より高次元なアベイラビリティの実現 

December 06 [Thu], 2012, 22:13
何のために空間的隔たりや時間的隔たりを克服するのか。

それは、顧客が必要とする時に、その手許に製品を届けて、顧客がその製品を消費もしくは利用することを可能にする(到達せしめる)ためである。

このような機能を利用可能性の達成という。

このように、ビジネス・ロジスティクスでは、その達成機能をより高次元なアベイラビリティの実現に設定している。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ははは
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる