あにかん@第5話 

March 30 [Wed], 2005, 18:30
SSO13話
先にテレビ欄よんでおけばよかった・・・。

最終回だった

展開的におかしいなーとは思ってたけど、まさかゴールデンで1クールとは・・・。
さすが角川お金持ってますね!40周年の記念作品だからかな。
ということは、漫画も3巻ぐらいで終わりそうだな、次の巻かもしれんけど。
1クールのアニメとしては良い出来だったと思います。
せめて2クールは頑張って欲しかったなぁ・・・。
しかし、次はムシキングか・・・。
これこそいらない番組だな

あにかん☆第4話 

March 27 [Sun], 2005, 19:41
久々のあにかん!

なんつーか、AIR終わりましたね。
終わりました。
ゲームよりはすごいとは言わないけど、ゲーム並にすごい完成度ですた。
『青空』がかかってちょっと泣いちゃったよ☆
終わりーって出て、次回予告きてびびったけどネ!
総集編とか何とか。
13話目の枠あるならもうちょっと伸ばせばよかったのに。
総集編はどんな感じになるのかな〜、次のアニメが、どうでもいいガンガン系だったか。
やれやれ・・・(・∀・)

舞-HiME25話!
ついに、なつきとしずる消滅。
みゆがなんかパワーアップしだすし。
モードとかあるのーーー!?という感じだったけど。
残るは、舞と命だけかー。
命死んだら、れいとも死ぬのかな。
意外と舞が消えたり。
一番意外だったのは、デュランでかくなりすぎだろwwww

SSO12話。
んまー、あれだなー、地球連合艦隊きて回収されて
船直すと同時に、人員が増えるのかな。
あくまで、学生ONLYなのかなー。
タイトルだけの予告だから気になってしょうがない。

あにかん@第3話 

March 16 [Wed], 2005, 18:31
ありえん。
ありえん。
ありえん。
ありえん。
ありえん。
ありえん。
ありえん。
ありえん。
ありえん。
ありえん。
SSO見逃した_| ̄|○

あにかん@第2話 

March 15 [Tue], 2005, 15:50
舞HiMEついに最終回っぽいですが、本当に最終回なのか不安になてきた。
実は26話とかいうオチはありませんよーに。

今回のあにかんでは来期アニメについてチェックしたいと思いますー。

注目してる作品は

極上生徒会@少女アニメで萌えアニメではないとスタッフのコメント
フタコイ-オルタナティブ-@言うこと無し
スピードグラファー@面白そう、期待
こみっくパーティーrevolution@東鳩みたくなりそう

一応見るけど飽きちゃいそうな作品

エマ@漫画は面白いと聞くが・・・。
IZUMO@所詮エロゲーだし。
創聖のアクエリオン@マクロス作った監督ということでやや期待。
EREMENTAR GERAD@お情け
アイシールド21@漫画は面白いが。どうだろう。
バジリスク@お情け

AIRは残すところ2話
話数の少なさから原作とまではいかないけどいいレベルだと思う。
ここでスポンサーの心をつかめれば、CLANNADアニメ化も夢じゃない?
って、今確認したけど、舞-HiME、26話が最終回じゃねぇかよ・・・_| ̄|○
無事に完結してくれることを祈るばかり。
そういえば、サンライズのアニメは24話じゃなくて26話で終わらせるよね。
或いは52話か。1クールを13話としてるのかな。
あとは、4クールだと嬉しいSSOに期待。
来期はあまりいいのないからSSOぐらいかなぁ。

まあ、なんだ、ついでだから書いてしまうけど真日3月15日の日記の補足。
8時間近く何のアニメみてたかというと、カレイドスター(新たなる翼)を見てました。
カレイドスターは面白すぎ!すぎっ!すぎっっ!
もう、燃えるよ、スポ根だよ。神だよ神アニメ。
夢とか希望とか大切なんだなーと思いました。
51話のレイラの最後の台詞にホロっときちゃったよ。
翼は夢!そして空へ!

