お金持ちと感情の問題を知る 

May 02 [Wed], 2007, 15:05
オタコンが管理を任されているサイトからの引用です。
タックスヘイブン オフショア 外貨預金 資産運用 海外投資情報 - MNS


お金持ちになることは、実はとっても簡単なことです。

お金を欲しいと心から望めば誰でも手に入れることができます。

ところが、多くの人は、

「そりゃあ、お金は誰だって欲しいさ」なんて言いながら、

心の奥底では、お金を手に入れることを望んでいないようです。


もし、あなたが、「どうせ私は、サラリーマンだから」とか

「お金があったら、〜なのに」

という言葉を使っているのでしたら、

あなたの潜在意識は、お金持ちになろうとは思っていません。

お金がなくなることを恐れるのと同じように、お金がたくさんやってくることも恐れているんです。

あなたは、お金と聞いて何を連想しますか。

「安心」
「権力」
「パワー」

いろんな言葉を連想してみて下さい。

そして、その言葉の裏にある感情を考えてみましょう。

「安心」を思いついた人は、「お金がないと不安になる」んだと思います。

お金に「安心」を感じる人は、その対となる感情として、

お金に「不安」を感じています。

「権力」や「パワー」を思い描く人は、

お金がないと、「ちっぽけな自分」を認識してしまいます。

成功していて、幸せに生きている人たちは、

お金を、「感謝」と「応援」としてみています。

たくさん稼げば、それだけ、たくさんの感謝と応援を頂いていると思っています。

思考は現実化する!

あなたがもし、今、お金に対して満足がいかない状況だとしたら、

それは、過去のお金に対する思考が原因です。

もし、これからお金に対して満足いく状況を作ると決心するのでしたら、

あなたは、お金に対する思考を書き換える必要があります。

思考を書き換える?

この点については、次回に!

オタコンが管理を任されているサイトです。
タックスヘイブン オフショア 外貨預金 資産運用 海外投資情報 - MNS

システムトレードについて 

April 27 [Fri], 2007, 15:53
最近、いたる所でシステムトレードの話が出てくるのですが、
少しこのシステムについて僕なりの考えをお伝えしておこうと思います。

と言うのも、勘違いしてはいけないのですが・・・
システムトレードは、万能じゃない!という事です。

むしろ、使い方を間違っては非常に危険なトレードだという事を
理解しておいて欲しいのです。


というのも、システムトレードというのは、
ある一定法則にそった形で、トレードを繰り返すという投資手法です。

これは株式投資においても、日経225においても
商品先物でも、FXでも同じ事がいえます。

一定のルールに沿った売買を繰り返す事が
システムトレードなのです。

ですから条件が揃えば、買い、売りをするのです。

でも、ここで注意して考えなければならないことは・・・
システムトレードは、非常に脆いという事です。
とても壊れやすい。という事です。

なぜ、そんな事が言えるのかと言うと。

相場は、日々めまぐるしく変化しています。
時に考えられないような動きをする事があります。
まるで生き物のようにぐるぐる、ぐにゃぐにゃと
うごめいているのが相場なのです。

この得体の知れない生き物に、ひとつのルールを持ったシステムトレードだけで
簡単にほったらかしで勝ち続けられる訳がない!
そんな甘い世界ではない!

という事を言っておきたいのです。
つまり、システムトレードも相場の動きや状況の変化によって

成長し続けるシステムでなければならないし、
随時最新版のシステムにならなければ、あっという間に食い物にされてしまうと
いう事です。

もっと簡単に言うと・・・

じゃんけんで、相手がグーを出し続けているうちは
パーを出していれば良いけれど、チョキに変化したとたんに
パーからグーに変化対応するようにしなければ、
負け続けるシステムトレードになるという事なのです。

つまり、常に変化できるシステムトレードでなければ
儲けるためのシステムトレードと言うよりも、
食い物にされるシステムトレードになりかねない。
という事なのです。

この点を理解した上でシステムトレードを改めて
見て欲しいと思います。

システムトレードは、危険だと言っているわけじゃなくて
全ての投資資金を、一つの売買ルールに任せてしまうのが危ない。
と言うよりも、絶対にやってはいけないと言いたかったのです。

と言うのも、株をはじめてまだ間もない人が
あるシステムトレードで、大損をしているのをここ最近で
目の当たりにしているからです^^;

だから、僕は吼えずに居られません。

システムトレードに完全なものは存在しない!っ事を。

一つの売買ルールでトレードされている以上、
大きな資金を手にした投資家にそのルールがばれてしまったら・・・
どうなりますか?

逆手に取られて、根こそぎ資金を
持ってかれるのが関の山です。

と言うよりも、そんな事が良くおきています。
一つのシステムトレードだけで、運用していただけに全て逆に動いてしまって
自分の投資資金を根こそぎ持ってかれてしまう。

そんな事が起きるのもシステムトレードの真実です。
ここだけの話に某有名投資家の年利○○○%のシステムトレードは
全く機能せずに損をした投資家の話を沢山聞いています^^;
使い方によっては本当に恐い事です。

ですから、システムトレードを正しく使いこなそうとしたら
自分の投資資金全体の5分の1、10分の1くらいから
始めて見るのが良いのです。

さらに言えば、システムトレードもこんな風に
何本も使って、リスク分散するのが良いのです。

あくまでもこれは例ですよ^^;

 システムトレードその1  自動売買 武蔵丸君!

 システムトレードその2  逆張り波乗りジョニー

 システムトレードその3  順張りマスター君

一つ一つのシステムで資金を分散させて
運用していくという考えです。

こんな風にシステムトレード自体もリスク分散して管理・運用する
と言うのが正しい考えなのです。

こういう考えの元に、資金管理・リスク管理をして運用していくと言うのが
システムトレードの正しい考え方なのです。

システムトレードも付加分散するという事が大切なのです。

でも、僕があえて言うならば、
誰でも簡単に理解できて運用できるトレードシステムがあったら・・・

それこそ、参入障壁が低く、餌食になりやすい
危ないシステムだと思います。

餌食になるのは、自分の判断基準が
少ない個人投資家だからですね。

なので少しハードルが高いくらいのシステムトレードくらいの方が
安心感があるかもしれませんね^^;

という事でシステムトレードをするなら
これこそ分散投資での運用設計を必ずするべきでしょう。

以上、システムトレードについてでした。

執筆者: 井手 剛 【MNS専属アナリスト】


僕が管理を任されているサイトです。
タックスヘイブン オフショア 外貨預金 資産運用 海外投資情報 - MNS
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:otacon_mns
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1975年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:国外
  • アイコン画像 職業:専門職
読者になる
インターネットによるグローバル情報革命が進行する中で、最新のグローバルファイナンス、インベストメントの情報を世界各国で活躍するプロフェッショナルからお届けし、皆様の「笑顔」と「成功」に貢献する仕事をしています。

仕事柄、オフショア金融センターであるカリブ海諸国を中心として、世界各国を飛び回っています。どの国も刺激があってとても面白いのですが、今一番行ってみたいところは、実は日本の秋葉原だったりします(笑)
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる