恥ずかしいお尻の穴のムダ毛は脱毛じゃなくて抑毛!

December 14 [Wed], 2016, 10:55
まさかお尻の穴の周りにまで毛が生えるなんて思ってもいなくて、彼氏にばれないように(というかばれていたかもしれませんが)丁寧に剃るようにしていました。

けれども剃れば剃るほど明らかに肌がゴワゴワになっていき、自己処理には限界を感じていたんですが、今もやっぱり自己処理だけでお尻の穴の周りをきれいにすることができました。



どうすれば忌々しいムダ毛をなくせるんだろうか?と脱毛サロンに頼る前に自分でできる方法がないか探ったところ、良いムダ毛処理グッズが見つかったんです。

傷んでいた肌もすっかり調子が良くなって、自分で言うのも美尻になったと思うんですが、私が一体、どんなグッズを使っているのか?このブログで詳しく紹介しています。




■お尻の肌はデリケート!

お尻のムダ毛処理をするにあたって注意しなければいけないのは肌への負担です。全身の肌の中でもお尻の穴の周りは特に皮膚が薄いんです。

そのため、皮膚はどうしても黒ずんでしまいがちだし、ちょっとした刺激ですぐにかぶれたり赤く腫れるようなことになってしまいます。汗



万が一、排便が苦痛なレベルの肌荒れを起こそうものなら、ムダ毛を見られるのを覚悟して病院の肛門科で診察を受けるしかなくなってしまいます。

ブラジリアンワックスとか、家庭用脱毛器といったグッズでも、お尻周りは対象外なっているものが多いので、注意をしてくださいね。



■抑毛するのがベスト

ではお尻のムダ毛はカミソリで剃るか毛抜きで抜くしかないのかと言うと、そういうわけではありません。抑毛ローションなら肌を痛めることなくムダ毛を目立たなくすることができます。

抑毛ローションとは、ムダ毛を弱らせる成分(大豆のイソフラボンなど)が含まれていて、塗った部分のムダ毛だけをどんどん細く短くしてくれるんです。



天然成分の働きでムダ毛を抑えてくれるからこそ、肌に負担をかける心配はゼロ。極度の敏感肌でも安心して使うことができます。

その代わり、効果が出るまでには2週間以上かかってしまうんですが、1日1回さっと塗るだけ。ムダ毛が薄くなってきたら塗る回数を減らしても大丈夫なんです。



圧倒的に少ない手間でムダ毛処理を済ませることができるのが抑毛ローションのメリットの一つなんです。



■おすすめの抑毛ローション

どんな抑毛成分を使うのか?によって抑毛ローションにはいろんな種類があるんですが、おすすめなのはパイナップル豆乳ローションです。

パイナップルに含まれるたんぱく質分解酵素でムダ毛自体を弱らせ、複数のイソフラボンによって効果的に毛根を弱らせてくれるんです。



肌の調子を整えてくれる美容成分も含まれているというし、返金保証もついていたので試しに使ってみたんですが、効果は期待以上のものがありました。

塗ってすぐにムダ毛が減ってきたわけじゃないけれど、1本目を使い終わる頃には半分近くボリュームが減ったような感触がありました。



2か月もすると、あれだけモサモサしていたムダ毛がもう少しで無毛といった感じになり、今はすっかりムダ毛が指に触れることがなくなりました。

おかげさまで今は、パンツから毛がはみ出る心配もなくなったので、プールに行って何も気にせず遊び回れるようになりました。


恥ずかしい場所のムダ毛の悩みから私を救ってくれたパイナップル豆乳ローションがこれです。今ならまだ返金保証がついているので、効果を試してみるなら今のうちですよ。
↓↓↓










パイナップル豆乳ローションは浸透力にも注目!

December 14 [Wed], 2016, 10:50
パイナップル豆乳ローションにも実はいろんな種類があるものの、浸透力を強化している鈴木ハーブ研究所のものを使うようにしましょう。
どれだけ有効な抑毛成分が含まれていたとしても、肌の中にしみ込んでくれなければ意味がありません。肌表面から流れ落ちてしまったらムダ毛が減るわけがありません。

鈴木ハーブ研究所では天然成分「コスモペリン」の働きで抑毛成分をしっかり毛根まで届けてくれますよ。