始めまして 

June 07 [Thu], 2007, 21:37
始めまして
此処ではあたしの一生忘れない、思い出を小説にしたいと思います
感想などは自由にして下さい^^
では、

初めてのネット 

June 07 [Thu], 2007, 21:39
あたしは初めてネットの世界に入った。
もちろんリアルの友達から教えてもらった。
ネットでの名前はそのままの名前でみゆにした。
そしてチャットにいった。そこである男の子に出会いました。
名前は陽、中三のサッカー部の男の子。
この陽と出会うことであたしのネット生活は変わっていくことを後から知った

嫉妬 

June 07 [Thu], 2007, 21:49
陽はあたしとタメだったせいかすぐに馴染めた。
色々な話をした。
毎日毎日、色々な話をした・
リアルの子にも 
「もう完全ネットヲタクだね」
と言われたが、気にしなかった。
あたしには、陽がいるから、、、

そしてチャットに行く回数は増えていった。

そしてチャットへ言ってみると陽がいた!!
けれどその隣には可愛らしいアバターの女の子が居た。

(だれだろう。。。)

女の子と陽はすごく仲がいいようだった。
羨ましい
羨ましい
羨ましい
ずるい
ずるい
ずるい

嫉妬をしていた

あたしはこんな自分がなさけなくなりパソコンを閉じた

質問 

June 07 [Thu], 2007, 21:54
次の日、チャットへ行って見ると陽が居た。
女の子は、、、居なかった。
そして久しぶりに陽と話し始めた。

みゆ「ひさしぶりん(・∀・)」

陽「おうww」

みゆ「昨日の女の子だーれえ??」

陽「何で〜??」

みゆ「いいからっっ(・∀・)」

陽「俺の心友ww笑」

みゆ「...え?」

陽「チャ心友!!馬路でいい奴だから仲良くしてあげてな!」

みゆ「う。うん^^」

 

June 07 [Thu], 2007, 21:58
するとその女の子が来た。
その子は愛仔というらしい。

愛「陽ちゃん!!昨日ぶりヽ(゚∀゚)ノ」

陽「昨日ぶりりんヽ(゚∀゚)ノ」

愛「あ!始めましてwwみゆさんですよね??」

みゆ「あ。はい^」

愛「陽ちゃんから聞いてます><!
  すごい優しい子だってw」

陽「tywやめrww」

みゆ「陽っ〜!!ありがとお〜!!
    みゆも陽のこと大好きで〜〜〜〜す!笑」

愛「..."も"??」

陽「"も"て何だよ!!笑」

愛「陽ちゃんっ!!今からオセロ行こう!!」

陽「いいよーwじゃあ、みゆ待っててなあ〜w」

みゆ「...いってらっしゃい^^」

(ヤバい...)

オセロ 

June 07 [Thu], 2007, 22:03
〜〜20分後〜〜

陽「ただいま・」

みゆ「おか〜ヽ(゚∀゚)ノ」

陽「あの・さwさっき愛に告られちたw」

みゆ「馬路で〜??でも断ったんでしょ?
   愛ちやんかわいそう(´;ω;`)」

陽「違うって!!おkしたしw」

みゆ(え...)

そしてー

愛「陽ちゃーん!!部屋にアバ置いたよお〜♡」

陽「なんか照れるわw馬路でw」

みゆ(、。。。よし!)
  「二人とも仲良くねえ!!!」

愛&陽「せんきゅう〜(・∀・)」

そして愛仔が落ちた。

みゆ「ねえ。。今からオセロいこw」

陽「いいよ〜(・∀・)」

これがとんでもないことを引き起こすことになった。

爆発 

June 07 [Thu], 2007, 22:08
みゆ「やあ(=゚ω゚)ノ」

陽「よう(=゚ω゚)ノ」

みゆ「あ、のさw」

陽「なんだよ〜w」

みゆ「陽のことがすき!!!だから愛仔ちゃんを振って付き合ってください」

陽「え?」

五分後

陽「ごめん
  俺には今愛仔しか見えてないから、
  でも!みゆは一番のダチとしてw」

みゆ「そっか」

そしてこのチャットは終わった

次の日

愛「ヽ(○´3`)♥♡♥(´ε`●)ノ」

陽「ヽ(○´3`)♥♡♥(´ε`●)ノ」

見せ付けられてるみたいでムカついた

みゆ「。」

陽&愛「こん(・∀・)w」

みゆ「愛仔ちゃん、陽は全然いい所ないよ^
   だから愛子ちゃんいはもっといい子がいると思うの
   それに愛子ちゃんと陽は相性調べてみたら全然だったし
   それに―...」

陽「やめろ!」

愛「...陽ちゃんの悪口は言わないで^^」

陽「愛仔、オセロいこっか、」

愛「えっでもっ」

陽「みゆがそんな奴だったなんて思わなかったよ」

二人が落ちた

みゆ「あ あた...し ちょっとまってよ」

涙でいっぱいだった
P R
カテゴリアーカイブ
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる