うっとうしい?うらやましい?

November 10 [Sun], 2013, 11:20
街中や電車といった公共の場でイチャイチャするカップルを見てどのように思われますか。うっとうしい?うらやましい?うっとうしいと思われる人も、立場が変われば同じようにしてしまうところがおもしろいですよね。安かろう悪かろうでは受け入れてもらえない時代なのです。ただ安いだけではなく、ある一定のレベルに達していなければ興味すら持ってもらえないのではないでしょうか。用心するに越したことはありませんが、過剰になるのはどうしたものでしょうか。行動を起こせなくなってしまうほどになってしまうと、それは用心ではなく臆病なのです。成功するにしても失敗するにしてもそこには原因が存在するのです。運がよかったわるかったと言われる人もいますが、運だけで成功しないのはもちろんのこと、失敗もしないのです。原因を知ることで成功率を上がるのも納得ですよね。過去の経験から講じられた対策、それは本当に正しいものなのでしょうか。とにかく防ぐことばかりに意識がいってしまい、この先未来のないものだとしたら意味がないですからね。数多くの広告ばかりが目について、結局のところ、このサイトの本体はどこにあるのだろうかと迷ってしまうことはありませんか。どれだけ人気があるサイトでも、見やすくわかりやすいサイトへ移動してしまうのです。雰囲気、表情、話し方も大切な要素です。いかにも高圧的だったり、いつも口がへの字だったり、ボソボソ喋るので何を言っているのかわからなかったりするだけでも印象は悪くなるものです。目的は秘めるのではなく周囲に知ってもらうことで道をあけてもらることもあるでしょうし協力を得られることもあるでしょう。スムーズに進めたいのであればときには周囲を巻き込むことも必要なのです。基準から外れたものは淘汰され、純化路線を突き進むことも悪くないのかもしれませんね。おかしな人を相手にしなくて済むだけでもかなりの負担低減です。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/osharehonyasan/index1_0.rdf