彼岸には夢がある、楽しい

April 19 [Tue], 2016, 13:35
この日私は行程表を見てぼんやり、突然霊光して、良い霊感がありました。予定では桂林へ後まず休息日、そして陽朔と興坪古の。もしまだ行くつもりなら車に戻ってから龍勝桂林陽朔、更にまで乗り換える龍勝。前に言った、これは、途中の時間には、4、5時間は必要だ、非常に苦労、非常に実行されている。しかしもしスケジュール調整を少しして、じゅう月いち日朝から桂林まで、直接興坪古と陽朔。そして帰ってきてから桂林陽朔、桂林に一日、ついでに桂林に休息も、それから桂林に龍勝。このように桂林を中継駅、行程手配は合理的です。急いでなく辛い、二兎を追う者兼得ました。

とても感動して、俊鹏に電話したところ、この案は証明可能なので、集団小躍りする。集団は、私と牟婁牟婁、そしてもちろん、私たち知恵ない神に知恵つけるのあざを冱っ俊鹏 財布 モノグラム、あざを冱っても、私たちが後ろに盛大に紹介の地主黄曦。

行程が決まった後、宿泊も順調に実行していく。私たちは幸運の比較的低価格に入れた興坪古「老寨山ホテル」の部屋。なぜ古いとりで山旅館そんなに人気に、Baiduの検索は知っていて、これしかしが物語の場所。陽朔と桂林の宿泊も最後に1つの電話の時まで打って、1つの電話の時、そのように強調する国際ユースホステルの女子学生の間に予約しました。ないユースホテル龍勝、携程注文できた部屋で300元以上、我々はその時に直接触れ運がよかった、旅に増えて不確定な刺激。
その後1か所の見学スポットもなければならない俊鹏の助けのもとで、すぐに落ち着いた。もちろん、これは初歩的な計画で、目的は出発する前にまずインターネットで資料を調べることができて、名所の特色を理解して、授業をして、これは個人旅行が必要なのです。私たちはすべてわけこの行程に来て、私は実はもっと好き後に現地に行って地元の人とチャットしたり、とユースホテルのスタッフ、舎友交流と最終的に確定スケジュール。これは経験しましょう、も1種の聖人は鶉居して鷇食す。私を信奉して、仕事の目的がある、計画を立てて、生活は聖人は鶉居して鷇食すに、幸せで楽しいです。財布 ダミエ
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/otakatg/index1_0.rdf