ホシハラビロヘリカメムシの蜂谷

April 26 [Tue], 2016, 9:28
巷で人気爆発中のセルフバランススクーターだが、兼ね合いスクーターは平らな行程を走っておわりではありません。

やっぱり乗りこなせるようになってから、本当の兼ね合いスクーター行程が始まると言っても過言ではないのです!

本当は兼ね合いスクーターでもさまざまないんちきをする事が出来るんです。いんちきの他にも、歩みを下りたり急性斜面を走り回ったりと再びアグレッシブに走行する事も出来ます。

参考になる映像を見つけたので紹介しておきますね。

こういう乳幼児すげーな・・

ひとたび兼ね合いスクーターで遊んだ事柄の生じるお客様は、さんざっぱら驚くディテールだと思います。

セルフバランススクーターに座りながら回ったり、寝ころんだ体勢で走り回ったりとやりたい放題です。また、路面のシーンが良ければ(スベスベなら)ドリフトなんかも楽しめるんですね。これはいやに参考になりました。
一切意識していないと気付かないのですが、いま日本にも無料で遊べるスケートパークはそこらじゅうにあります。スケートーパークに兼ね合いスクーターを持ち込んで走り回ってみるのも実に面白そうですね。

因みに兼ね合いスクーターでいんちきを行う際は、故障の防御のためにかならずヘルメットや支えの着用をしましょうね。

私もこういう少年に渡り合えるみたい兼ね合いスクーターの鍛錬を行いたいと思います!

kids構想は乳幼児モードに設計されている結果そのものが少し小ぶりになっていらっしゃる。
そのため、運転コストパフォーマンスはまるで変わりませんが搭載ウェートかさに違いがあります。

通常の兼ね合いスクーターは最長ウエイトファクターが100kgに設定されていますが、キッズモデルは最長ウエイトファクターが60kgに設定されています。
そのため割高お客様はキッズモデルを購入して乳幼児と一緒に使う事は出来ません。因みに最長ウエイトファクターは60kgとなっていますが、私(ウエイト64kg)がキッズモデルに乗ってみたところ通常の構想と全く違和感無く乗れましたよ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハル
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ot0obcrtdeae2r/index1_0.rdf