カストロ・ラボレイロ・ドッグでさっちゃん

July 07 [Fri], 2017, 10:43
私が痩せたいと思った時、自宅でもできるダイエット方法として腕立て、腹筋、スクワットをして、筋肉の量を増加することでからだの基礎代謝がアップしやすい状態にした後に、少し早歩きでの散歩を30分以上しました。

これをなるべくなら毎日行うことで、わずか二ヶ月で5キロの減量を達成しましたが、続けるのはとても難しかったです。

ダイエットの為に朝ご飯を取らないのは体に良くないので、きちんと食べる方が効果的です。

カロリーを調整する場合はメインの炭水化物をスムージーやヨーグルトに変えるといいです。

他にも、温野菜やスープも代謝が上がりますし、肌も美しくなります。

フルーツを朝に取ってもいいので、朝食は必ず食べて健康に痩せましょう。

減量を志すには筋肉を付けて基礎代謝を上げる事が重要です。

実際、痩せる為にはどんな筋トレが向いているのでしょうか?有酸素運動が期待どおりの結果が出せますが、過剰にするとかえって筋肉がつきにくいと言われています。

軽い有酸素運動の以後に筋力トレーニングを行い、最後に再び軽く有酸素運動を行うのが効き目が表れやすいようです。

成功したといえるダイエットをするためには有酸素運動(ジョギングなど)をしない訳にはいきません。

酸素を消費する方法の運動により体の中に残った余分な脂肪が燃えてなくなるので、ダイエットする事ができます。

よくキツイ筋肉トレーニングを試している人もいますが、こういったのは辛くて長続きしない場合もありがちになってしまいますよね。

あなたが、ダイエットにより健康的に痩せたいと思うなら、ジョギングを実行するのが近道です。

これは泳いだり、ウォーキングやジョギングをするといった運動を意味します。

そして、栄養面で考えるのはプロテインといったような。

つまり、質の良いタンパク質を吸収させることです。

脂肪分を分解させるためにはタンパク質はとにかく必至なのです。

呼吸を意識して腹部からするだけでも、人はスマートになるそうです。

体が締るストレッチとしては深呼吸しながら肩甲骨を動かすのが良いのだと伺いました。

肩こりにも効果がみられるんですが、両腕を上の方へまっすぐ伸ばしながら息を吸い、腕は空に向けたまま、肘を曲げて体の後ろに下ろしていきます。

同時に息を吐きながら肩甲骨を縮める感じです。

ダイエットできる食事のイメージは脂肪分や糖分が比較的少ないものが連想されやすいですが、私の個人的な経験から、塩分をできるだけ抑えた食事がかなり効果的だと思います。

特に下半身太りのほうが気に食わない人は、まず減塩を行ってみることをお薦めしたいです。

ダイエットをずっとやってると、カロリーを計らなくても、摂取したカロリーの大体の量が計れるようになります。

主食と主菜、副菜をこの程度食べたので、昼食の摂取カロリーはこのくらいという具合に当てられるのです。

太っていた時があるので、諦めなければならないのですが、少しへこみます。

歳と共にだんだんと身体がダルダルになってきてしまいました。

減量するためには運動と食事の管理が一番だとは思いつついっこうに時間が取れずに実施できませんでしたが、長い時間を隔てて体重計にのってみて心臓が止まるかと思ったんです。

とりあえず、自然に運動をするために、日頃の移動手段を歩きにすることから始めてみました。

これで多少でも痩せると嬉しいです。

基礎代謝量が高い方が、ダイエットにはいいと考えられています。

イスに腰掛ける時に、背もたれにもたれかからず背中の筋肉を、伸ばすようにしたり、歩き方をわずか注意するだけでも、代謝量を増やすことができます。

座り方や歩き方が素晴らしくなれば、女性としての魅力もアップします。

一つで二度美味しいですよね。

一般的には基礎代謝の平均値は20歳過ぎからだんだんと落ちていってしまいます。

これにより示されることは、成長期の終了とともに代謝量が一定の数値に安定したことと、運動量が減ってしまったことのために筋肉量も、だんだんと低下していっているためです。

