2016真夏の九州縦断ツーリングその9(ラスト)

September 27 [Tue], 2016, 8:00
カテゴリーはバイクネタ   

事の発端は長男がはまったPCのエロゲーの舞台設定が人吉で、聖地
巡礼(ゲームに出てきた場所を訪問する事)に行きたいと親父を巻
き込んでの親子ツーリングになりました。(付き合い良いよな俺


三日目8月15日A



沢山のお土産を買った長男はあちこちのバックにお土産を詰め込み帰

路につきます。私は家内と実家のお土産と鹿児島で買った焼酎を背負

って走ります。でも2人の心には沢山の思い出と言うお土産を持って帰

ります。なんて言うポエムは似合わなかったね〜!ちと恥ずかしい



人吉から九州自動車道松橋ICまでの約100kmは国道445号線を走り

ますが、所々本当に国道なの?と言う様な離合が難しい道があります。

五家荘は源氏に敗れた平家が隠れ住んだ村として知られ、人に見つか

るのを恐れて深い山の中に住んでいたので、これだけ道路整備されて

いてもかなり交通が不便なそんな所を通って帰ります。



「もののけ姫」の主人公あしたかの出身村もそんな設定でしたね。



人吉市内を抜け段々山道に入ってきました。まだこの辺は道路が広くて

適当に飛ばしながらコーナーを軽く攻めつつ気持ちよい走行が出来ます。

熊本地震と梅雨の大雨であちこちの道が崩れていて迂回路が設定して

あり結構ドキドキしましたが、出発前に国民宿舎で仕入れた情報では

走行可能との事なのでそれを信じて走ります。



山道をウネウネと走って大きな橋の上を通った時に景色の良さについ

停まって写真を撮りました。川の水は凄く綺麗で冷たそう!泳ぎたい!



夏用ライダージャケットなので通気性は良いのですが黒は暑そう!



道は橋とトンネルが多くてトンネルも橋もない時代なら凄く不便な山道だ

ったと思います。結構山の中まで走ってきたので「もう秘境だななん

て思ってワクワクしてたら道の駅がドーン!と出てきてその周りにはガソ

リンスタンドや郵便局などもありちょっとビックリ!ワクワク感を返せ!



道の駅には寄らず先に進むと酷道445号線の本領発揮で、狭くて荒れ

て曲がりくねった道が増えてきました。アスファルトの一部は剥がれて

穴が開いているので地面にも対向車にも注意して走ります。



最初の休憩予定地「梅ノ木轟公園吊橋」に来ました。暑くて喉が渇き

ますが残念な事に売店は潰れていておまけに自動販売機もありません。



五家荘でも幻といわれた「梅の木轟の滝」に行くために作られたも

ので徒歩7分くらい歩けば滝までいけるとの事。長男は既にへたれて

潰れた売店の日影に座りこんで地面と同化しています。



嫌がるので私だけで吊橋を渡りますが、暑いし水分補給も出来なかった

ので半分で帰ってきました。一番高い所だと55mあり、紅葉の時期は途

中の道も素敵らしいそうです。



ここから先はこんな狭い道と広い道が交互に出てきます。滅多に対向

車は来ませんが、数台の車とすれ違い中には出会いがしらにぶつかり

そうになったり、こちらがバイクじゃなかったら離合できないような

所ですれ違ったりしました。



途中に峠の茶屋みたいな所がありそこで水分補給とお昼にしました。

暑いのでどうしてもザル蕎麦とかになります。今回の塩焼きはヤマメ

この3日間でニジマス 鮎 ヤマメの塩焼きを食べてます。味は・・・

あれ?あまり印象に残ってない。美味しかったのですけどね〜!



食事の後は一番難関な場所を通ります。三瀬峠の旧道も相当酷かっ

たけどこちらの方がもっと凄く、なんでこんな道を選んだのか反省

したくなるような道でした。



何とか走破し松橋ICから九州自動車道路にのりました。相変わらず

益城付近は工事の影響で10km以上の渋滞。神経を使いつつすり

抜けて走ります。途中のサービスエリアもお盆なので大渋滞ですが

幸いバイクなら停める場所に困りません。



夕闇迫る頃に無事に帰宅。帰宅予定は余裕をみて8時15分でしたが

実際はジャスト7時で走行距離は283kmで、予定と3km誤差でした。



今回の費用はこれだけ(若干記載洩れあるかも?) エロゲの聖地巡りを

したいと言い出した長男が、訳あって2ヶ月ほど無職で超貧乏人になって

しまったが、宿は既に予約を入れていたので宿代などを出してあげたので

結構高くつきました。(あの腐れブラック企業め〜 色々あったけど親子

で楽しく走れたから良しとしましょう。3日間で走った距離は922km。

来年は女子と出会いがない長男の為に、出会いの神様「出雲大社」

ツアーでも企画しようかな?往復900kmくらいになるけどね〜!

あまり面白くないツーリングレポートにお付き合いくださいまして感謝です。

2016真夏の九州縦断ツーリングその8

September 24 [Sat], 2016, 8:00
カテゴリーはバイクネタ   

事の発端は長男がはまったPCのエロゲーの舞台設定が人吉で、聖地
巡礼(ゲームに出てきた場所を訪問する事)に行きたいと親父を巻
き込んでの親子ツーリングになりました。(付き合い良いよな俺


三日目8月15日@

本日最終日で今日の予定は球磨川下りをやる予定です。川下りは

4つのコースがあります。ショート・ミドル・ロングと激流下りです。


※これな激流下りはしていません

激流コースは一昨日SLを途中下車した一勝地からになります。激流

コースはメッチャ楽しそうでしたが、長距離を走って帰るのにスケジュ

ールが合わないのと長男がびびって嫌がったので急流が2箇所しかな

いミドルコースにしました。



昨日の強行軍とお酒を結構飲んだのでぐっすり眠れ目覚めはスッキリ。

朝風呂に入った後はバイキングじゃない朝食を頂きました。昨日とはま

たちょっと変わった内容でこれも美味しかった。



夜は暗くて気がつきませんでしたが、朝自分のバイクを見たらカウリン

グに虫が多数引っ付いていました。夏の夕方から夜にかけて走るとこ

うなります。カナブンなどの硬い虫が当たるとちょっとした衝撃がきたり

します。荷物をまとめバイクに積み国民宿舎を後にしました。幼少の頃

に家族旅行で泊まった国民宿舎はなにか高級ホテルみたいな感じだっ

たのを覚えていますが実はこんな建物だったのかな?



市内を通過して川下りの乗船場につきました。9時出発なのに8時

55分について慌てて乗船。あやうく置いていかれるところでした。



船会社の人に見送られて出発し川下りの始まりです。最初はゆっくりした

流れの中を船は進み人吉城跡の城壁も間近で見れます。比較的浅い所

が多く腰まで浸かって鮎の友釣りをしている人の横を船は進みます。



最初の急流を通過中しました。それなりに揺れますが関門海峡の門司港

と唐戸港を行き来する連絡船の方がもっと揺れて面白いかな?途中の川

岸は今夜の花火大会打ち上げ会場なので花火師さんが大汗をかきながら

準備をしていて、こちらが手を振るとにこやかに振り返してくれました。



船には船首にガイドさんがいて色々案内し、一番後ろは黙々と魯を漕ぐ人

がいます。急流を過ぎると緩やかな流れになり船はゆっくりと進みます。そ

こで乗船者に体験で魯を漕がせてくれます。私は魯を漕ぐのは38年ぶりで

したが全然漕げませんでした。長男も体験していましたがやっぱりダメで乗

客が交代で体験していましたが、どなたもすぐ魯が外れて中には魯を流し

てしまった人もいました。(ヒモでつないであるのですぐ回収できます)



ミドルコースも後半に入ると2日間お世話になった国民宿舎くまがわ荘が

見えてきました。うーん!やっぱりボロ!中も防音性が悪くて隣の部屋の

声が普通にダダ洩れでしたから、彼女と泊まってナニかをする人は声を出

さないように注意してください。てかそんな人は他の宿に泊まれ!



まもなくミドルコース最大の急流にさしかかります。記念写真を撮る為に

日除けのホロを外して通過します。急流の入り口付近に陣取っている

カメラマンに向かって手を振りつつ急流を下ります。記念写真は有料で

1枚1300円と高いので私は頼んでません。



冷たい川の水がしぶきとなって飛んできて川の上を吹く風も涼しくて気持

ち良い。結構揺れるので子供は大喜び!女性はちょっと悲鳴をあげたり。



ミドルコース最後の橋の下をくぐってゴールです。下船すると送迎バスで

出発点まで送ってくれます。川下りに使った船はクレーンで引き上げトラ

ックに乗せて出発点まで運ぶそうです。


※あくまでもこんなイメージ

私たちが最後に乗ったので降りる時は最初で、送迎バスにも最初に乗り

込み乗車口近くに座りました。最後の方に乗ってきた高校生っぽいお兄

ちゃんは色白ぽっちゃりな体型で上の写真みたいな服装にたすき掛けし

たバックには缶バッチや何かキャラクターのキーホルダーを沢山つけた

典型的なヲタクっぽい格好でした。

「あれってお前の同類じゃね?」と長男にささやくとこっそり覗きに行き

「おお!まいてつ仲間やん」 「友だちになってこいよ声かけたら〜?」

「いや恥ずかしいからいいわ」 と椅子に小さくなって座っていました。

エロゲー聖地巡りはあまり公言できないし、一人でこっそり楽しむエロゲ

ーですから「あのエロゲー最高だよね!なんて言える筈もありません。

一緒に居た夫婦は私より少し年上でしたが、息子が普通に人吉観光し

たいと言うので連れてきたのかな?どうみてもヲタク文化とは程遠うそ

うな夫婦でした。(それか普通のゲームかアニメの聖地巡りと思った?)



川下りの後は初日に予定していて行けなかった永国寺に行きました。



今から600年くらい前に出来たお寺で、別名は幽霊寺とも言われます



このお寺のご先祖様がやっぱり600年くらい前に日本ではじめて幽霊の

絵を掛け軸に描いたそうで、日本の幽霊に足が無いのはここがルーツ

らしい。細かいウンチクに関してはウィキペディアで調べてください。



建物もいい味出していますが中庭もいい感じです。このホテイ草がいっ

ぱいの池は掛け軸の幽霊が現れたとか?幽霊は某殿方の妾で本妻に嫉妬

し身投げし幽霊となり本妻を苦しめたらしい。そりゃ本妻と妾とで確執に

なるような遊び方をした男が悪い!大人の火遊びは上手くやらんかい!

母屋まで火事になるような火遊びはダメ!と言う話じゃないですね。



幽霊寺の見学が終わりました。そういえば長男が人吉の観光名所で

行きたい場所でここはピックアップしていなかったですね。名前しか出

てこなかったのであまり興味が無かったか?幽霊に祟られるぞ!


※すでに35℃超えてるのに足湯ってどーよww!

人吉での観光予定は全部消化したので初日に立ち寄った青井阿蘇神社

の横にあるお土産さんでお土産を買ってから帰ります。私は家内と実家

だけ買えば良いのですが、長男は妙に律儀で会社全体や直属の上司や

同僚に!と貧乏人のくせに色々買っていたので、スムージを飲みながら

また足湯に入って長男の買い物が終るのを待ちました。


と言う事でその9に続く




2016真夏の九州縦断ツーリングその7

September 21 [Wed], 2016, 8:00
カテゴリーはバイクネタ   

事の発端は長男がはまったPCのエロゲーの舞台設定が人吉で、聖地
巡礼(ゲームに出てきた場所を訪問する事)に行きたいと親父を巻
き込んでの親子ツーリングになりました。(付き合い良いよな俺


二日目8月14日C


※残りの予定はこんな感じ

一番遠い所まで来ました。本当ならここに12時には着いている筈でした

が現在4時。今まで計画を立てた中でせいぜい1〜2時間程度のズレは

ありますがこれは酷い!上の予定で残りはどれだけ巡れる?