黒鷺死体宅配便 

March 09 [Wed], 2005, 20:49
漫画名『黒鷺死体宅配便』
作者『画:山崎峰水 作:大塚英志』
出版社『角川書店』
雑誌『エース系統』
備考『現在4巻迄発売 最新刊発売日予測不能』

独断と偏見による評価(10段階)
ストーリー     /★★★★★★★☆☆☆
キャラクター   /★★★★★★☆☆☆☆
画力      /★★★★★★☆☆☆☆
グロ度    /★★★★★☆☆☆☆☆
オタク度   /★★★★★☆☆☆☆☆
総合    /★★★★★★☆☆☆☆

独断と偏見によるコメント
死体と会話ができる主人公唐津を筆頭に、死体を発見するダウジング、宇宙と交信する能力、エンバーミングと呼ばれる死体修復の技術、ハッキングといった能力を持つ仲間と様々な死体と会話して事件を解決していく。
キャッチコピーは、『依頼者は死体です。』

ストーリーは、なかなか面白い。ジャンルはミステリー漫画。弱ホラー漫画。
キャラクターは、独特なんだけどちょっと薄い。今後に期待。
絵は、そこそこ綺麗。
題名からして死体と入っているので、毎回死体がでてくるのでちょっとグロ度は高め。
雑誌がコロコロ変わる上に、マイナーなのでマニア向け。
総合的に見て、あんまり高くないのは独特の雰囲気とマニア向けであることから低めにした。
個人的には好き。

好きな場面『特になし』
欠点『マイナー』
こんな人にオススメ『コアな漫画好き、ミステリー好き』

みなみけ 

March 09 [Wed], 2005, 20:17
漫画名『みなみけ』
作者『桜場コハル』
出版社『講談社』
雑誌『週刊ヤングマガジン』
備考『現在1巻迄発売 最新刊7月頃発売?』

独断と偏見による評価(10段階)
ストーリー     /★★★★★★★☆☆☆
キャラクター   /★★★★★★★★★★
画力      /★★★★★★★☆☆☆
萌え度    /★★★☆☆☆☆☆☆☆
オタク度   /★★★☆☆☆☆☆☆☆
総合    /★★★★★★★★☆☆

独断と偏見によるコメント
ハルカ、カナ、チアキ、南家(みなみけ)の3姉妹が贈るワンダフルまったりショートストーリー。というわけです。それ以上もそれ以下でもない。
伝説の小学生漫画、今日の5の2を書いた桜場コハル先生の作品。

ストーリーは、まったーりしてる感じが好き7点。ちょっとシュールなあたりが良い。
もう少し点数あげたいが、マターリ系を見てるとあずまんが大王の二番煎じにみえる。
キャラクターが生きている。最高に生きている。満点。
画力は、ムラがなく安定していて綺麗。
萌えーーーはないね。
そんなにオタクっぽくない、マターリしてますから。
好き嫌い別れそうな作品だけど万人向けなので総合店も高めの8点。

好きな場面『全部好き』
欠点『あずまんが大王を思い出す・・・』
こんな人にオススメ『マッタリ漫画好き、万人向け』

D.C〜ダ・カーポ〜 

March 09 [Wed], 2005, 20:00
漫画名『D.C.〜ダ・カーポ〜』
作者『たにはらなつき 原作:CIRCUS』
出版社『角川書店』
雑誌『エース』
備考『全2巻 続編が4月中旬に発売 アニメ見るかゲームやってないとサッパリ』

独断と偏見による評価(10段階)
ストーリー     /★★★☆☆☆☆☆☆☆
キャラクター   /★★★★★★☆☆☆☆
画力      /★★★★★★★★★☆
萌え度    /★★★★★★★★★★
オタク度   /★★★★★★★★★★
総合    /★★★★★☆☆☆☆☆

独断と偏見によるコメント
あらすじー・・・は、ゲームやるかアニメ見てくれ。
ゲームやるかアニメ見ない限りは買わないと判断するので、あらすじは飛ばし。
(この漫画にあらすじもクソもない)

ストーリー?所詮二番煎じなんだYO!
エロゲということもあって、ツボを押さえた人選。
絵はすごい綺麗。ゲームよりもいいかも綺麗。
ことり萌え(*´Д`)ハァハァことりタン(*´Д`)ハァハァことりタンがいるから満点。
レムは嫌いだから、最後は本破ろうかと思った。
上記も書いたとおりオタクのための本なので満点。
絵で買う人もいそうだけど、そんな人はご愁傷様。
ことりが一応メインだったので総合は5点。本当なら3点だよ・・・。
頼子さん出てたら、6点。気配すらなかった。なめてんのか。