30代を過ぎ中年に差し掛かるといつのまにか太りやすくなっているのはこういうれっきとした理由があるのです。

昔、炭水化物を少なくする方法で減量を試みたことがあります。

しっかり噛むことで、充足感を満たそうとしたけれど、辛かったです。

邦人なので、たまには、がっつりと真っ白なごはんをいただきたくなります。

だから、現在は、炭水化物の摂取は夜だけは控えますが、朝食と昼食はごく普通に摂ることにしています。

実際、有酸素運動は、せめて20分は運動しないと結果がでないとされてきましたが、今は長く続けなくてもせめて20分運動していればききめがあるといわれています。

また、筋トレのほとんどは筋肉内のグリコーゲンでエネルギーを生み出す運動ですが、無酸素、有酸素両方の運動を順々に行うことで効果を向上させることができるわけですね。

世の中には、これを食べておけば痩せるという食べ物はありません。

ただ、カロリーが低いものや、食物繊維を豊富に含まれている場合など、お通じを促進してくれるものはダイエット効果という意味では有効ですよね。

野菜やきのこ類、海藻類を多く摂取すると、体重が増えにくくなるでしょう。

加えて、できる限り、太りやすい食べ物を制限することも大切です。

ダイエットにはよく有酸素運動が効果的だと聞きますが、有酸素と無酸素の区別というか、判断することができません。

たいてい言われるのは、息は上がるけれど、汗をかかないくらいというのが、区別できるようです。

でも、汗のかき方は温度によっても変わりますよね。

もっとはっきりとした区別の仕方がわかるとダイエットする気になると思います。

ダイエット期間のつまみ食いは絶対にNGです。

おやつで食べるものが、いくらお菓子などではなくても、食べたなら太るという現実を覚えていてください。

極端に我慢するのもいけませんが、朝食、昼食、夕食の三食をきちんと食べて、あとは食事への欲求をおさえられるように体質改善ができるといいですね。

まず、ダイエットを行う際にはあらかじめ基礎代謝量を計算しておくことが大事です。

基礎代謝とは、運動や仕事など何もしてない時に消費されるエネルギーのことなので、つまり、大きければ大きいほど、体質的には太りづらいと考えられています。

今では気軽に基礎代謝量が計算できるツールがネット上にありますので、一度使って確認してみるといいと推奨します。

ダイエットにはエアロビックプログラムがお手軽に出来るので、やってみると良いです。

踏み台昇降を私は家の中でしています。

この運動を長く続けると、脈が速くなりますし、膝の上下の筋肉も使うので、思ったよりもずっと体力を消費します。

テレビを観ながらこれをしていますが、すごく体が締まりました。

すでに20年ほど前ぐらいの話ですが、その時、流行った外国製の痩せる効果のあるサプリを挑戦してみたことがありました。

流し込んでしばしすると、胸がどきどきしたり、息切れが起きたりしました。

期待どおりの結果があると思えばいいのか、体に適さないのかわからず怖くなり、たった一本で飲むのを中止することにしました。

結局、体重も何も変わりませんでした。

痩せるためにはまずは無理をし過ぎないことです。

食事を制限するダイエットは確実に痩せるのですが、体にとっては、悪影響もでてきます。

私の場合は生理が止まってしまったのです。

排卵がストップして、婦人科で、薬をもらって治療しました。

こういうことになる場合もありますから、あまり無理をしすぎると続かないというのが自論です。

日頃から、歩くときにお尻に力を入れて大股で歩くだけでも違ってきます。

女性の目線では、結婚は人生で一度きりのはずのことなので、結婚を決めてから、とにかく一生懸命ダイエットに尽力しました。

それから、エステにも出向きました。

色々お金を要したのでたった2日間でしたが、普段と違うことをしてわずかに綺麗になれた気がしました。

ダイエットに必須なのは、息が上がるほどの有酸素運動と筋トレです。

有酸素の運動で特に使われている筋肉は遅筋で、筋トレをする時に使われているのは速筋が鍛えられます。

遅筋は筋が肥大しにくく、見た目がマッチョになりにくいです。

この、遅筋と速筋の両方を同時に鍛えると、魅力あふれるスタイルに少しづつですが近づくと思います。

ダイエット期間中に、私がどうしても甘い物への欲求を抑えきれなくなった時に食べる物は、ずっと昔から寒天です。

これは好きな味付けをすることができるので、飽きずに食べられます。

特に、缶詰の蜜柑が入ったミルク寒天と、さいの目に切った味なし寒天にたっぷりきなこと少々の黒蜜をまぶしたものが大好きです。

若い頃は基礎代謝力がしっかりとしているので、多少食べ過ぎて体重が増えたとしても時間の経過と共に元通りになることがよくあるものです。

でも、歳をとるにつれて基礎代謝力が衰え、エネルギーの消費量も減少するので、何の行動もしなければ太りやすい体になります。

人間の、基礎代謝は年を重ねるにつれ落ちていくようです。

実際に、食生活に変化はないのに加齢とともに太りやすくなっているような気ってしますよね。

脂肪が燃えやすくなったり吸収をしづらくするタイプのサプリも色々ありますが、出来る範囲、オーガニックな漢方で基礎代謝アップに努力したいです。

ダイエットなどのために基礎代謝をあげるには有酸素運動を行うことが効果的とされています。

有酸素運動でも一番簡単で効果が見込めるのはウォーキングなのです。

といってももちろん、ダラダラ歩くだけでは基礎代謝量の改善には結びつきません。

正しいやり方としては、下腹部に力をこめつつ、顎をしっかり引いて前を向くなど、筋肉を使いながら歩くように心がけることで、効果的なウォーキングができます。

ダイエット中の人は運動で減量を行うというのは普通ですが、時間を決めて行っていますか?なるだけ毎日朝、夜なら夜などの決まった時間帯に運動を行ったほうが痩せやすくなる体にすることが出来ます。

ダイエットに効率的な運動といえば、ウォーキングです。

ダイエットを達成させるためには、消費カロリーが摂取カロリーを上回ることが重要なので使ったカロリーが多いジョギングやエアロビクスや自転車散策などの運動が第一候補として上げられます。

又、身体をシェイプアップしてメリハリのある体の線を作るためには、筋トレも重要です。

体重を落としていると結構、厳しい食事制限を与えてしまう人もいるんですけど、断食のような無理なダイエットは禁物です。

食事をコントロールしていてもひもじくなってしまったら無茶をせずに食べるようにしましょう。

とにかく、低カロリーのものを頂くようにすれば一気に太ったりすることもありません。

避けては通れないのが痩せなくなってしまう時期です。

この時期にどうしたらいいのかと言うと、この状態で減量をやめてしまう人もいますが、無理をせずに継続していくのが大事です。

もし、運動を中断してしまっているのなら、食べるものだけはカロリーに気をつけたり、食べもののカロリーを気にしないのなら、運動量だけでもキープしましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kokomi
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/osdkwoshgimhoe/index1_0.rdf