が強くかゆみや赤みを引き起こしがちで、どのようなものが使われているのか、充分注意してください。CMや値段に惑わされず自分の肌に最適なものを選ぶことが重要です。洗顔の後の保湿はドライスキンを予防・改善する上で必要なことです。これを怠ることでますます肌を乾燥させてしまいます。


そのほかにも、クレンジングやメイク用品も保湿力のあるものにする必要があります。ほかにも保水にいいといわれる入浴剤をおふろに入れたり、熱いお湯を使わないというのもドライスキンに効果があります。



美容成分がたくさん含まれている化粧水や、美容液を使うことで保水力をアップさせることができます。スキンケアに使用するには、コラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸などの成分が含まれた化粧品を使用することをお薦めします。血流を改善することも併せて忘れてはいけないことですので、ストレッチや半身浴、ウォーキングなども行って、血流を改めて頂戴。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rio
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる