レッドラインラスボラが関山

February 13 [Sat], 2016, 11:44
看護師の勤務状態は、異業種と比較してかなり特殊であり、その上に職場によっても異なってきます。職場では一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているという勤務先も多いものです。約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制の病院の方が多いといえます。

ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。子育てを優先するために転職をする看護師も少なくないです。

特に看護師の場合、子どものことと仕事との両立が困難であるので、外が明るい時間帯のみの勤務ができたり、出勤する日の少なくて済む職場で働いたりすることが見つかると良いですね。育児の大変なときのみ看護師をやめるという人も多くいますが、お金がなければ育児ができないので、看護師の資格を有効利用できる別の職を見つけられるといいですね。結婚と同時に転職を考える看護師も非常に多くいます。配偶者とうまくいかなくなって離婚を選択するよりは、転職を考える方がいいと思います。
今後、子育てを頑張るつもりならば、結婚の時に自由な時間の多い仕事に転職をしておくと生活に余裕ができますね。イライラしがちだと妊娠しづらくなるので、気を付けるようにしましょう。看護士の求人はいくらでもありますが、希望に見合う条件の求人があることは少ないでしょう。看護師の資格を所持している方で就職できればいいと思っている方はあまりいないものです。


可能な限り高い給料で、職場環境が良く、夜勤がない病院などに勤務したいと思う人が多いはずです。理想的な転職先で働くためには、情報収集が重要になるのです。看護師の国家試験にパスするよりも、断然、看護学校を卒業する方が困難だと思う人も少なくありません。看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年させられるそうです。

それほど厳しい学校を卒業し、国家試験にも受かった人には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。看護師の転職を成功させるには、将来のことを考慮して迅速に行動を起こす必要があります。また、どんな点を重視するのかを決めておくことをお勧めします。将来の自分をはっきり想像して、そのビジョンに合致した転職先の情報を集めるようにしましょう。

給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件も数え上げておきましょう。



高校進学時点で衛生看護科に進むと、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、看護師の資格を得るのが、一番早いでしょう。しかし、途中で違う進路を考えだしても進路を変えるのは簡単なことではありません。


それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが、短い準備期間のために試験勉強や実習が不足して合格するのが難しいともいえます。

日本全国の看護師の年収は平均すると、437万円くらいです。ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務のため、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。



公務員看護師は給料が上がる率も民間の病院より高く、福利厚生の面でも充実しています。


準看護師の場合ですと、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:勇斗
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる