冨永と玲奈子

March 07 [Mon], 2016, 11:42
看護師がどんな風に思われているかというと、白衣の天使という呼称があるほど、往々にして、職業的なイメージは悪くないという人が大半だと思います。ですが、看護師の勤務の実情に着目してみれば、収入としては決して少なくはありませんが、その分、夜勤で働いたり、長時間の残業を強いられたりしている看護師も少なくないのです。良い所ばかりに目が行ってしまいがちですが、現実問題として看護師の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。

どんな仕事でも、業界用語があるものです。その訳は、業務を滞りなく進めるためでその職にしか使えない言葉が使用されています。
同様に、看護の職に就いている人でも業界用語が使用されています。
例を挙げると、心マは心臓のマッサージを指し、ギネというのは婦人科、乳の癌はマンマ、入院はアドミッションとか、たくさんのその業界でしか使えない言葉を使用しているのです。
今でも、看護師は常に人手が不足していることが叫ばれています。この人手不足をどうにかするには、かつて看護師の資格を取っていながら看護の仕事に就いていない人に、看護師としての仕事に就いてもらうことが良いと感じられます。
ライフスタイルに合わせた柔軟な働き方が可能なように、医療機関が良くしていくことが必要です。
キャリアアップを志して転職する看護師も少なくありません。

看護師としての技量を高めておくことで、収入アップを目指すこともできます。
職場によって看護師の行う仕事は異なるため、自分がぴったりだと感じるところを探すことも大切でしょう。自分は内科の外来がピッタリだという人もいれば、特別養護老人ホームがピッタリだという人もいるので、進んで転職するのも良いかもしれません。昔から、看護師の仕事というのは、大変重要でどんな病院とか医療施設でも絶対に必要な重要となる業務を担っているのです。



とても責任の重い重要な仕事であると同時に、夜勤のように一般的でない勤務形態があるため、睡眠時間が足りない看護師がたくさんいます。
看護師の仕事には自身の健康管理というのも絶対に不可欠な取り組みだといえるでしょう。
看護師という職業は、過酷な仕事です。

交代とはいえ、夜勤もあり、経営状況が悪い病院では、少ない人員で回していかざるをえないのが現状です。
激務の影響により、ウツになってしまう方も多数存在し、離職する割合も高いでしょう。

よく看護師は白衣の天使とよくいわれていますが、現状の業務は楽ではないようです。転職活動を行う時には、看護師の場合にも履歴書を書かなければなりませんが、気を付けるべきことが存在します。その注意点とは、履歴書の項目の中でも特に大事な志望の理由の書き方です。
志望した動機について、雇用の条件や労働環境の良さについて挙げるのではなく、技術や知識を学べるといった理由や今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由など見ただけでやる気を感じられるような志望動機がいいと思います。



仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く常に神経を使うことになりますし、こうした生活が続くと常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。
ですから、身体に負担がかかる仕事である上に、心にも大きな負担がかかるということになります。溜めてばかりだと良いことは少しもありません。


解消の仕方を持っているということは大きな利点であり、この仕事を続けていくのであれば重要なキーポイントになり得ます。

医療施設で看護師として勤務している人の中には働く時間が規則的でないことやハードな仕事内容であるということを理由に看護師以外の職業への転職を考える人もよくいるといいますが、案外、看護師資格はいろいろな職種において有益であるケースが多いのです。
考えられるのは人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、もしも未経験でも、保育に関係する仕事やリラクゼーションサロンのようなところへの就職は容易に可能でしょう。
基本的に、看護師の仕事は医者の診療の補佐から、入院している患者の毎日の世話まで広範囲にわたる勤務内容で長い労働時間であったり夜勤がたくさんあったりというしんどい仕事です。体力勝負のきびしい仕事であるのに、それに見合う給料がもらえない事も大きな不満の原因です。


ここ最近は労働者不足や高齢化によって病院に来る人が増加した影響で、看護師の1人当たりの負荷が重くなっているといわれます。忙しさを解決するため、人手が不足している病院にそこまで忙しくない他の病院のナースを回して、負担を解消したり、患者さんへの早急な対処をしています。

看護師で、育児を優先させるために転職する人もかなりいます。
特に看護師の場合、子どものことと仕事との両立が困難であるので、夕方までの時間帯のみ働けたり、出勤する日の少なくて済む職場で働いたりすることが良いですよね。


子育ての大変な時期だけ看護師を辞めるという人もかなりいますが、お金がないと子育てに困りますので、看護師の資格を利用できる別の仕事を探してみましょう。医療施設で看護師として働いていた知人は、大病を患ってしまって退職したそうです。でも、病気を治したらすぐに現場に戻り、病院で看護師としての仕事を続けているのです。
数か月間、仕事から離れていても、資格を持っていたら比較的復帰が楽になりますよね。普通はブランクがあると再就職が難しいので、有利な資格を取っておいた方が安心ですね。
ナースが仕事を変える時のステップとしては、はじめにどのような労働条件を求めているかをクリアーにしておくのが大切です。
泊まりでの勤務は荷が重い、オフはたくさんあるのがいい、人が亡くなるのは仕事であっても見たくないなど、リクエストには個性があります。看護スタッフの離職率の高さから補充したいところはいくらでもありますから、ストレスのたまる勤務場所で我慢して勤める必要はないのです。看護師の役目で大変な事の一つに夜勤が存在するという事があります。


病院の場合、夜中に患者の病状が急変する事もよくあります。急変した容態に対処するために看護師には、夜間勤務があるのです。
しかるに、看護師にとって、夜間業務というのは体の調子を崩しやすくなりますし、負担が多分にあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミウ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/otaimfrwkecefe/index1_0.rdf