好きな場面『ことり出るところ全部』
欠点『二番煎じ』
こんな人にオススメ『ゲームやったかアニメ見た人』

EREMENTAR GERAD 

March 09 [Wed], 2005, 19:25
漫画名『EREMENTAR GERAD』
作者『東まゆみ』
出版社『マックガーデン』
雑誌『ブレイド』
備考『現在7巻迄発売 最新刊3月10日発売 4月からアニメ化』

独断と偏見による評価(10段階)
ストーリー     /★★★★★★☆☆☆☆
キャラクター   /★★★★★★★☆☆☆
画力      /★★★★★★★★★☆
萌え度    /★★★★★★☆☆☆☆
オタク度   /★★★★★★★☆☆☆
総合    /★★★★★★★☆☆☆

独断と偏見によるコメント
盗賊だった主人公クーは、盗んだ財宝の中に大きな箱を見つける。
その中を空けてみると、一人の少女レンが入っていた。
レンは、契約者と同調することによっと武器や防具になるエディルレイドであり、中でも上位の部類にはいるエディルレイドであった。
意識を取り戻したレンは、エディルガーデンに行きたいと言った。
そんなことから、クーとレンは旅行く先で仲間と出会い成長しながらエディルガーデンへと目指してゆくという作品。

ストーリーは、ありきたりでオタクが好みそうなギャグが入っているが笑えないのでイマイチ。
でも、最近面白いような気もしてきた+アニメ化ということで6点。
キャラクターは、まあ、そこそこ、いいんじゃないかな、定番揃いで(笑)
画力は、やはりガンガン系なので綺麗。
萌えはねー、微妙なんだけど、レンが可愛いかなーってぐらいで、萌えはしない。
どっからどうみてもオタク漫画。

好きな場面『特になし』
欠点『笑えないギャグ』
こんな人にオススメ『オタク漫画好き、戦闘好き』

あにかん☆第1話 

March 09 [Wed], 2005, 18:44
というわけで、やってきました、このお時間!
レビューとは違ってちょっとハイテンションでいっちゃうぞぉ(死

記念すべき第1話は、つい先ほどまで放送してたSSO第10話の感想(ネタバレ含む)

スターシップ・オペレーターズ 第10話「サドンデス」

補給を受けるべくAGI本社についたアマテラス一行はAGI主催のパーティーに参加。
パーティー参加前に機関長とシノンのラブラブっぷりにちょっと腹立てつつもニヤニヤ。
パーティーの最中、アマテラスは謎の集団(王国?)に襲撃にあう。
アマテラスクルーは応戦するも、謎の集団が攻め込んでくる様子はないと。
ちょっと暴れて謎の集団帰還。
それを、機関長と整備の男Aがパワードスーツみたいなのにのって追尾。
追尾した時点で死ぬことは確定。
・・・別に機関長死んでちょっと嬉しいとか思ってませんよ?
でまあ、案の定機関長、ロケット弾うたれて爆死。
そして、王国はアマテラスに関わるすべての企業などに攻撃をしかけると脅し。
AGIビビってアマテラスに補給断ち切る。
んでもって、5隻の船がアマテラスに向かって進行中♪
そんな中で、またもや愛する人を失ったシノンは泣き崩れる。

もうね、人死にすぎ。
レンナといい機関長といい、僕のシノンをいじめないで!(本性現す
原作はどうなってるのか知らんけど・・・。
次回は王国と戦闘になりそうだけど勝ち目はないからドライブで逃げるのかな。
やっぱり、戦うのかなぁ。
続きが気になる。

んもおーーーー!
っていうことで、また来週〜☆
(違うアニメで第2話になりますけどNE)

雑記2 

March 08 [Tue], 2005, 18:02
何作か適当に選んで書いてみました。
所持漫画全部書くとなるとしばらくかかりそーかなぁー。
頑張って書いていきますYO

訂正箇所あったら言ってください。