さやかとJames

May 02 [Mon], 2016, 16:59
住替えをしなければいけなくなったので、最初にインターネット上を活用して勉強をするのが先決だと考えました。最初に知っておかなければいけないのは、自分の物件がいくらくらいで売れるか、不動産屋さんに関する情報を得ること、これら2つが必須と言えます。相場を事前にある程度把握していませんと取引後に入る金額がつかめませんし、誠実な不動産屋さんを見つけませんとそもそも物件を売ることができません。
不動産の売却価格を知る方法として、REINSを使う方法があります。REINSは無料で誰もが利用することができます。REINSなら不動産の相場を入手できますので、売却する予定となっている土地やマンションの相場をだいたい知ることが可能です。不動産屋へ行くにあたり、事前におよその相場を知っているだけでも、お客としてちゃんと対応してもらえなくて不当に低い金額で取引しないで済むでしょう。
不動産を売るにあたっては、思いのほか、様々な経費がかかります。費用を先に知っておくと、後からあわてることがありません。経費のうち、代表的なものは不動産屋さんの取り分である仲介手数料です。売買代金の3.24%+64800円を上限とすると決められているので、3000万円の物件ならおよそ100万円もの金額になります。この他、収入印紙や所得税などの納付が必要ですし、住み替えなら引越し代も考えておく必要があります。仮に4000万円で不動産が売却できても、全額が入るものとして皮算用してはいけません。
土地を売らなければいけないケースとして、相続をあげることができます。相続は相続人の権利が複雑で、簡単にはいかない場合もあります。遺産相続協議を行った結果、どうしても1つしかない不動産を複数人で相続するような場合、換金する必要に迫られるということです。相続税という税金は現金で納めるのを国税庁は好みますが、現金では納められないと遺族から申し出があれば延納と言って納税を遅らせることもできますので、可能な限り現金で納めた方がいいです。
駐車場経営を考える土地のオーナーは多いので、典型的な土地活用の手法として認知されています。アパマン経営に比べれば、少額の投資でできることが主な理由なのでしょう。駐車場経営をする時、月額契約(月極め)もあれば不動産屋さんのアドバイスにしたがって決めるのが良いでしょう。所有者は一番が儲けがどのくらい出るかなのでしょうが、お客のつもりで決めないと、赤字になることも珍しくありませんので注意が必要です。
一戸建ては判断が難しく、買い手も時間をかけて決めますので、売るのを焦ってはいけません。半年で決まれば御の字と考えておけば、気持ちにゆとりが持てます。あなたが短期間で売ろうとしていることを買い手に悟られてしまうと、買い叩かれてしまうおそれがあり、予想外に少ない収入になる危険があります。引っ越しのためにマンションを処分するなら、新たに買う家の頭金などを住宅ローンの残りと一緒に丸々払えるのが良いので、不動産屋さんの話を謙虚に聞いて売却しましょう。
マイホームを売る場合、購入希望者は自宅を見に来ますが、その時に準備しておいた方が良いことがあります。できるだけ高く家を処分したいのであれば、知っておくべきです。すべてに共通した話ではありますが、まずは第一印象が大事です。購入希望者が最初に目にする玄関に汚れが目立つようだと、綺麗好きな買い手の心象を損ないます。あと、プロに依頼して(ハウスクリーニング)清掃をし、窓を開けて換気しておくと、あなたが大事に使っていたことが伝わり、積極的に購入を考えるようになる傾向があります。
不動産を売って利益が出た場合に払わなければいけない税金、決して安くはないですよね。高額な税金を払うのですから、きちんとした使い方をしてもらいたいものです。不動産を売って出た利益は「譲渡所得」と言いまして、この譲渡所得に対し、所得税と住民税、2つの種類の税金を納めなければなりません。また、土地に限っては短期間での売却だと、転売目的の所有だったとみなされてしまい、高い税率が適用され、短期の時よりも高額な税額になるのです。5年を超えていませんと、2倍くらいの税金を払う必要があります。
土地は「一物四価」とか「一物五価」などと言い、4つも5つも価格がついています。そのそれぞれに独自の計算方法があり、素人にはなかなか難しいものです。ざっと2分するならば、税金の計算目的で求めるものと、現実の取引で使われるものとに分類されます。税金を計算するものは、相続税や固定資産税のためで、これらはだいたい公示価格の8割弱になることが多いです。公示価格は実際の取引の参考にするための指標ですが、最終的な価格は、時価や公示価格とは違うのが当たり前です。不動産屋さんは現実的な相場を把握していますので、お役所の数値をそのまま使うことはないのです。
住宅は高額な商品なので、家を買うことは、普通のサラリーマンにとっては生涯に一度と言ってもいいくらいのイベントです。ですので、十分な知識を得てから不動産屋さんの門をたたくことが必要です。住宅ローンを何年で返済すべきかシミュレーションすることも大事ですが、実際に住む予定となる土地を、自分の足で確認することがお金のことよりも一番、大事なことだというのが私の考えです。有名な土地はイメージをあらかじめ持っている人が多いものです。三軒茶屋など、若者に人気の街なんていうのがありますよね。高級なところだとスーパーやコンビニが少なくて不便な傾向があります。物件に何度も足を運んで確認するくらいの慎重さが必要と言えます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuki
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/osr67fjghofonh/index1_0.rdf