マーケティングシナジー

September 15 [Sat], 2012, 22:00
人的販売と商品パブリシティーがオーバーラップしている領域は、「評判・推奨」が例として挙げられる。

商品広告と商品パブリシティーでは、いわゆるアドバトリアルとかペイド・パブ(有料パブリシティー)と呼ばれるものがある。

もともと、マーケティング。

コミュニケーションを論じるときにはこのようなオーバーラップする領域を持っているので、それぞれの要素を単体で使用するのではなく、いわば連動した形で使うことによって統合ないし共働(シナジー)効果を発揮させることが有効である。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/oshima-mami/index1_0.rdf