国道226号を鹿児島市内に向かって走ります。4時間も遅れていたら

砂蒸し風呂に入る計画は諦めるしかありません。片側1車線の国道は

夕方の混雑と更に道路工事をしていて渋滞で進みません。暑いしノロ

ノロに疲れたので道の駅「喜入」で休憩しました。市内中心部まで30

km以上ありこの道路状況なら2時間はかかりそう。休憩中に長男が

「今からまっすぐ帰っても居酒屋に間に合わなくね?」

と言うので「何が?」と聞くと 怪訝な顔をして

「昨日酒飲みながらネットで居酒屋調べて電話予約してたやん?」

「・・・・・・・・・・・・・・











思い切り忘れてました。そー言えば長男に「明日は人吉の素敵な居酒屋

で球磨焼酎呑むで〜!居酒屋をネットでググレ!うへへ〜!」
と探させて

ご機嫌で電話予約してました。プランはプリントアウトしてそれに追加の

予定なども書き込んでいるので忘れる事って滅多にないのですが、朝か

ら予定が狂いまくって余裕が無かったり、予想外の暑さで体力の消耗も

酷くてメモの端に書き込んでいる居酒屋の名前の事なんて全然気がつき

ませんでした。決して昨夜のお酒が深酒で、結構効きいた42度の焼酎パ

ンチで少々記憶が飛んだ訳ではありません。既に5時過ぎで残り全ての

予定を諦め人吉まで急いで帰ります。国道は渋滞しているので少し逆方

向に戻り、指宿スカイライン→九州自動車道路で人吉まで戻るルートに

変更。居酒屋は7時に予約していたのですが、余裕を見て7時半に変更の

電話を入れて後はひたすら走ります。



景色の綺麗な指宿スカイラインを楽しむ暇もなく必死で走り・・



九州自動車道路に乗り継いで夕闇が迫る中を走ります。おまけに途中

の道が標高が高いのか霧と軽く雨が降ったりしましたが、止まって雨宿

りする時間もないのでこれ以上酷くならない事を祈りつつ走りました。

さすがに散々走った後に150kmをノンストップで走破する体力はありま

せんし、足の短い私のバイクは給油しないとダメなので桜島サービスエ

リアで少し休憩。焦ってもしょうがないので再び居酒屋さんには「更に30

分遅れて8時からに変更してください!」
と連絡しました。



時間を気にしながら安全に注意しつつ必死で人吉まで帰り着きました。

昨日と同じ国民宿舎くまがわ荘に着いたのは7時50分。ロビーで再び

受付を行い部屋に荷物をおろし服を着替え顔だけ洗って速攻でタクシ

ーを呼んで貰い居酒屋に向かいました。本当はゆっくり風呂に入ってさ

っぱりして郷土料理や美味しい球磨焼酎を堪能したかったけど残念。



国民宿舎からタクシーで10分ほど走ると居酒屋「開」に到着しました。



最初の予定から1時間遅らせて、更に15分ほど遅刻したのですが

マスターとおかみさんが快く迎えてくれました。このお店は球磨焼酎

専門店でおかみさんが焼酎のソムリエみたいな人で料理にあう美味

しい焼酎をチョイスしてくれたりします。



暑かったしドタバタでここまで来たので、最初の一杯は喉の渇きを

癒す為にビールにしようかと思いました。(一応置いてある)が、スパ

ークリング焼酎の「さしより乾杯」を頼んでみました。アルコール度数

は5%で喉越しもよく黙って出されたらビールと間違えそう。旨い〜!



地鶏の鉄板焼きは居酒屋定番メニュー



野菜はしっかり食べましょう!と言う事でシーザーサラダ



ちょっと変わったイノシシのソーセージ!普通に旨い



更に変わった物で鹿肉の生ハム。これも普通に旨い



蕎麦麺をフライにしたもの。パリパリで酒の肴にいいね!



熊本と言えば辛子レンコン。ピリっと辛くて焼酎にも相性いいです



定番の山芋鉄板。地元の山芋で作ってるそうです



焼酎は色んな物をその都度頼んでいますが、球磨焼酎はお米の焼酎

で芋みたいな臭みもなく、どちらかと言うと日本酒の冷酒に近い感じで

す。基本は25℃の焼酎を割ったりしますが、美味しい飲み方はやっぱ

りロックですね。再び40度を超える物も頼んだりしました。記憶がww



あれ?こんなもん食べたっけ?たこ焼きなんて誰が頼んだ?



最後は地鶏の天ぷら。カレースパイスをつけて食べるとナイス!



2人で飲み食いして料理も堪能できて1万円ちょっとでした。かなり色

んな焼酎を飲んだのにこの金額は安いのでは?長男が・・・・

「2人でこれだけ飲み食いして一人5千円くらいやろ?安いやん」

と偉そうに言っていましたがこいつ、つい最近まで無職でニートだった

ので今回の食事代も国民宿舎の宿賃も全部私が払っています。

おま〜!そー言うのはせめて自分の分だけでも払ってから言え!

帰りはおかみさんがマイカーで国民宿舎まで送ってくれました。ありがとう

ございます。結構酔っ払ったのでこのまま寝たかったけど長距離を走って

埃だらけで気持ち悪かったので必死で風呂にだけ入って布団に潜り込ん

だら速攻寝てました。長男は居酒屋から帰ってきたら服を脱ぐだけ脱いで

でそのまま布団に直行し風呂にも入らずダウンしてました。臭そうww!

本日の走行距離は363km あれ?元々280kmくらいの予定で更にか

なり色んな所に行くのを中止したのになんで80kmも増えてるの?と言う

事は計画を立てた時からなにか大きな計算違いをしていたみたい。計画

通りのスタートをしても2時間くらいズレたでしょうな〜。これは酷い!


と言う事でその8に続く

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:オスマン三光
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1962年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 職業:自営業
  • アイコン画像 趣味:
    ・ブログ-プラモデル(飛行機模型)
    ・オートバイ-オフ会
    ・釣り-二次元
読者になる
凍える男 オスマン三光と申します。
 日記ブロガーじゃないので、ネタをすぐ溜め込みます。面白い記事を作って見にきた方が癒されたらいいな〜!と思ってます。
最新コメント
アイコン画像びび
» 2016真夏の九州縦断ツーリングその8 (2016年09月26日)
アイコン画像ぜの
» 2016真夏の九州縦断ツーリングその8 (2016年09月26日)
アイコン画像グレコ
» 2016真夏の九州縦断ツーリングその8 (2016年09月25日)
アイコン画像オスマン三光
» 中古品はよく調べてから・・ (2016年09月25日)
アイコン画像オスマン三光
» 2016真夏の九州縦断ツーリングその8 (2016年09月25日)
アイコン画像オスマン三光
» 2016真夏の九州縦断ツーリングその7 (2016年09月25日)
アイコン画像blue gene
» 2016真夏の九州縦断ツーリングその7 (2016年09月24日)
アイコン画像blue gene
» 2016真夏の九州縦断ツーリングその8 (2016年09月24日)
アイコン画像オスマン三光
» 2016真夏の九州縦断ツーリングその7 (2016年09月24日)
アイコン画像ぜの
» 2016真夏の九州縦断ツーリングその7 (2016年09月22日)
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メールフォーム

TITLE


MESSAGE