【 更新情報 】

スポンサード リンク

押入れリフォームのすすめ

押入れは収納スペースとして使いづらい形状をしていますので、リフォームで専用の収納スペースの変更しましょう。
押入れは収納スペースというよりも、不要なものを押し込んでおくというイメージの方が強いですね。
収納というには程遠い状態ですので、リフォームして使いやすい収納スペースに変更します。
押入れは、奥行きがあるために使い勝手が悪くなっていますので、スライド式の家具を設置できれば、奥行きの深い収納スペースも有効活用できます。

押入れの欠点である奥行きを利用して半分だけクローゼットにリフォームするという手があります。
奥行きは90cm位の物が多いので、60cm位をクローゼットにして残りを本棚や小物の収納スペースにリフォームすると収納力がアップします。
できるだけリフォームした押入れに収納し、部屋の中に物を置かないようにして、部屋を広く使いましょう。

押入れを、子供の勉強机にリフォームするという方法もあります。
小さい子供さんのいる家庭なら、入学時に勉強机を購入する場合が多いですが、住居の面積が少ない家庭では部屋が狭くなりますから、押入れを利用する方法は一考の余地があると思います。

押入れ収納術のノウハウ

押入れに物を詰め込んでし待って、片付かなくて悩んでいる人はいないでしょうか。
押入れに何でもかんでも詰め込んでしまい、押入れの中が乱雑になってしまいいがちです。
押入れの容積は結構大きいので、有効に使いさえすれば収納力を上げることが出来ます。
収納術に対する、関心ごとはかなり高く収納術に関する本はかなり出版されていますし、雑誌などの特集でも紹介されています。
WEBサイトやブログなどでも収納に関した情報が紹介されています。
さまざまな情報のうち自分に仕える情報を選別して、限られた収納スペースを有効に使うためにも是非押入れの収納術をマスターしましょう。

便利な押入れ収納アイテムはホームセンターや通販などで、色々な種類のものが販売されています。
収納力のアップということでは、布団圧縮袋が一番スペースを節約できます。
普段使わない季節毎の布団や、客用の布団は結構場所をとるものですから、コンパクトに収納したいですね。

押入れ収納棚は、押入れ専用に作られているので、使いかってがかなりいいです。
押入れは置く域が深いケースが多いので、キャスターがついた棚やタンスも便利です。
スライド式のハンガーなども収納に威力を発揮します。
これらの押入れ収納の便利アイテムを利用して、賢い押入れ押入れ収納術をマスターしましょう。

押入れのカビ対策

押入れに収納した物にカビが生えた経験はありませんか。折角きちっと収納しても、気がつかない内にカビが生えてしまうのは、押入れの構造の問題と、収納の方法の二つの問題点があります。

そもそもカビは、高い湿度が発生原因になります。
押入れはふすまやドアといったもので、室内と隔絶されており、空気の循環も遮断されています。

押入れの壁は外壁に接していることが多く、外の気温の変動が、押し入れ内の温度に影響しやすく、湿度が高くなりやすい環境にあります。
地域や建物の構造などにもよりますが、押し入れないで結露が発生するような状況では、かなりの確立で、カビが発生してしまいます。

押し入れ内で、カビの発生を防止するためには 押し入れないの空気の循環を保つ必要があります。
具体的には、押入れ内に空気の通り道を確保し空気が循環出きるようにすることです。
強制的に空気の循環層を作るにはすのこが効果的です。

押入れの壁に断熱パネルをはって外気の影響を防ぐのも効果があります。
吸湿剤を押し入れ内に設置して、発生した湿度を吸収するのもいいかもしれません。

押入れ産業のトランクルームサービス

押入れ産業のトランクルームというサービスがあります。
家庭で、収納を仕切れなくなった品物を一定期間預かってくれる押入れ産業のトランクルームサービスを利用してみましょう。

押入れ産業という会社が、行っているサービスで、自分専用のコンテナ内に荷物を預けますので、セキュリティーの面では、自宅に保管するよりも安全性は増します。

自宅の押入れやクローゼットに品物を保管した場合、空き巣などの盗難のリスクがあり、よほどコストを掛けて、対策を行わない限り不安は解消されません。
その点押入れ産業のトランクルームサービスの場合は、セキュリティ面でのリスクはかなり低く、保管状態に関しては湿度などの影響から守られますから、カビやさびといった品物の劣化も防げます。

押入れ産業のトランクルームサービスは、個人の品物だけでなく企業の書類などを預かるサービスも行っています。むしろこちらの方が本業かもしれません。

収納する品物にもよりますが、押入れ産業のトランクルームは、費用対効果からも利用していいサービスではないでしょうか。
家庭で収納して整理やメンテナンスで手間を掛けるのであれば、トランクルームを利用してみましょう。

押入れ改造

押入れって使い勝手がよくないですね。賃貸物件では難しいですが、自宅でしたら押入れの改造して、使い勝手や収納力のアップにチャレンジしてみたいですね。
目標は押入れのクローゼット化ですが、ウォークインクローゼットはのこぎりなど大工仕事になってしまいます。そこで今回はそこまで踏み込まず、軽めの改造にチャレンジしてみたいと思います。

まず押入れの湿気対策をします。押入れの壁にパネルをはって見ましょう。
簡単に考えるとベニヤ板のようなものを想像しますが、結露や隙間風のことを
考慮して、珪藻土パネルで責めてみましょう。なぜ珪藻土パネル化というと、湿度の調整機能があり、結露に強く脱臭効果まであるという優れものです。
また断熱性や防火性にも優れていますので、押入れの壁には最適だと思います。

押入れのフスマは取り外すことになると思いますが、目隠しとして、カーテンで仕切るか、予算的に余裕があればアコーディオンカーテンで仕切る手もあります。
見た目はアコーディオンカーテン押入れを仕切ったほうが良いですが、使い勝手を考えるとカーテンで十分かとも思えますが、それぞれの考え方でしょう。

押入れの中は、棚を入れたり、ハンガーや押入れボックスなどを入れて、収納力を向上させましょう。リフォームするほどではなくても、簡単押入れ改造は収納力アップに役立つと思います。
P R
カテゴリアーカイブ