あらゆる生活習慣病

September 20 [Sat], 2014, 23:08

普段から横向きの状態でTVを見ていたり、机の上で頬杖をついたり、かかとの高い靴などをよく履くというようなことに慣れている方は、肉体のバランスが乱れる元凶になります。

痩せたいあまりに摂取しなければならないカロリーを抑える、1人前を食べない、というようなライフスタイルが栄養も欠乏させ、冷え性を引き起こしていることは、盛んに論じられています。

HIV、いわゆるヒト免疫不全ウイルスを持つ血液、精液そして、女性の腟分泌液や母乳といった類の体液が、交渉相手や乳飲み子などの粘膜や傷口に触れれば、感染する危険性が発生します。

五臓六腑の一つである肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが付着した脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)は、高脂血症や糖尿病を筆頭に、ありとあらゆる疾患をもたらす危険性が高いと考えられています。

内臓に脂肪が過剰に付いた肥満があり、「脂質過多」、「高血圧」、「血糖」の内より、2〜3個に当て嵌まってしまう場合を、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と呼びます。



バイキンやウィルス等の病気を生み出す微生物(病原体)が口から肺へ入り込み罹患した結果、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を示した有様を「肺炎」と断定しています。

寝姿を見ることで、私たちがセラピードッグのことをとても愛おしいと思うことによって「優しさのホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌され、結果的にストレスを和らげたり癒しに好影響を及ぼすのです。

有名なチェルノブイリ原子力発電所事故に関する長期間に及ぶ現地調査をみると、大人と比較して小さい年少者のほうが分散した放射能の良くない影響を受けやすくなっていることが読み取れます。

子どもの耳管の仕組みは、大人と比較して幅広で短めとなっていて、尚且つほぼ水平であるため、いろいろな細菌が侵入するのが容易になっています。小児が急性中耳炎を発病しやすいのは、この構造が関わっています。

軽傷の捻挫だと独自に判断して、応急処置としてテーピングで患部を適当に固定し、回復を待つのではなく、応急処置を施した後すぐ整形外科で診てもらうことが、完治への早道となるのです。



植物が作り出す抗酸化物質のポリフェノールの一番の機能は、ビタミンEやビタミンC等とは異なっており、細胞間の脂溶性部分、水溶性部分、かつ細胞膜に関しても酸化のスピードを遅くする力を十分に発揮するのです。

塩分と脂肪分の摂取過多を控えた上で、続けられる運動を怠らないようにして、ストレスの多すぎない日常をキープすることが狭心症の要因となる動脈硬化を未然に防ぐカギなのです。

特に若い人たちに不足している亜鉛は、DNAやタンパク質の産出に関係している特別な酵素とか、細胞・組織の再生に欠かせない酵素をはじめ、200種類以上も存在する酵素をつくる物質として肝心なミネラルの一つなのです。

いわゆるジェネリック医薬品というものは、新薬の特許が無効になった後に買うことができる、まったく同一の成分で負担の少ない(薬代がリーズナブル)後発医薬品のことなのです。

私たちの体を動かすのに必要なエネルギーとして即座に働く糖質、新陳代謝に重要なタンパク質等、無茶なダイエットでは、これらに代表される体をキープするために外すことができない成分までもを摂れなくしているのです。



健康アクア浄水器関係のホームページ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:osharekenkou
読者になる
2014年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/osharekenkou/index1_0.rdf